2006年 3月 の投稿一覧

そして奇跡は起こる

今日は朝1時に筋肉痛で目覚めた。1時といってもまだ実質的には深夜なのだけれど、昨日は自転車で疲れすぎてすぐに眠ってしまったため、多分6時間睡眠くらいはとっていたはずだ。というわけで、起きてみたら弟の誕生日だったので肉があって、自分で焼いて食べた。ちなみに起きたとき、弟二人はエミュ(モンスターファーム2)で遊んでいた。

そしてしばらくして弟たちは睡眠に入り、俺は暇になった。とはいっても特に何もやらずに朝を迎えた。というか朝になってから携帯を見てみたら大量に着信とメールが来ていた。悲観主義者からだったがその時間は疲れて眠っていたので無理だろうという時間だった。もうひとつ、フェアリングが今日ないと言うメール。それならもう一回寝たのにな・・とか思った。

朝に弟を起こして、新聞を読んだりして、いい雰囲気だった。外は非常にあったかかった。そして今日は弟の電通大(国立前期)の発表で、10時に見にいこうという話だった。ネット上には有志の手によってすでに10:10ごろに合格者の受験番号の掲示板がupされてたが、それをみてもつまらないので行くことにした。

うちから電通大はひたすら近い。ということでぽかぽか陽気の中、自転車で弟と二人、まったりと見にいった。ちなみに前評判ではほぼ落ちたこと確実であった(模試にしても、本番の自己採点にしても。明治も早稲田理工CSも落ちたし)。弟の自転車はひどいものだった。5分に一回チェーンが外れる。それはひとえに伸びすぎたチェーンのせいなことが分かった。

電通大についてみると、掲示板の前でラクロス部が受かった人を胴上げしていた。とりあえず、自転車を止めて見にいった。一番手前に情報通信工学科というのが書いてあった。俺は弟が受けたのが情報工学科であるのを忘れてそっちをみていた。というかその時点で受験番号とかしらなかった。どうせ落ちてるだろとか思ったので、知る必要もないなとか思っていた。

そして、その横にあった情報工のをみていた弟は「これ、もしかして受かってんじゃない?」といっていた。本人すら浪人して東工大だなとか云っていたところだ。俺も受験票を見てみたら、普通にあった。お、受かってるじゃん、と思った。そして、ラクロス部に胴上げされるのは嫌だとか云っていたので密かに帰ろうとしたw

そうしていたら、弟が既になんかの勧誘に引っかかっていた。さらにその後、インタビューみたいのを受けていたら、結局ラクロス部に見つかったらしく、一緒に写真を撮っていた。その間俺は暇だったので、そこら辺を自転車で走っていた。その後、母親に電話で知らせたら「え?受かったの?」とびっくりしていた。うちの中では後期までの間、勉強していなかった弟の評判は悪かったのだ。

その後、家に帰り、昼ごはんを食べ、部屋に行ってボーっとしていた。それから寝た。起きてから鯖を食べて、しかしよく受かったなあ・・と思った。しかも現役だから俺との差がひとつ縮まって、大学2年と1年になってしまった。しかしやはり電通大は国立なのに知名度が低いらしく、文系が多数派を占める弟の高校ではちゃんと理解されないらしいw

ということで、現在午前3時。全く眠くないが、ここで寝ておかないと今日辛い気がするのでこれから寝ようかなと思う次第。そしてまた久しぶりに携帯を見た。平日はほんと頻繁に携帯を見ている気がするが、休日は1日に一回見ればいいほうなので、連絡は一度に来ている気がするw主翼がピンチなのか・・と思った。

Tour of 多摩湖

さて。今日は昨日の夕方に目を覚ましてからずっと朝まで起きていた。なんでかっていうと、今日は自転車で多摩湖に行く予定だから。今日が誕生日の弟に俺はいってくると告げて、家を出かけた。一応、アーレンキーとパンク修理のパッチは持っていった。しかし、新歓の予約の調べ物をしていたら少し時間が過ぎてしまった。

ということで待ち合わせ場所の悲観主義者の家にいく。そうしたらやすはもう待っていた。そこでとりあえず青梅街道を進んでみようということになって、外に出る。その時点で多分9時過ぎだった気がする。

  • 9:00-10:00

 早稲田通り→青梅街道→新青梅街道ぐらいのルートで進む。最初に確認した減速・停止の合図は結構うまくいっていたが、先頭交代は適当だった。俺は既に冷たい空気で危なくなっていたので気管支拡張剤でドーピング。だいたい30km巡航くらいで進む。途中で見かけたおじさんはOCR3に乗っていた。まだ朝なので結構寒かった。耳とか。

