自転車

Tour de Fairing&駆動

今日は待ちにまったTour de Fairing(とはいってもフェアリング2人駆動2人だし、そもそも調べてみたらTourってフランス語は一周って意味らしく、この名前には意味はないw)。ということで、昨日約束したとおり、朝7時に電通大の前に集合(俺だけ)なので、4時に起きた。

4時におきても暇なのでFF12をやっていた。脱獄する途中のルートみたいなとこで、非常に長くて大変だった。何回も味方が死ぬので全快する青い石のところまで何回も戻った。結局最後は外に出られた。そこでレベルも上がったし、と思って調子に乗ってそこら辺の弱い敵を倒していたら、なんとかザウルスに攻撃してしまい、HP200くらいしかないのに500以上くらって死んで、一人になって逃げた。

そこらへんでセーブしたら6時ころだったので、準備開始。カバンをひたすら軽くして地図とパンク修理の道具とアーレンキーだけ持った。そうして出て行って、ぴったりの時間に電通大に到着。そこで暇だなあ・・とか思い始めたころ、(7分経過)一行はやってきた。

下の写真は暇だったので撮ってみたやつ。

f:id:salamann:20060325070600j:image

メンバーは俺・やす・悲観主義者・レオさん(自分はこう呼ばないのだが、実名もあれなんでw)。電通大の校門の前で少し話をしてから、巡航30km/hくらいでとりあえず多摩湖まで行こうということになり、とりあえずそのまま甲州街道を西に行き、府中街道で曲がることとなった。

下のはそこらへんでの写真。

f:id:salamann:20060325080100j:image

そこで4人体制で走った。先頭交代は結構適当にこれまで来たらしいが、悲観主義者は前をひいては来なかったようだ。ということで、そこからは先頭交代することにした。道は結構混んでいたけれど、多摩湖の周りはこの前と同じように穏やかだった。しかしちょっと道を間違えて行き過ぎたw多摩湖のところの少し前に駐在があり、そこまでの道が多少坂になっていたところで少し休憩。

それから予定通りとりあえず青梅の峠に行ってみようということでまた出発。途中でレオさんがダウンヒル中に横の壁に当たって軽く転倒。でも大丈夫そうだった。青梅までは悲観主義者が特にばてていたのか遅れていたような気がする。ということで巡航速度は30km/h出ることはなくなり25-27km/hくらいだった。途中の踏み切りで結構待った。

峠が近づいてきたところでいったんファミマに入って休憩。そこで俺は水を汲んでチョコチップ(カロリーが高くてグッジョブ)を買った。このとき既に10:00を過ぎていた。そこからまた出発。しかし自分だけかなり普段着っぽい格好だなあと思った。ヘルメットないし。早いとこ買わないとなあ・・

それから峠一周の道へ。最初みんな先頭をひきたくなさそうだったので俺が引くことに。と思ってクランクを回していたら、なんかみんなが後ろからついてこないので、何回か待った。峠は結構すぐにきた。でもかなり疲れた。

待っているときに撮った写真。上は峠への道、下のは待ってるときに下から上ってくるレオさん。

f:id:salamann:20050325104000j:image

f:id:salamann:20060326103900j:image

峠で休憩してる間も、強そうな人たちが抜いていった。LOOKとか。おーいいですね、とか思ってみていた。それからダウンヒル。めちゃくちゃ気持ちよかった。50km/hオーバーだそうかと思いきや、さっき峠で抜いていった人たちが前に見えたのでブレーキをかけた。

下に行ってから又次の峠へ。さっきのダウンヒル中に足が攣ったので、レオさんの後にぴったりついてひいてもらっていった。峠でフロントがアウターだったのに気づいた。道理で重いなあ・・と思った。そこからまたダウンヒル。そこでは三番目を走っていたのだが、先を行くレオさんとやすがスピード出しすぎか、カーブを曲がれず壁を蹴って曲がるという離れ業を披露しているのが見えた。

