2007年 2月 の投稿一覧

本を読む病気

昨日は荷重試験のための作業で、地味に糸の長さをはかったりしていた。それが終わった後、トレーニングをしようかと思っていたのにいっつも使っているcaltechのタンクトップが見つからないので探していたけれど、結局見つからなかった。どこにいったんだろうか。

その後、新宿のビックカメラに行ってHDDを探した。今のメインのデスクトップが80GBで結構限界になってきてるのと、ここにきてまたFedora core 6を入れてみたいと思い、デュアルブートさせるための容量もいるなーと思って探した。HDDの増設は10年くらい前にやったことあるけれど、今やSATAとかいうのになったようだ。昔はマスター・スレーブのジャンパピンとか面倒だったのに、そんなのいらないらしい。

そのあと本屋へ。そこでついつい長居してしまい、さらにいろいろ本を買ってしまった。買ってから「しまったー・・」と思ったけれど買ってしまったものはしょうがないので素直に読むことにしようか・・いやでも本に熱中しだすと何にもできなくなるからなあ。ということで、その予感は的中した。今朝は朝から本読んでただけ。買った本:

変身 (講談社文庫)ダ・ヴィンチ・コード〈上〉ダ・ヴィンチ・コード〈下〉塗仏の宴(宴の支度) [ 京極夏彦 ]塗仏の宴(宴の始末) [ 京極夏彦 ]

ということで、東野圭吾の変身はもう読んでしまった。最後にかけてのエスカレートっぷりと返しが東野圭吾っぽかった。ダビンチコードは前作のAngels and damonsは洋書で持ってるけど激しく難しかったので日本語でもいいやと思って買ってきて、塗仏の宴は前に支度のほうは買って読んだのだけれど忘れてしまったのでどっちも買ってきた。読みたいけれどそろそろ出かけなければ。

そういや、300GBのHDDでも10000円を切る値段みたいなので買おうかなと思って、一応箱の裏開けてマザーボードを見てみたら、SATAのさすとこがなかった。あの例のL字型になってるやつだ。しょうがないので昔ながらのIDEケーブルで増設するしかないような気がする。お金がないので買うかどうか思案中。

そういえばはてぶをうろうろしていたら面白いフォントを見つけたので作って画像にしてみた。

こうげき力としゅび力のところでネタがつきた。なんか書くことないかなあ。

壁を登れ!

スキーから帰って来て、全身筋肉痛なので昨日一日寝ているというもったいない時間の使い方をしてしまった。昨日の24時間のうち起きていたのは6時間くらいだった気がする。ずいぶん沢山の夢を見た。スキーに行ってきたことも書かなきゃなあ、と思う。そんなことを思いながら家に帰らなくては。

そういえば、東体でやってる全身持久力測定ができなくなってしまった。3月分は15日で終わりを告げ、4月はシステム更新のため一カ月まるまる休みらしく、つぎにできるのは5月という噂だ。電話して聞いてみた。トレーニングの目安がなくなってしまったのは痛いなあと思う。こんなことならもっと先にいっておくべきだった。前回測ったのは11月だし。

  • 8月 最大酸素摂取量:50.0 [ml/min/kg]
  • 11月 最大酸素摂取量:59.0 [ml/min/kg]

だったわけで、このペースでいけば65くらいは出ていたんじゃないかと思うのに。65でてたら結構最強(今までの人の記録からみても)で、それが自分の自信にもつながり、さらなるトレーニングへというサイクルが出来上がるはずだったのだけれど。それならそれでしょうがないから自分でトレーニングしていこう。早くあったかくならないかなあ。