  • 11:00

 ここで事件発生。車の通る高架を通ろうか通るまいかで後ろを見ていた先頭を行くやすが道のでっぱりにひっかかって転倒。一回転していた。大丈夫かなと思ったら顔の左側から出血。どこから血が出ているのか分からなかったが、痛々しかった。自転車自体はパンクしているのと、STIレバーがずれているのを除けば無事。道路に転がったポカリを拾ってきて、近くのコンビニで傷を洗うこととなった。

というわけで、近くにあった駅「久米川」(西武線なんて縁がないので全く知らない)でファミマによってから、消毒液を買った。絆創膏とかはいらないといっていたが、俺は大丈夫かなあ・・と思っていた。問題はパンクで、携帯用のポンプを持っていなかったので買おうかなと思ったが売っておらず、やすはそこらへんの自転車屋に頼んでいた。結構雑だったが普通に直った。

  • 11:30

それからとりあえず昼ごはんは後にして湖に行ってみようということになり、進んだ。途中でサイクルベースあさひ(めちゃくちゃでかい自転車屋)を2回発見し、ひとつには行った。ロードは少なかったが店内は広かった。そういえば、もって行った地図はそんなに古くないのに、地図どおりにないコンビニとかが結構あった。競争は激しいらしい。

道路標識で「庚申塚」というのを発見した。庚申塚ってのは地名じゃなくて、まあある風習の結果生まれた石塔なんだけど、まさかそういうものが道路標識にも使われているとはと、一人でびっくりしていた。(なぜかというと全国いろんな場所にあるから、駒ケ岳みたいに区別がつかなくなるのでは?と思ったからだ)とそんなところで到着し、とりあえず湖の対岸を目指すことになった。ということで、湖の真ん中の道の途中。ここらへんは非常にあったかくて、散歩している人が多かった。

その後、西武ドーム(もはやインボイスなんだっけ?)の前のapで昼食を買って、食べた。しかし西武ドームって初めて行ったなあ・・と思った。ここに来る途中の道もそうだけど、俺にはなじみの薄い土地ばかりで全く土地勘はない感じ。なんか遊園地とかもあるらしい。

そこの時点でもう一時ごろなんじゃなかったかなと思う。そこら辺で地図を確認していたら、狭山湖の裏に所沢キャンパス(人科、スポ科)を発見。ということで行ってみることになった。

が、そこの道はパリ~ルーべのようながたがた道でとてもいけるもんじゃないなと言うことで、いろいろ迂回しながら進む。しかし、狭山湖の裏側というのはさっきまで東京だったとは思えないくらいのどかな場所だった。農道を進んで、そして着いた。入り口はまた「ヒルクライムだ!」とか云っていた。バス停の先に像があって、足だけでくっついているという不安定な構造だった。英語で大隈重信の言葉が書いてあった。

ということで中まで入ってみた。しかしものすごい広さ。全く違う学校にしか思えない。学食がものすごく広かったが、これは外には食べるところがないからなんだろうなと思った。生協とかはあんまり変わらない。でも全体的にデザインにこだわった外見が面白い。松屋が大学内にあった。しかし毎日ここまで通学してくる人は大変だなあ・・と思った。

その後、狭山湖を逆側に回って入間あたりに入り、そこから横田基地の横をすり抜けた。しかしめちゃくちゃ広かったなあ・・横田基地。夏に飛行機見にいったけど、あの時は車であんまり感じなかったけど、直線距離はものすごい。走っても走っても横は横田基地。逆側にはアメリカ風味な名前の店が並んでいた。基地内にEverGreen Internationalの飛行機を発見。

さらに甲州街道に出たあたりで、多摩川サイクリングロードへ。ひたすら風が強かった。というわけで巡航速度は下がりに下がり、おまけに睡眠不足(この時点で24時間連続でおきている俺)、カロリー不足(ずっと走り続けてるのに昼はカップめんのみ。後で計算してみたら、3500-4000kcalくらい使っていたようだ)も重なり、脚も吊り気味になってげんなりしてきたところで、真っ青な自転車屋を発見。あのJOKERの系列店だ!ということでみていくことになった。

中には試乗車がずらり。リカンベントとか一回乗ってみたいなあと思った。家からも結構近いしここに来てみようかなとか思った。とにかく店は広くて、なんといっても駐輪スペースは店内にある。まあ個々のものについてはなるしまの方が安かったりするわけだが。ということで、その店を出た。

