ubuntu8.10を導入するクリスマス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日はよく晴れた空が高い、穏やかな冬の日だった。昼になって散歩して本屋にいってみると、クリスマスが今日なのにクリスマス特集の雑誌があった。適度に本を立ち読みして、帰ってきた。帰りの道で、印刷屋が仕事しているのを見て平和だなあと感じた。

昨日は昨日で、夜はああ東京の冬だなと意識させる寒さと暗さで、暖かいところから出てくると寒い!と感じるけれど、慣れてくればいられないこともないという様子だった。街はイルミネーションで彩られていて、スーパーには七面鳥が並んで買われるのを待っていた。

さて、世の中が浮かれている昨日今日、やったことは大掃除だ。年末だから、新しい年を向かえるため、歳神様を迎えるため、などという大きな意味ではまったくなく、単に論文の提出が終わったので掃除機でもかけるか・・といった趣。

本棚の向きを変えて、掃除機をかけて・・とかやっていたけれど、よくあることだが途中で飽きてきた。ということでハード的な掃除は終わったものの、紙束などはそのままで、中途半端だ。まあいっつも掃除はそんなもんだ。

自分のパソコンの環境をトリプルブート?からデュアルブートに変えた。今までは、

  • Windows xp
  • Fedora
  • ubuntu

の3つが入っていた。しかし、Fedoraの調子が非常に悪く使わない日々が続いていた。そのため、ubuntuもFedoraも消し去って、パーティションを新しく切ってubuntuに統一しようと思った。ということでubuntuをまず、消し去った(wubiだったので簡単)。

それからubuntu8.10のCDからブートして、インストールをまったりと始めた。やっぱり最大に重要なのはパーティションで、これをミスるとデータは全部消える。Fedoraが入っていた、sdb5からsdb8までを全部消して、sdb5,sdb6としてswap、ubuntuのアロケートを確保。それでインストールが終わった。

ドキドキしながら再起動すると、ちゃんとgrubが上書きされて起動できていた。しかし、背景がないのが残念なところだ。Fedoraは背景があった。ということで、後で設定した。14色のxpmファイルをgzで圧縮という面倒な方法。

後は、dropbox, tex関係をインストール。なんかFirefoxでタブを開きまくるとめちゃくちゃCPUを使うなと思った。メモリは大丈夫なんだけどなんでだろ。dropboxは、公式サイトから.debを持ってきてインストールして、

texは、

http://d.hatena.ne.jp/hayamiz/20081111/1226403768

を参考に、

とした。日本語が文字化けするな、と思ったらやっぱりEUCじゃないとダメなようなのでEUCにした。Adobereaderは

で、起動するときは(シェルから)、

だった(acroって・・)。imagemagickは

ubuntuで俺にとって一番問題なのはWake me up!が使えないこと。Winxpで一番使っているソフトである、目覚ましのmp3をかけてくれて、それまではスタンバイで待機するっていうやつ。こんなのがないかなあubuntuに。

あとはgfortranとか(apt-getしただけ)。Songbirdもインストールしてみた。なぜかCDのインポートができない。気づいたこととしては、gmailのビデオチャットがlinuxからだとできないこと、またFedoraよりubuntuのほうが遅いこと(なんでだろ)などだ。飲みながらやってたら作業が遅くなってきた。明日は研究室の忘年会で3500円もかかる・・財布を見ると300円。あはは。

f:id:salamann:20081225225500j:image

本棚。

f:id:salamann:20081225225400j:image

石けんで洗って乾かしたエアコンのフィルター。

f:id:salamann:20081224133200j:image

靖国通り側からの花園神社。

f:id:salamann:20081224103000j:image

一昨日あたりのチャーリー・ブラウン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*