そういやWASAバンドもこのスキーで素敵な歌詞の歌ができたという話。日本語だったら危なかったんじゃないかというギリギリを攻めた造りで素晴らしい。

ミスリル銀とオリハルコン

そろそろこの腐った生活リズムを治さなきゃならないなあと思いつつある今日この頃。昨日でHTMLアップしたはずがダメ出しをいろいろくらったのでまた直していた。致命的なミスはなかったのだけれど、imgのaltタグのずれとかちっちゃいのが多かった。それでもなかなか解決に手間取ったのも多い。IE以外のモダンブラウザ(Firefoxとか)でCtrl+マウスホイール回しで文字の大きさを変えたときにレイアウトがずれない用にするのが場所によっては面倒くさい。

今日のトレーニングは調子があんまりよくなかったというか、途中でおなかがすきすぎてだめになった。99でアンパン群を買ってきて食べてからまたトレーニング再開。しかし途中で足攣ってごまかしてこいでいたらどんどん攣るようになってしまったので終了。なんでだろう。本番でならないか怖い。

昨日、フェアリング周りの空気の流れを、数値解析しちゃおう!ということで「流れ解析」とかいう本をタカフから借りて読んでいたのだけれど、流体のあたりはまあNS方程式以外はだいたい復習だったので理解できたのだけれど、有限要素法のとこに入ってからは補間関数はわかったけれど、Ritz法とかいうとこでCouette流の解析をやるのがあって、解析力学が登場した。

解析力学っていうと量子力学をタカフとやろうぜって言って本読んでた時にちょちょっとやってたくらいで、ハミルトニアンとかラグランジアンとかそんなんだなという印象だったのだけれど、そういや仮想仕事でこんなん出てきたなと思った。ということで変分法がわからなかったので本屋で調べたら、汎関数の意味がやっとわかった。しかし本屋はすぐにしまってしまったのであんまり読めなかった。物理のかぎしっぽにも載ってた。

さて、そこで言語を何にしようかなと思う。今考えているのは、Cかpythonかjavaかなあと。Cで書けたらそれでいいやと思うけれど、Cはやたら量が多くなるのでちょっとなあと思うけれど、ライブラリがそろっているんだろうとか思う。pythonは実際にがりがり書いたことがないのでそれをやるのに時間がかかりそうだなあと。でもソースが読みやすそうだ。javaも面白いんじゃないかと思ったのは、有限要素法じゃなくて差分法で解析してる本を見つけたから。

そして、ひとつ思うことはトレーニングしてる間に聞く音楽。今mp3プレーヤの中にはいろいろ入っているのでだいぶ雰囲気が違うものが来たりするわけだ。入っているアルバム。

BUMP OF CHICKEN/jupiter

BUMP OF CHICKEN/涙のふるさと

ELLEGARDEN/ELEVEN FIRE CRACKERS

ELLEGARDEN/RIOT ON THE GRILL

Green Day/American Idiot

久石譲/いろいろ

押尾コータロー/Blue sky

RADWIMPS/Radwimps 3 ~無人島に持っていき忘れた一枚~

RADWIMPS/Radwimps 4 ~おかずのごはん~

The Fray/How To Save A Life

Syrup16g/静脈

英語学習用のやつ1

英語学習用のやつ2

英語学習用のやつ3

ということで、GreendayとかELLEGARDENのELEVEN FIRE CRACKERSの曲とか来るとガンガン踏んでこぎたくなるのだけど、久石譲とか押尾コータローのきれいなギターとかになるとまったりしてしまい、Syrup16gがくると歌詞が暗くて自分も暗くなり、いきなり英語で「From the Jennifer and Ted Stanley Studios in Somerville, Massachusetts – this is Living on Earth. I’m Steve Curwood. A major study by the U.S. Centers for Disease Control has concluded that trace amounts of the rocket fuel perchlorate found in drinking water, milk and produce, may be endangering the health of millions of women and their children with thyroid disease.