その後、さらに多摩サイを進む。気温が下がってきたので、かぶると怪しい人になるニット帽をかぶり、進んだ。途中で脚がやっぱりつって、体操したら調子がよくなった。そんなことをしていたら、家に到着。ものすごい散らかっていた部屋を強引に片付け、多少しゃべり、それからまた甲州街道まで引っ張った。そこで別れ、家に帰って汗で濡れている服を全部脱ぎ、すぐに寝てしまった。

さてまたやってしまった

今日は朝なってもおきていて(それまでは音楽聴いて歌ったり音を細かく聞いたり、ネットしてたり)、その後、トキオ

トキオ

を読んでいた。そして泣いて、寝た。

そうしたら、午後5時に起きた。もう少し寝る時間を縮小してどこかに行けばよかったなと結構後悔しつつも、もうそんなことはしょうがないので普通に生活した。夜に、プレステのエミュでイメージファイルからどうやったらうまく起動するのかなと思って、がんばってやっていた。ISOは何故だかうまくいかなくて、IMGだとうまくいった。やっぱ読み込み速いなと思った。

そこで今、碧空を見たら部屋バトンとかいうのをやっていたので面白そうなのでやってみることにした。ということで、勝手にもらっていきます>しらちゃん

Q1 あなたは実家?独り暮らし?

実家。一人暮らししたいけど、お金が厳しそう。シェアで月3万くらいならなんとかなるかも。

Q2 あなたの部屋に写真はありますか?

部屋には存在するけど、飾ってある写真はないかも。

携帯でもデジカメでもいいから写真撮るものがとっても欲しい今日この頃。

来るべき暖かい自転車な季節のために。

Q3 あなたの部屋の壁に何かかかってますか?

BUMPのポスター(ロストマンのとき、タワレコでもらった)

ナウシカの絵

自転車のポスター(自転車はCOLNAGO)

絶対合格東京大学とか書いてある今となっては意味のない紙(そんな紙は他二つ)

中学校で転校するときにもらった寄せ書き手ぬぐい

WASAのタオル

早稲田スポーツ(6大学野球で優勝したときの)

相撲の番付(相撲はあんまりしらないけど雰囲気が好き)

剣道の段の紙

布田天神のお守り?

阪神のメガホン

Q4 あなたの部屋にぬいぐるみはいますか?

ぬいぐるみはないかも。ウルトラマンは全長600mmくらいのがある。

ちなみに飛行機のプラモ、チョコエッグは合わせて30個くらい。

Q5 あなたの部屋にまんがはありますか?

自分の部屋に今ある漫画は、ハンター、ナルト、クロ高、恋風、NHKへようこそ、最終兵器彼女とか50冊くらい。自分の部屋以外で自分が買ってきたのなら200-300冊くらいはあるかとw

Q6 あなたの部屋にある機械は?

パソコン1台(デスクトップ)、スピーカー3組(多いな)、CDコンポ(10年くらい前の。目覚まし)、CDラジカセ(古い。ラジオ用。)、CDプレーヤー2つ(ひとつは携帯してる)、MDプレーヤー2つ(調子悪すぎてもはや使ってない)、赤外線ヒーター、エアコン(うるさいし調子が非常に悪いので使ってない)、自転車(これも機械だろう)、壊れたビデオデッキ(うまくつなぐとテレビの音声が聞ける)、コンプレッサー(インタール吸入)、時計、ギター(これは機械だろうか・・)

Q7 あなたの部屋で、これだけは人に負けない!てゆうのは?

汚さ。服と本により侵食されてる。ベッドが本で埋まって寝られないときは本人は床で寝る。

紙はいろいろな学校のやつとかで、本は本当に様々。ミステリーとかも結構あるし、哲学書もあるし、教科書も多少あるし、洋書もあればエッセイもあるし。雑誌はあんまない。

最大の問題は収容能力を考えずに本を買ってくること。そろそろ本棚4つ目を買わないと・・・

Q8 あなたが寝るとき、周りに必ず置くものは?

眼鏡。起きたときないと、のび太になってしまう。

Q9 あなたの部屋は何畳ですか?またどんな形ですか?

5畳くらい。長方形。

Q10 あなたの部屋は全体的に何色ですか?

白。ただし、白い壁はあまり見えてないw

Q11 あなたの部屋にはどんな家具がありますか?

