2010年 2月 の投稿一覧

斑尾かまくら合宿1日目・2日目・3日目

就活で他のことができずにひいひい言っている中、タカフを送る会ということで斑尾にかまくらを作りにいった。出発の日は夜まで研究室の行事があってなんとか抜けだし、新宿にたどり着くことができた。よかった。行くまでメンバーすらよくわからなかった。

そのままバスに乗ってひたすら長い夜を過ごした。途中から起きていたタカフと長い間話して、こういうのやったら面白そうだよね!というような話をしたりしていた。まわりの人たちは迷惑じゃないかなあとちょっと不安だったけれど、楽しかった。タカフといろいろできたら楽しそうだなあ将来。

長い夜は明けて、朝6時半くらいに謎のゲーセンについた。アーリーチェックインしてから部屋に行き、着替えて部屋へ。男女比が9:2なのに部屋は同じ大きさの二つ、というのは曲者だったが用意をして早速滑りに行くことにした。みんな意外といろんな装備を持ってきていてすごいなと思う。スキーと言えば上にウェアさえ着れば下はなんでもいいイメージだった。

朝からすばらしい天気で、晴れ渡った空の下ものすごくまぶしい雪の世界だった。ホテルにくっついているスキー場なのでコースが狭いなあこれがトリックか、と思ったけれど、どっちにしろスノボは全然滑れないので問題はなかった。ショートスキーと少し悩んだ。

それからはタカフとひたすらスノボを練習した。たぶんあのスキー場であの日一番転んだんじゃないか、というような自信が生まれるくらい転んだ。頭もお尻も膝も肘も昼前に限界を迎えていた。昼はカップ麺を食った。コンビニがくっついているのがナイスだった。

その後もひたすらタカフと滑った。段々スノボでどうやれば曲がれるようになるかが分かってきた。一番重要なのはびびらないこと。びびると後ろ重心になって、後ろ側の脚がひっかかって曲がれなくなって雪にひっかかって転ぶ。前側に重心を乗せてひざ曲げて後ろ脚を意識することで左右に曲がれるようになった。

最後に時間がなくなってきたあたりでみんなジャンプ台でジャンプしていた。てっちゃんは後ろ重心で転ぶだろうなあと思ったら転んでいた。半分以上の人たちが帰ってから、ショートスキーを借りてやってみた。膝曲げるだけで曲がれて楽しい!だけどエッジ立てても全然止まらなくてやばい!とか思った。もっとやってみたい。

限界を超えて運動したあとに、露天風呂へ。露天風呂の入り口でも滑って転んだ。普通の時だったら転んだら痛いところを、もう痛いことに慣れてしまってるなあと思った。乗り越えれば女子風呂に行けそうな露天風呂だったけど誰も乗り越えず。お湯は熱くてよかった。

ご飯を食べてから部屋に戻ったらみんなぐったりしていた。このままでは疲れて寝てしまうパターンだ!と思ったらすでにてっちゃんは寝ていた。事態を打破しようとビールを飲んで、みんなでコンビニまで買い出しに行くことになった。

素直に靴を履けばいいのに、誰かがスリッパで行くとか言ったので対抗してスリッパで行くことになった。コンビニまでは雪道を歩いて5,6分。ダッシュで出たものの、1分くらいで精神の限界を超えた。もう足の指が全部使用不能になるだろう寒すぎるみんなバカだああなんで進むの、と思いながら雪の降る雪道をスリッパで踏みしめた。

一度限界を超えたらあとは勢いだけで、走ってコンビニまで行くことができた。到着したら足を手で温めた。みんな同じように辛そうな顔をしながらコンビニの中で足をあっためていた。そうしていたらもうちぎれて亡くなるかと思った指が3分くらいで回復した。その勢いでコップを買った。

帰りはメガネをなくしたりしつつも滑って帰ることができた。行きより短時間だったのでなんとかなった。部屋につき、みんなでコップで乾杯した。コップは偉大で、すぐにみんな元気になって、みんなハッピーな部屋になった。

そこから3時間くらい飲んで寝た。最後のほうに3人くらいで話していたあとの記憶がないので何かやっていないか不安だった。翌日目覚めるとコンタクトをいつの間にか外して寝ていたようだ。この位置で寝てていいのかなあと起きてから思ったけど何も覚えてないしいいやと思って、風呂に行くことにした。

f:id:salamann:20100228214047j:image

朝のホテルから見た夜明け

朝ご飯を食べて、いよいよかまくら掘りへ。てっちゃんがスコップを借りてきてくれたので、交代しつつかまくらを掘った。ものづくりサークルの力はすばらしく、みんな率先して作業し、いつの間にかものすごい大きさのかまくらができあがった。内部にはイスとか階段とかもあり、もう次は札幌雪祭りに参戦してもいいんじゃないかとか思っていた。