」とか話出すとうんざりするというような気分の変化がある。全部エルレにでもしたらいいのだろうか。

wake me up when september ends

さて、学校が入試で休みということで流浪のパート、フェアリングも休みになったわけで、それを利用して行っても大丈夫なのかとものすごく不安なスキーに行くための用意をするために久しぶりに実家に帰った。もちろんロードで。もはや定期はないし。帰ってみると、自分がいない間に様々な変化が起きたことに気づく。

一番の変化はギターが一本増えていたこと。

右のアコギは前からあって俺もよく弾いていたのだけれど、左のサンバーストのストラトは帰ってみたらあった。大学がテスト期間で授業がなくなったらしく、暇すぎて一日ゲームとギターしかやっていない弟に聞いてみたら、買ったらしい。帰ってみて初めて知る事実もあるものだなあと思いながらスキー板とかを探した。

スキーは中学くらいまでは近くにスキー場がある環境だったから冬はよく行ってたけど、それ以来全くやってないので多分もはや忘れているんじゃないだろうか。でも運動は忘れないらしいからちょっとやれば思い出すのかも。板・靴・ゴーグル・ウェアとかを寄せ集めた。ウェアなんてサイズは160だ。160とか言うサイズを久しぶりに見た。スキー板は短いし。これを一人で運べるのだろうか。

スキーのbinding.LOOKだ!と思った(LOOKというとすぐ595とか585とか思い出すけど、実はスキーのbindingメーカー発祥。)

そして、鹿児島から出張で帰ってきたらしい父親とかと一緒にご飯を食べ、そのあとギターを弾いた。と、いつのまにか俺のギターのへっぽこ腕は弟に抜かれていたらしい。なんかわからないけど、ドラクエの序曲のソロを弾いてた。いつの間に!と思ったらタブ譜があったので負けじと3時間くらい練習してみたけれど追いつけなかった。ドラクエ3の戦闘音を弾けるようになるまで頑張るらしい。しかし、よくyoutubeで見るけど凄いなあと思う。下にyoutube.

http://www.youtube.com/watch?v=5kRN9AfGw1Y

そしてそのまま泊まり、今日になって帰ってきた。途中で今受験で東京に来てるいとこと会って話したりした。それから車で来たので実家に置いてあって誰も使わなかったエアロバイクをもってきた、しかし運ぶのがめっちゃ大変だった。またあれを運び出すときはとっても大変だろうなあと想像した。

その後、HTML+CSS打ち。今回のデザインは非常に難しいところがあって悩んだり非常に手間がかかったりでやる気を失うこともしばしばだったけれど、今やっと7/10まで完成した。IEとFirefoxでだいぶズレがあるのは本当に悩むけれど、段々それぞれのブラウザの癖が分かってくる今日この頃。

明日(今日か)は雨の東京マラソンらしい。今回のマラソンコースはだいたい自転車で走ったことあるから雰囲気が非常に分かるので観戦したら楽しめそうだ。でも雨だ。今日新聞で知ったけれど、一緒にやる車椅子マラソンってめっちゃ速いんだなと思った。42.195kmを一時間半とかで走るらしい。オリンピックに出るようなマラソンランナーに余裕で勝つわ。ホイールが自転車みたいでかっこいいなと思った。

追記:今7:20だけどやっとHTML終わった。しかし特殊なアップの方法のやり方をタカフに聞かなければ・・

春が待ち遠しいけれど

今日はちゃんと朝早く起きて作業に行く・・予定だったのだけれど、前日の夜にxubuntuに日本語パッケージを追加しようと思って苦戦していたら(Linuxは素人で全然わからん)時間が経ってしまい、しかもあんまり寝つきがよくなかったのでまた起きるのが午後になってしまい、さらに新しくきた仕事でFireworksで切り取っていたら時間が経ってしまった。

すまん、フェアリングの面々、と思いながら格納庫に行った。格納庫のまん前にエアロバイクが移動した+今日の気圧配置が西高東低だったので北風がひどく、この冬一番の寒さ(エアロバイクに俺が乗った史上)ではないかという中、寒い寒いと思いながらトレーニングが始まった。今回は結果から言うと初めてウインドブレイカーを脱がなかった。

