一橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日は「待ちに待った」進路講演会。

というか結構不安。

朝から電車に遅れそうになる。なんとか待ち合わせ時刻の9:20に到着。

しかし、最初職員室に行ったら担当の先生がいないように見えたので、

土屋先生に聞いたら進路室へ行けと言われ、行ったらもう始まりそうだから大講義室に行けと云われ、

七階まで上ってみるものの始まりそうにもない感じ。

しょうがないので職員室にもどったら普通に先生がいた。

かなりがっかり。もう疲れた。

理系・浪人は自分を含めてふたり。

一年のときクラスが一緒だったひとだ。

それから現役のひとたちも合流してさっきのでかい部屋へ。

2年生は、全部で100人くらいいるのだろうかなというくらいの人数。(理系だけ)

はじめに先生が俺らを紹介する。

俺のところで、

「東大を惜しくも落ちたけど、まあ余裕で早稲田に受かった○○」

といういい方をした。余裕だったかなあ?とか思ってた。

現役のやつらからしゃべりだす。

俺はその間何をいおうかずっと考えていた。

現役のやつらもいろんなのがいて、冗談交じりに慣れた口調でしゃべるやつとか、

なんか書いてきた文章をただ読むやつとか。

自分の番か!と思ったら司会の先生がいきなり、

「野郎ばっかりだったから、次、女の子ね」

とかいって順番が勝手に変わった。

よく見てみると聴衆には剣道部のやつらとかもいた。あいつら理系なのか・・と思った。

そんなこんなで自分の番になった。

「えーっと、56回の○○です」

とか言ってしゃべり始めた。

結構緊張してて脈絡のない話し方が終始続いた気がする。

日本語になっているかどうか怪しかった。

「剣道部だったんですけど、1年の終わりごろにテスト順位学年1.2位のやつが入ってきて、

そいつらに触発されて俺も勉強し始めて順位上がった感じです」

とか何を目的にしゃべってたのか(この場合勉強をともにする友達は重要って言うのがほんとはテーマ)

がさっぱりなことをしゃべってた気がする。

なんとか終わって次のやつ。俺の同級生のそのひともてんぱってた。

そのあといろいろ質問とかあって、拍手で出てきた。

それから次は1年だとかいって食堂に向かう。

そこでまたおんなじ話をした。

2回目のほうがずっとうまく日本語になってた気がする。

司会の先生が異様にテンション高かった。(テンションて日本語英語だなあ・・)

そこをでて進路室へ。謝礼の図書券1000円をもらった。

少しはなしをしていると文系のやつらも来る。

「浪人して何キロ太った?」「14キロ」とか話をしていた。

(俺はまったく体重は変わらなかった。体脂肪率はかなり変わったかも)

その後、一年のとき担任だった先生がおごってくれるというので、浪人の5人(俺含)はついて行った。

そこですき焼きとビールを注文。

先生の目の前で酒を飲んだのは初めて・・・。

いろいろな話がはずんだ。

ああ・・この感じいいなあ。俺この高校でよかったとか思った。

全部で15000円をオーバーしたであろう会計をもってくれた先生は、

自分が担任したことあるやつだけ選んだ、とか言っていた。

その5人は早稲田×5.今年は早稲田な年らしい。(ひとりは早稲田蹴って理科大へ行く)

その後、帰るために駅へ向かう。

3人でてくてく歩いていると、(早稲田一文、早稲田法、早稲田理工(俺))

一人がJR南口の目の前のところで、

「やべえ!」

とか叫んだ。

どうしたのかと思ったら、後期の一橋受かった報告が親から来たらしい。

留守電かなんかになってたその電話を聴いたら、

「受かったー受かったぞーーーー!!!」

とか母親らしき人が叫んでいた。

それで、そいつはめちゃくちゃ興奮して、俺らは確認しに学校の進路室に戻った。

まず、職員室に行ったら電話がかかってきていた。職員室中お祝いムード。

俺も後期東工大でも受けときゃよかったかなとかちょっと思った。

それから進路室で確認。見つけて興奮して握手した。

それからまったりと職員室で受験報告とか書いて、今年の受験結果見て、

今年は高校も進学実績が伸びていたのを見た。

知らなかったやつの受験結果もみた。

それからLANの本をビックで立ち読みして帰った。

自分のことのように喜んだりして、幸せな一日だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*