それからご飯にしようという話になり、青梅市街まで行ってみたものの、おにぎり600円という暴利を取るような店かオリジンとかマックくらいしかなく、さらに昼ごはんを探して青梅街道を走った。なかなか良さげな店が見つからないので、途中でレオさんが「じゃあ次にあったラーメン屋で」と提案して、そうすることに決まった。が、最初に幸楽苑を発見。

チェーン店は面白くないということでさらに走る。そうしたら反対車線によさげな店を発見。ということでそこに決まった。場所は瑞穂町。東京では珍しい”町”だ。外に止めて中に入ってみると、全国54位になったとか書いてある。54位(下参照)っていうのはどうなんだ?とかなんとかいいながら注文して、頼む。店のオヤジは元気がよかった。

f:id:salamann:20060325125300j:image

そしてラーメンをみんな頼む。そしてみんな大盛り。今の調子なら結構簡単に帰れそうだとか言いながら待っていたら、来た。

f:id:salamann:20060325122800j:image

うまかった。ラーメン屋という案は大成功だったなあと密かに思った。そこで食べてからも多少まったりしてから、またスタート。途中までは結構快適に飛ばしていた。この前、やすが転んだところとかを通りながら行ったが、そこらへんから非常に道が悪く、車は渋滞で結構環境が悪かった。しかし先頭がやすのときに自転車の間隔を15-30cmくらいにしてついていったら非常に楽に回せた。

田無あたりで俺だけ別れて一人、調布へ。別れた後も、減速・停止の合図を後ろに出してしまって自分で笑った。途中で多少道に迷ったが、なんとか家まで着いた。そうしたら朝リセットしたメーターが97.96kmだったので、どうせなら100行こうと思い、家について10秒くらいでまた出発。多摩サイを家から一番近い橋まで走り、帰ってきたら、下の写真のようになっていた。その後眠くて寝た。非常に楽しい一日だった。

f:id:salamann:20060325152000j:image

玄関にたどりついた自転車。

f:id:salamann:20060325151600j:image

Tour of 多摩湖

さて。今日は昨日の夕方に目を覚ましてからずっと朝まで起きていた。なんでかっていうと、今日は自転車で多摩湖に行く予定だから。今日が誕生日の弟に俺はいってくると告げて、家を出かけた。一応、アーレンキーとパンク修理のパッチは持っていった。しかし、新歓の予約の調べ物をしていたら少し時間が過ぎてしまった。

ということで待ち合わせ場所の悲観主義者の家にいく。そうしたらやすはもう待っていた。そこでとりあえず青梅街道を進んでみようということになって、外に出る。その時点で多分9時過ぎだった気がする。

  • 9:00-10:00

 早稲田通り→青梅街道→新青梅街道ぐらいのルートで進む。最初に確認した減速・停止の合図は結構うまくいっていたが、先頭交代は適当だった。俺は既に冷たい空気で危なくなっていたので気管支拡張剤でドーピング。だいたい30km巡航くらいで進む。途中で見かけたおじさんはOCR3に乗っていた。まだ朝なので結構寒かった。耳とか。

  • 11:00

 ここで事件発生。車の通る高架を通ろうか通るまいかで後ろを見ていた先頭を行くやすが道のでっぱりにひっかかって転倒。一回転していた。大丈夫かなと思ったら顔の左側から出血。どこから血が出ているのか分からなかったが、痛々しかった。自転車自体はパンクしているのと、STIレバーがずれているのを除けば無事。道路に転がったポカリを拾ってきて、近くのコンビニで傷を洗うこととなった。

というわけで、近くにあった駅「久米川」(西武線なんて縁がないので全く知らない)でファミマによってから、消毒液を買った。絆創膏とかはいらないといっていたが、俺は大丈夫かなあ・・と思っていた。問題はパンクで、携帯用のポンプを持っていなかったので買おうかなと思ったが売っておらず、やすはそこらへんの自転車屋に頼んでいた。結構雑だったが普通に直った。