闇の中、ぽつんと光るグラインダー。

アップ10分、ランダムレベル11で60分、ダウン10分ということでこのくらいやったわけだけれど、そうするとあのエアロバイク上に出てくるカロリーでは1000kcalくらいいく。いっつも思うけど太ってる人だとか流行りのメタボリックな人とかは自転車に乗ればすべて解決ではないだろうか。自転車を乗ることで医療費削減できて国としても大助かりだろうになぜ自転車を奨励しないのかは謎だ。

帰ってきておでん食べてまたコーディング。しかし斜めしましまの背景の上に色々置かれてるデザインを構築するのに悩む。CSSでは実現不可能なのじゃなかろうか。丸ごと背景に使えば問題ないのだけれど、あんまりそれをやると駄目出しくらうしなあ。ということでWebデザイナーはコーダーの気持ちと技術を考えてデザインしよう。というのが願い。

皇居を周る人たち

今日は朝からパイロット候補たちを見に来ないかと180に誘われたのだけれどいきなり寝坊し、さらに午後おきてからもやる気が起きず、「国会中継面白いなー」とか思いながら見ていた。中学くらいのときから国会中継見るのが結構好きだったのだけれど、下に行って爺ちゃんが何を見ているのかを見てみると「お兄ちゃんは私のモノよ!」とか叫び声が聞こえてくる。愛憎劇の昼ドラらしい。

ということで夜になってから外に出てトレーニングという不健康な生活。というか明日雨らしいので今日ロードに乗っとかないといつ乗れるかわからんからね。ということでまったりと皇居へ。皇居の周りは周回できるので結構いいトレーニング場だ。自転車で走ってる人もいるけれど、やっぱりジョグしてるひとが多い。あんな走るのなんて辛そうでなんでやってるかわからんなとか思う。まあ自分は自転車上でハアハアいいつつこいでるのだけれどw

撮った写真だけど、もはや暗くてなんだか分からん。

ということでタイムを測った。全部で4周したのだけれど、段々周回を重ねるにつれて調子がよくなってきた。4周走り終えたときは、「これなら何十周でもいけるぜ」とか思いはじめたけれど、あんまり調子に乗ってもいけないのでそこら辺にして帰ってきた。しかし、タイムは遅い。どう考えても8分台くらいでないとパイロットといえないのじゃないか。

  • 1周目

距離:5.02km

タイム:10’23

最高速度:36.5km/h

平均速度:29.1km/h

  • 2周目

距離:5.02km

タイム:09’50

最高速度:41.3km/h

平均速度:30.6km/h

  • 3周目

距離:5.02km

タイム:09’37

最高速度:41.3km/h

平均速度:31.4km/h

ということでやればやるほど調子が上がってる。というか速度をどうやって上げてくのかが難しい。難点は

  • 信号がある。それによってだいぶタイムが変わってしまう。
  • 夜なのでよく見えなくて怖い。
  • 一人なのでペースがつかみづらい。マリカーみたいにゴーストみたいのがいればもっとずっと速くなる気がする。今は別に全然限界までパワーを出している気がしない。

ということ。というか昼やったほうがいいのじゃないか。誰か一緒にやらないかなあ。

セロ弾きのゴーシュ

今日は昨日の疲れで微妙な時間に寝てしまった関係で、朝は1:30に起きた。朝というか真夜中だ。まだテレビではもちろん深夜番組をやっていた。しょうがないのでネットで麻雀をしていたら負けてきたのでやめて、また寝た。そうして起きたら13:00くらいだった。あー寝すぎたなとか反省しつつご飯を食べ、爺ちゃんが帰ってきてから味噌ラーメンを食べ、でかける。既に15:30くらいになっていた。