f:id:salamann:20100228214048j:image

掘っている人たち

f:id:salamann:20100228214049j:image

段々広がってきている様子

f:id:salamann:20100228214050j:image

全体像

f:id:salamann:20100228214051j:image

階段作り中

そう思っていたらかまくらが崩壊した。中にいたてっちゃんが生き埋めになり、みんなで必死に掘り出した。原因はRを取り去ったことだったようだ。それでも助かって良かった。雪の怖さを改めて知った。

f:id:salamann:20100228214052j:image

崩壊したあと。

かまくらが壊れてから、少し待ってバスに乗って帰路へ。帰りのバスで3分で気持ち悪くなり、それから7時間くらいバス酔いと格闘した。その酔いはさらに続き、3日後くらいまでバス酔いが残っていた。スルメとガムでなんとか耐えたけれど、バスに乗りたくないなと思った。

かまくらは楽しすぎる。反省点としては、夜の飲みで加速しすぎてしまったことと、何かを伝えようと思っていなかったこと。ほんとに素で飲んでただけだった。もっと話したいこと、聞きたいこと、伝えたいことがあったはずなのに。心残りだけれど、素のままで飲んだのもそれはそれで楽しかった。

進まない進路

先週末にESを4つ書いて出したのだけれど、今確認したら現時点であと6個も書かなければならないのがあった。テストセンターも4回目、さらにそれを失敗したら5回目が待っている。Webテストは2つ。日々ESは増えてゆく。果たしてこの中に選考を通る会社はあるのだろうか。

昨日は馬場で飲んだ。さーて終電だし帰るかなーと思っていたら終電はなくなったのでまったりと悩んだあとに居酒屋に行って、朝になるまでいろいろと話をした。一人はあまり寝ていなかったらしく、頭が働いてないんだろうなあという感じだったなあと思ったら寝てしまっていた。

二人でいろいろ話していたら結局、自分は状況を言い訳にしているなあと思った。自分から動くことで変えられることはいろいろありそうだ。でも変えることがはたして自分にとってよい道なのか、そのモチベーションをドライブさせるものがあまりないなあと思った。話を真摯に聞いてくれたのが嬉しかった。

朝になって始発が動き出したので帰って寝て起きた。朝の馬場の街は走って通学・通勤先に向かう人たちでごった返していた。居酒屋にいたときに俺等の後ろで朝なのにコールをさせ続けていた人たちとのギャップが面白かった。

カレーを食べた。いつの間にかオリンピックが始まっていた。冬のオリンピックは大好きだった。トリノのときはトリノ時間で過ごしていた。今度はバンクーバー時間で過ごそうかな。バンクーバー時間のほうが健康的な気がする。そうだ、そうしよう。

ランディ・パウシュ、最後の授業

ひろきがランディ・パウシュの「最後の授業」がすごくいいから見るべき、と言っていたので、見てみた。全部で9まであってそれなりに長い。


D

なんてかっこいいんだろう。なんて素敵なひとなんだろう。こどものときからの夢もかなった、いままでいろいろなことができた、だけど伝えることもやりたいこともいっぱい残っていただろう。こんな人になりたい。こんな風に生きていきたい。

そう思って改心した3日前。

もう2月11日になった。近頃は説明会に行くことくらいしかしていない気がする。でも、いろんな説明会に行くたびにもっといろいろな話、もっといろいろな業界の人と話してみたいと思う。でも今プレエントリしても説明会がすでに満員だっていうところばかり。悲しいことであるけどしょうがないんだろう。もがくけど。

前回の日記からもう1ヶ月弱たっている。この間に、ポスター発表があった。ポスターを英語で作って、やってきた人と話したりした。自分の英語がつたないなあと思った。なんでみんなあんなにすらすらとしゃべれるんだろう。みんな、ではないけれどもっと言葉がどんどん出てくるようになるといいなと思った。

こまごまとした事務仕事しか最近やっていないので全然研究が進んでいない。やらなければという気持ちだけ焦るだけで進まない。まあやればいいのだろうけれど。やらないとな。まずは絵を描くところから始めよう。アウトプットしよう。

あ、あと二郎と目黒寄生虫館に行った。

f:id:salamann:20100211011341j:image

昼から1時間待ち。

f:id:salamann:20100211011340j:image

目黒の二郎。

f:id:salamann:20100211011342j:image

高田馬場よりおいしい。

f:id:salamann:20100211011343j:image

寄生虫館。

寄生虫館は調子に乗って撮影して写真を見せていたら「あまりにもグロい」と言われたのでここには写真を載せないことにする。あ、あと雪が降った。雪が降った日も俺はロードで走っていた。顔面に降った雪が解けては顔を冷やして、顔から永久に表情がなくなるかと思うほど寒かった。

f:id:salamann:20100211011344j:image

雪降る学校。

f:id:salamann:20100211011345j:image

夏っぽい空。

心を入れ替えてやるべきことをやっていこう。