  • 11:30

それからとりあえず昼ごはんは後にして湖に行ってみようということになり、進んだ。途中でサイクルベースあさひ(めちゃくちゃでかい自転車屋)を2回発見し、ひとつには行った。ロードは少なかったが店内は広かった。そういえば、もって行った地図はそんなに古くないのに、地図どおりにないコンビニとかが結構あった。競争は激しいらしい。

道路標識で「庚申塚」というのを発見した。庚申塚ってのは地名じゃなくて、まあある風習の結果生まれた石塔なんだけど、まさかそういうものが道路標識にも使われているとはと、一人でびっくりしていた。(なぜかというと全国いろんな場所にあるから、駒ケ岳みたいに区別がつかなくなるのでは?と思ったからだ)とそんなところで到着し、とりあえず湖の対岸を目指すことになった。ということで、湖の真ん中の道の途中。ここらへんは非常にあったかくて、散歩している人が多かった。

その後、西武ドーム(もはやインボイスなんだっけ?)の前のapで昼食を買って、食べた。しかし西武ドームって初めて行ったなあ・・と思った。ここに来る途中の道もそうだけど、俺にはなじみの薄い土地ばかりで全く土地勘はない感じ。なんか遊園地とかもあるらしい。

そこの時点でもう一時ごろなんじゃなかったかなと思う。そこら辺で地図を確認していたら、狭山湖の裏に所沢キャンパス(人科、スポ科)を発見。ということで行ってみることになった。

が、そこの道はパリ~ルーべのようながたがた道でとてもいけるもんじゃないなと言うことで、いろいろ迂回しながら進む。しかし、狭山湖の裏側というのはさっきまで東京だったとは思えないくらいのどかな場所だった。農道を進んで、そして着いた。入り口はまた「ヒルクライムだ!」とか云っていた。バス停の先に像があって、足だけでくっついているという不安定な構造だった。英語で大隈重信の言葉が書いてあった。

ということで中まで入ってみた。しかしものすごい広さ。全く違う学校にしか思えない。学食がものすごく広かったが、これは外には食べるところがないからなんだろうなと思った。生協とかはあんまり変わらない。でも全体的にデザインにこだわった外見が面白い。松屋が大学内にあった。しかし毎日ここまで通学してくる人は大変だなあ・・と思った。

その後、狭山湖を逆側に回って入間あたりに入り、そこから横田基地の横をすり抜けた。しかしめちゃくちゃ広かったなあ・・横田基地。夏に飛行機見にいったけど、あの時は車であんまり感じなかったけど、直線距離はものすごい。走っても走っても横は横田基地。逆側にはアメリカ風味な名前の店が並んでいた。基地内にEverGreen Internationalの飛行機を発見。

さらに甲州街道に出たあたりで、多摩川サイクリングロードへ。ひたすら風が強かった。というわけで巡航速度は下がりに下がり、おまけに睡眠不足(この時点で24時間連続でおきている俺)、カロリー不足(ずっと走り続けてるのに昼はカップめんのみ。後で計算してみたら、3500-4000kcalくらい使っていたようだ)も重なり、脚も吊り気味になってげんなりしてきたところで、真っ青な自転車屋を発見。あのJOKERの系列店だ!ということでみていくことになった。

中には試乗車がずらり。リカンベントとか一回乗ってみたいなあと思った。家からも結構近いしここに来てみようかなとか思った。とにかく店は広くて、なんといっても駐輪スペースは店内にある。まあ個々のものについてはなるしまの方が安かったりするわけだが。ということで、その店を出た。

その後、さらに多摩サイを進む。気温が下がってきたので、かぶると怪しい人になるニット帽をかぶり、進んだ。途中で脚がやっぱりつって、体操したら調子がよくなった。そんなことをしていたら、家に到着。ものすごい散らかっていた部屋を強引に片付け、多少しゃべり、それからまた甲州街道まで引っ張った。そこで別れ、家に帰って汗で濡れている服を全部脱ぎ、すぐに寝てしまった。