ということで今日も自転車で出発。昨日の今日なのでもちろんリカバリー、というかリカバリーしかできなかった。昨日の距離のせいか、それともハンガーノックのせいかだいぶ筋肉が逝っちゃった気がするので。ということでまったり大井埠頭まで行くことに。太陽が沈む前にいろいろいけるだろうかとか思いつつ、都心を回る。皇居の周りはいっぱい人が走っていた。

赤坂あたりで少し迷ったあと、結局第一京浜に乗って大井埠頭へ。

東京タワー。近くで見るとでかい。

芝公園。中見てないからどんな公園なのかよくわからんけど。梅が咲いてた。

そこから大井まで走る。ロードがいっぱい走ってるかと思いきや、あんまりいなかった(カップルでロードこいでるやつらしかいなかった)。これは既にこの時点で午後五時だったからだろうと思う。ちゃんと速く起きてこないと駄目だなあ(普通の日曜日には大井埠頭はロードの練習場所としてめっちゃ有名らしい)。

確かにロードの練習に使われるのが分かる。アメリカ並に片側5車線とかあるし、車はほとんどいないし。

そこから城南島の公園へ。ここはなんか知らないけど結構人がいて、適当に自転車で走った。寒いのによくこんなところに来るなあとか人事のように思って見ていた。飛行機がすぐ頭の上を飛んでいくので迫力があった。

砂浜。

無駄に自転車を並べて撮った。

次々と羽田に飛んでくる飛行機。夕日。

ともたもたしてから帰途へ。でもめっちゃ迷ってうろうろして、コンビニで地図を見てやっと理解。そこからまったりと北へ第一京浜を通る。また赤坂付近で迷い、謎の道へ。俺が東京の道を多少詳しいのは新宿の周りから北東のほうの一部くらいだから、皇居の南の方は謎。というわけで迷ってるうちに四谷についたのでそこから分かって帰った。

今日の結果:

距離:45.66km

最高速度:35.1km/h

平均速度:17.3km/h(低!)

帰ってからテレ朝でやってたテストなんとかを見た。というかやった。去年まではIQで面白かったのに今年は人間関係力とか。そんなの、空気の読めない俺には絶対できないに決まってると思った。IQだったら去年かなりできたから、面白かったのにと。しかもかなり適当な問題ばかり。これで本当に人間関係力?(だってどの茶碗が一番いいとか、そんなの骨董品屋力テストじゃねえんだぞと思うw)と疑問。

ということで数値は77めっちゃ低くて笑った。平均は100らしい。やっぱり俺は人間関係力なんて駄目なんだろうなと思うと同時に、この値にどのくらいの信憑性があるのかなと思う。とか思いながら、タカフからもらった統計力学のものすごい紙の束を読んだ。ボルツマンさんですな。

もはや

「皆さんすいませんでした、もうパイロット諦めます。しんぺーとこうすけ頑張ってくれ・・

俺は放浪の旅に出ます・・・」

ということで、行ってきました久しぶりの峠。朝起きて、久しぶりにちゃんとした時間に起きれたなーと思っていたらいつの間にか二度寝してしまい、待ち合わせに30分近く遅れた。急いでご飯とヨーグルトを食い、前回と違いちゃんとハートレートをつけ、出かける。例の交差点でk山さんと待ち合わせだったのだけれど、もうその時点で寒くて「パイロット諦めて家帰って寝ます」とか口から飛び出しそうだった。寒さに弱い俺。

そこからひたすら西へ。その時点ではいつもの朝と同じように調子はあまりよくないものの、こんなもんだろうなーとか思いながら走っていた。途中で先頭交代を代わり、前を引く。やや風が強い中、普通のペースを保ってしんぺーの待つ16号と青梅街道の交差点へ。丁度ついたころだったらしく、すぐ合流した。

一回コンビニで補給し、そのまま山のほうへ。と、ここらへんで早くも異変が表れだした。異様に脚が重い。なんだか分からないけど、ついていくのがものすごく辛い。心拍的にはたいしたことないので問題は脚だなあ、木金のトレーニングのせいだろうか・・でも土曜は休んだわけだしとか思いつつ必死でくらいついていく。

