さようなら、Fitbit Alta HR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
         

Fitbit Alta HRを約1年間使ってきた。だんがん腕のバンドがゆるくなってきており、1日に数回腕から外れるようになってきていた。替わりのバンドを買わないとなあと思っていたら、なんと旅行で訪れたカナダのフェリーの中で落としてしまった。誰かがすぐに拾って持っていってしまったらしく、探したけれど見つからず諦めることにした。お別れは残念だ。いい機会なので、1年間俺の健康をキープしてくれたFitbit Alta HRの感想を書いておく。

 睡眠トラッキング

おおむね満足。睡眠が4段階に記録されていて、深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠、目覚めた状態の時間がそれぞれ出る。また、いつどうだったかも出てくる。最近になって、睡眠スコアも100点満点で出るようになっていた。これを見ていると、朝起きたときに眠いかどうかは深い睡眠がどの程度取れたかにかかっていることがわかった。深い睡眠が1時間30分あると、かなり調子がよい。1時間15分くらいだとそこそこ眠く、1時間10分を切るとかなり眠く、1時間を切るともう日中は頭が働かない感じだった。こんなに敏感に自分の睡眠の質が判断できるとは思っていなかった。

心拍トラッキング

あまり満足していない。もともと、トレーニング時の強度を測りたかったのだが、心拍はあまり正しく出なかった。腕を振って行うジョギングやアークトレーナーなどはかなりうまく心拍が記録されるのだが、自転車全般はかなりいまいちだった。ほぼまともに心拍が出ない。やはり心拍に関してはPolarの胸につけるバンドタイプを用いて計測するしかないのかなという気持ちである。きつめにバンドを締めてみたり、場所を変えてみたり、いろいろしたのだが心拍が安定して拾えるやり方を見つけることができなかった。

歩数およびカロリー

おおむね満足。歩数、カロリーともにやや多めに記録される気がする。しかし誤差の範囲内であり、それほど気にするレベルではないように思える。歩数を自分のともだちと比べられるのもかなり良かった。他の人がどのくらい歩いているかで競争心が働いてよい感じ。この歩数機能がついたことで、1日何歩歩いたかをよく自分で気にするようになった。このせいで息子もよく何歩歩いたかを聞いてくるようになった。

その他

自動エクササイズ感知はけっこう面白かった。アークトレーナーなどはかなり正確に出てきた。室内で行うトレーニングは正確さにかける感じであり、特に自転車の感知はいまいち。曲者だったのは、自分の携帯のMoto 5g plusとつながらなかったこと。インターネット上でもそれに対する文句を沢山の人が挙げており、ずっと改善することはなかった。iPhoneとはつながるのだが、メインの携帯ではないのでやや面倒。充電はやや不満。5日程度電池がもつのだが、ずっと手につけて記録しておきたいと考えると、5日間に1回1−2時間程度使えなくなるのは曲者だった。できれば倍くらいは電池が持ってほしい。5日だと、出張にも充電器を持っていかなければならない。

次はどうする?

またFitbitを買おうかと思ったが、もっと安いのでいいのがあるみたいだよと奥さんに言われたので、調べてみたらたしかに安いやつが結構ある感じだった。いまのところの候補は下記のとおりである。またなくしてしまいそうなので、安いのでいいかなという気がしている。

  • Fitbit Alta HR (中古もしくはアウトレット)
  • Fitbit Inspire HR
  • Xiomi Mi Band 4
  • Huawei Band 3 Pro
  • Amazfit Bip
  • Garmin Vivosmart 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*