こんなに安く海外旅行へ行ける時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふと安く海外旅行に行く方法はないかと考えて、ちょっと調べてみた。そうしたら結構びっくりする価格でいけることが分かったのでちょっと書こうと思う。来年から働くので来年行けないのが非常に悔しくなってきた。いま変化しつつあるときだからぜひ来年も学生の人は行くべき。

できたときは需要予測が甘かっただの無駄の極みだのものすごく叩かれた茨城空港。だけれどよく考えてみれば、ヨーロッパのLCC(Low Cost Carrier)はたいてい運用コストが安い都市郊外の空港を使っている。そうならないかなーと期待していたらやっぱりなった。日本のエアラインは高コスト体質だし役に立たないけれど。

ためしに茨城→上海便を調べてみた。そうすると驚きの安さ。キャプチャ画像を載せる。

f:id:salamann:20101014160912p:image

キャプチャ画像

これによると、今日(10月14日時点)から3週間後の11月3日出発の片道航空券が、

    • 航空券 4000円
    • サーチャージ 2150円
    • 空港使用料 500円
    • 合計 6650円

で行ける。信じられない安さだと思う。名古屋まで新幹線で行くのだって1万以上するのに。茨城空港までがお金かかるだろ、というツッコミもありかもしれない。だけど茨城空港までは高速バスで500円で行けるので、それを入れても7150円。すばらしい安さだ。往復だと倍。

上海に何があるか分からないけれどちょっと行ってみたいなと思ってしまった。例えば全日空で行こうとすると、この7-10倍くらいPEXでもかかってしまう。いかに安いかわかる。

いつもならばここで予約してそのまま行ってしまいたいけれど、あと修論発表まで100日を切っているのに全然研究が進んでいない現在、これをやってしまうと卒業の危機がやってくる。あきらめざるを得ない・・。のは悔しいので誰かいってレポートしてみて欲しいなと思う。

羽田が拡張されて国際線が増えるってことでやってきたエアアジア。アジア圏で信じられない安さで飛行機に乗れるLCC。それが羽田にやってきたということでちょっと前まで騒いでいたけれど、ちょっと沈静化してきた感がある。

f:id:salamann:20101014160908p:image

キャプチャ画像

来年のGW明けの値段。これも驚きの価格。

    • 航空券 5000円
    • 空港税 2000円
    • 空港送迎費 1000円
    • 合計 8000円

でマレーシアまで行ける。名古屋に行くより赤道直下の国へ行くほうが安いってのはすごい。よく考えると新幹線がぼったくりすぎだろっていう気もする。行ってみたいなあと思うけれど来年のこの時期はもう学生ではなく仕事があるので軽々といけないのが悔しい。

このように、LCCが本格的に日本に進出してきて競争が起きてうれしい限り。もちろんLCCだっていつもこんなに安いわけじゃない(前者の上海は通常8000円~20000円でで、後者のクアラルンプールは通常17000円~25000円)のとか、荷物は別料金とかいう制約もあるけれど、こういう選択肢があるのは非常にいいことだと思う。

来年も学生だったらすばらしいのになあとちょっと思った。実は国内でもスカイマークで安いのがんばってとれば羽田-那覇が7800円とかあるので、飛行機を安いのを買ったから、という口実でいろいろ行ってみるのは楽しそうだなと思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*