しかし最初の峠のかなり前で2人にかるーく置いていかれる。あれー今日はぶっちぎるはずだったのに全然体が動かない・・脚が筋肉じゃなく棒でも挟まってるみたいだとか思いつつ泣きそうになりながら遅れてついていく。2人からだいぶ遅れて最初の峠に到着。心拍は相変わらずたいしたことない。やばいやばいよ、と思いながら次の峠への道へ。

もはや平坦な道だと思える場所でも2人についていくことができず何回か待って貰う始末。情けなかーと知りもしない博多弁を思い浮かべながら残った力で必死にこぐ。しかし平地でも巡航が20km/hを下回るという異常事態。こんなことは今までなかったのにどうしたのか、もはやパイロットなんてえらそうなことは言ってられないわとがっかりしながら、峠へ向う。

峠のアプローチは客観的に見たら普通の道で、元気だったら面白そうだとか思った。しかし、もはや微塵も体力が残っていない。体力と言うより、峠に来たら必ず出てくる闘争心とかいうかアグレッシブなパワーが全く沸いてこない。何者かに力を奪われたように体全体がふにゃふにゃする。

心拍も脚も使えない情けない状況だったので写真撮った。

もはや顔が濡れたアンパンマン状態で上で2人が待っているという気持ちだけで上っていく。ついにロードだと言うのに4-6km/hとかになる。てつーの早歩きは7km/hくらいでるから、もはやそれにも負けるなとか思いながら上る。そのうち何とか着いた。k山さんは15分待ったらしい。

この時点で自分でもだいぶ気づいていたのだけれど、完全にハンガーノックだった。つまり、「お腹がすいて歩けない」という、昔、弟が小さいころよく言っていた言葉をそのまま当てはめられる感じだ。峠でk山さんにカロリーメイトをもらい、気持ち回復する。

そこから帰路。もはや下りでも低血糖によって集中力が低下しぶつかるんじゃないかとビクビクした結果置いていかれた。下った後、近くのよろずやであんぱんとジャムパンを買って食べる。それで結構回復してきた。さらに青梅まで降りてコンビニへ。ぶどうパンを買って食べる。結構回復。

よろずやの前で。

そこからはある程度回復したので、普通に疲れてるときくらいの走りができた。途中でしんぺーと別れ、また同じ道をひたすら東へ。回復してきたので途中で引いたりもした。ひたすら走っていると最初の待ち合わせ場所に着き、解散。そこからフラフラして馬場でうどんを食い、帰った。風呂に入って洗濯してぐったりして今に至る。もう寝たい。

今日のルート:http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=d9e0fe02e6637a4799cafe771d8248c1

今回の敗因は、冷静に考えてみると、

  • 前回と朝食はほぼ同じにもかかわらず何故ハンガーノックになったか。ということを考えることで、
  • 前回は前日に次郎に行ったりして炭水化物をめっちゃ補給してたのに対し、(予想、3000kcalは摂ってた)
  • 今回は前日は合計800kcalくらいしか摂っていないこと。
  • それにもかかわらず、道中ほとんど補給を摂らなかった事(チョコひとつくらいだった)

だと思う。11月のほうがよっぽど走れた。今日はもはや闘争心ゼロになってしまい情けない。これを機にしっかり食生活とピーキングを考え、トレーニングして行こう。冒頭のコメントは、峠を上っているときに思ったこと。

ああ・・でもリベンジしたい・・。こんな情けない姿では終われないわ。

本日の結果:

最大心拍数175

平均心拍数134

距離:139.2km

時間:5:37(HRMでは7:30)

