クリスマスイブのできごと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

朝4時までタカフとてっちゃんとやきとんを食べながらホッピーを飲んでいた。店員に追い出され、寒い馬場の街に出る。そのまま帰って眠って、起きた。起きたら研究室に行かなければならない時間だったので研究室へ。

お昼ご飯を食べたけれどあまり食欲がなくて吐きそうだった。その後、先生から予稿はやくかいてねーというようなお達しがあったので、ぼんやりとabstractとIntroの途中くらいまで書いた。途中から内容をこれ以上どう足すのか方向性が分からなくなって止まった。そうなったら悩むより先にSetupでも書いておくほうがいいんだろうな、と今思った。

午後5時くらいに家に帰り、風呂に入った。そこで少しだけご飯を食べて、自転車で池袋へ。街はキラキラしていて、待ち合わせの人でごった返していた。さすが池袋だな、と思いながらサンシャイン通りのロッテリアへ。ここは前にも何かあった気がする。あまり話さなかった。

その後、馬場のえこひいきへ。しかしすぐに出てみんなでフラフラし、それから10人くらいで黄金の蔵へ。今年の当選について、とかそういう話をした気がする。今年は出られるようで、本当によかったなあと思う。またあの暑い夏が後輩たちにやってくることが嬉しい、と思った。

そこを追い出されたのですこし外で話して、後輩たちはカラオケに行った。とりあえずHUBに人がいるらしいということなのでHUBへ。ピザをもらいながら今度のスペースシャトルの打ち上げの話を聞いた。いいなあまた行ってみたいアメリカ。

HUBも終電だというのでお開きになり、イワマの研究テーマを聞いていた。そうしたらタカフさんがやってきたので、タカフと一緒に新宿へ。午前1時半くらい。歌舞伎町を抜け、新宿駅のまわりをぐるっと一周しながらいろいろ話した。歩いてると結構暖かくて、寒空の下でもなんとかなるなあと思った。

花園神社で座って1時間半くらい話した。やっぱり世の中きれいなのだけじゃなくて、もっと必死なことも必要なんだなと思った。そういう終わり方はてっちゃんに怒られるよってタカフに言われた。俺はきっとかっこつけてただけなんだろうなと思った。反省した。

馬場に戻り、タカフと別れた。それから、ぬくもりを少しもらった。一番欲しいものだった。嬉しかった。帰って、今に至る。明日は朝10時から研究室の大掃除なので、今すぐ寝て起きないとまずい。ワックスがけとかもはや懐かしいレベルにやってない。

結論:みんなに支えられて生きているだなあと思った。←きれいごと。だけどそれは本当。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*