机・ベッド・本棚・自作の本棚・さらに本棚・机2・椅子・引き出し

Q12 あなたの部屋で一番多いものは何ですか?

紙。本と紙。それがすべて。

Q13 あなたの部屋にはポスター類は貼ってありますか?

Ja.

Q14 あなたの部屋で一番目立ってるものは?

散らかっている床と、存在感のある自転車とギター、さらにミッキー

Q15 自分だけの、部屋に対するこだわりはありますか?

こだわりのなさが前面に出てる気がする。

雑多な感じ。

パソコンに占領された第一の机の変わりに登場した第二の机で、オペレーターのように作業効率が上がってうまくいくはずだったのに、本と紙で埋まってる。

まずは片付けだなあ。

ソロー

そして今日まで日にちは過ぎてしまったなあと思う。このごろは夜勤のおかげで生活リズムはあってないようなものだなあと思う。とりあえず、2/28に夜勤に入り、そのまま終わったあと悲観主義者の家に行ってから家に帰って髪を切ろうと思ったらそのまま寝てしまい、起きたら夜。そして夜はずっと起きていて、その次の日、朝仮眠していざフェアリングへと思いきやそのまま寝てしまい・・起きたら午後4時。

そして雨が降ったりやんだりの天気だったので自転車を出したりしまったりしていたが、結局結構降ってきそうだと思い、断念。そして、やっとやってきました夏の自転車の授業の合宿で一緒だった人たちの第二回飲み会。馬場についてロータリーに行ってもいなかったので電話して直接行った。

すでに来ていたのは男4人、女1人で、そこから俺ともうひとりバリバリ就活中のお姉さまがきた。そして今日来れなかったTAの人の話だとか、六本木にある丘の話だとか、合宿中の話だとか、来ないメンバーの話とかそういうさまざまな話で非常に楽しかった。文系の皆様は3年生で就活で大変だということも実感(理系はというと、多分うちのサークルの3年で院行かないのは一人だけらしい)

正直、大学院はうちにはお金がないらしい(兄弟3人とも大学に行きそうな感じだと)。なので日本で行くのなら奨学金を取らなければならない。そうすると又それを返すのが大変な気がする。というのでアメリカがいいかな(大学院は受かれば無料なところが多いかも)とか思う。それとも就職でもいいなとも思う。または文系的な職業でもいいかなとかも思う。

まあ話は脇にそれた。そこで。3時間後に迫ってきているサンクスに備えて今日は飲まないほうがいいかなとかおもっとったけど、「大丈夫大丈夫、俺6杯ビール飲んで行ったことあるから」といった声に励まされ、普通に飲んでいた。途中でカルーアとかに逃げたりもしつつ。

その後、トイレが素敵なその店を途中で出て、サンクスへ。アルコールは大丈夫な感じだった。これなら予定がかぶらなきゃフェア飲みにも行けたかも、とか思った。そしてそのまま夜勤。途中でさっきのメンバーが飲み代のお釣りを渡しに来てくれた。そしてアイスを買っていった。また飲み会やりたいなあ・・とか思いながら夜勤は終わり、また悲観主義者の家へ。

そして朝ごはんを食べ、毛布を借りて寝ていたら午後2:30になっていた。まあもう遅れはしょうがないのでとりあえずラウンジへ。と、その前に格納庫に寄ったらうちのパーリーのOCR HB1が置いてあった。おーほんとにカーボンバックだとか思ってみていた。

その後、ラウンジで前パーリー様と話しているうちに、ピンク色のハロゲンを買いに行った皆様が帰ってきていた。その後、縦柱(だと思う)を多少作って、なんだかおのおの本を読んで、格納庫へ。そこでしばらく待ってミーティング。どうやらフェアリングの設計はサンクスの先輩のお方によって出来上がったらしい。来週からぼちぼち製作とか。

それから飲みに連れてかれそうになったが、1年はアウトらしい。そこでほっとしつつ帰った。そういえば次世代設計者(?)が手に入れたノートのバッテリーがないのがどうにかならないかなあ・・という話をしたりしつつ、帰った。電車の中ではトキオという本を読んでいた。

そういえば春から自分以外の家族は生活がだいぶ変わるようだ。下の弟は高校入学、上の弟は浪人かもしくはこれから発表の国立に奇跡もしくは採点ミスで入学、父親は単身赴任から帰ってきて東京住まい、今年まで某大学の公開講座に通っていた母親はとある専門学校に入るらしい。変わらないのは自分だけという風にならないようにいろいろやらねば。