最高速度:57.8km/h

平均速度:23.5km/h

1スコードロン

今日は9:00から作業だったのだけれど起きたら10:50くらいで、それもアラレから電話がかかってきて起こされた。昨日の夜、買ってもらった文庫本を2冊怒涛の勢いで読み、興奮して寝られないなあと思って三冊目に手をかけようかというのを思いとどまり寝た。とはいってもやっぱりその話の中のことで頭がいっぱいで寝られなかった。買った3冊のうち、読んだのは最初の二つ。

若き数学者のアメリカ (新潮文庫)秘密 (文春文庫)手紙 (文春文庫)

若き数学者のアメリカは「国家の品格」で有名な藤原正彦さんだけれど、国家の品格より面白い。ポスドクと助教授としてアメリカに行っていたときの話。このタイトルからは想像できないような破天荒なことをいっぱいやっていて、すげーなーと思う。ということで面白かった。そのまま東野圭吾に突入した。

秘密、面白かった。ネットを見て回ると評価が高いものの結構賛否両論だった。でも自分としては面白くて面白くて、もうなんにもいらないから本だけ読ませてくれという昔からの持病「活字中毒」になりかけたけれど、「いやー明日は作業があるんだバカモノ!」と自分に言い聞かせてなんとか布団に入ったわけだ。

ということで今日は図書館でこの前予約したThe world is flatを借りて、学校に来て作業した。荷重試験用の重りを測ったり、いろんな作業をやってマネジメント的なこともちょっとやった。フェアリングの面々はみんなよく作業してくれていい感じだ。そして今日のトレーニングはものすごく調子がよかった。もちろんβ2受容体刺激薬の効果もあるのだけれど、やっぱキュバールとかいう怪獣の名前みたいな選択性が高く副作用がカンジダ症くらいな吸入ステロイドが効いたんだろうか。

帰って手紙を読みたい・・が読んでまた寝られなくなると明日の作業がというジレンマがあるのだけれど、やっぱ読んじゃうのかなあ。でも今日はトレーニングがっつりやったから疲れて眠ってしまうほうに賭けよう。

荒サイ

さて月曜に喘息の病院にまず行った。そこの病院は初めて行ったのだけれど、今まで行っていたところは小児科だったので(もう21にもなって小児科もないだろう、と)とりあえずその病院へ。父親が行ったとか云ってたのでそこにした。いってみると自分以外患者がいなくて暇そうだった。次回つぶれてないか心配しながら診察を受ける。

非常に丁寧でいい医者だった。喘息と言う病気は他国では知らないが日本では患者のほうが知識があったりすることも珍しくないと思うのだけれど、そんなことはなかった。10年前くらいまではβ2刺激薬の乱用で年7000人とか死んでいたのにくらべると、今は吸入ステロイドのおかげでコントロールできる時代になっている。この薬がなかったらとてもパイロットなんて俺はできなかっただろうなと思う。

ということで薬は変わったけれど(フルタイド:プロピオン酸フルカチゾンからキュバール:プロピオン酸ベクロメタゾンに変わる)治療方針は変わらずということで結構満足して家に帰り、そのまま千葉方面へ自転車で。

この前も思ったのだけれど、千葉方面に(千葉市のほう)いくときに自転車で行くのは非常に面倒くさいことに14号をそのまま通っていると京葉道路とかいうのが江戸川放水路を越える橋から渡れなくなってしまう。ということで道は北に行ってもうひとつの14号を通るか、南の恐怖:湾岸道路を通るか。どっちにしろ遠回り。湾岸道路は平均35km/hで走るけど生きた気がしないしね。多少写真。

荒川サイクリングロードの河口のところ。広くて誰もいないからトレーニングにいいかもしれない。

その荒サイからの夕日。もやもやしてる。

永代通りから見た、佃島。近年建ったマンション群が異様な雰囲気。

日本橋。上に高速が通ってることで話題になる。でもじぶんとしてはそういう都市としての景観も非常に重要だと思うけれどその半面、数千億の予算を投じてやる必要があるかは疑問。そのお金で救える命があるのでは、と思う。年間の自殺者数が30000人をこえる日本では。