2007年 11月 の投稿一覧

結局授業前まで寝てしまう木曜日

木曜日は授業が5限からなので油断していると5限前まで寝てしまうわけなのだけど、今日はやっぱり油断して寝てしまった。というわけで起きて学校へ。しかもこの日はテスト。テストなのに何も勉強していなかったというか寝ていた。でも多分勉強してもあんまりテストには結びつかないんじゃないかなとか勝手に思ってた。

5限はEnglish Forum。テストで紙が配られて始まった。内容はA4二枚の英文を読んで1.何が起こったか、2.その理由は何か、3.このケースから考えられることはという3つの問題に答えるというもの。やっぱりあんまり勉強しても報われないテストだった。俺は旧共産圏とアメリカの情報機関の陰謀だ!とアメリカB級映画の見過ぎな解答を英語で書き、終わった。終わってからひろきに聞いたら授業中にやったこととからめたと言っていた。やっぱり俺の解答は暴走していたようだ。

6限は生物。英単語を覚えつつビデオを見た。ドーパミンが出過ぎると鬱になるという話がやっていて、じゃあてっちゃんはドーパミンが出すぎているのかなと思った。しかしこの生物の授業は後ろの方がうるさくてイライラする。授業中に注意されても喋るとかお前らは学級崩壊した小学生か!と思う。そして俺はいつから真面目に授業を聞くようになったんだろう。高校のときは授業なんて聞いたら負けだと思っていたのに。

忍野八海と道志川と水域:山中湖旅行2日目

便所の前で寝ていたらてっちゃんに起こされた。8時にお湯を沸かして昨日寒い中買ってきたチリトマトを食べた。そのあともインスタントのものを作って食べ、出発。タカフはいっつもラストに起きる気がするな。トレーラーハウスを後にして忍野八海へ。と思ったらいきなり車と逆方向に行ってしまった。コンビニで地図を見たらどう考えても俺のほうが遠回りというかもはや逆方向。

遠回りしてがっかりかと思いきや途中の道はほんとにきれいだった。俺が自転車で走ると落ち葉が逃げていくように待って、横には富士山。ああこれは遠回りしてよかったわとか思いつつ到着し、うろうろして車を発見し、中へ。そうしたらみんなと出会った。

相変わらず湧き水で異様に透き通った池はきれいだったし、深い水の中にはサケ目の魚が泳いでいた。でももう何年も前に行ったときよりずっと観光地化していたのはがっかりだった。地元的にはそれが必然の方向なのかもしれないけれどどんなにすばらしい場所でも観光地化によっていずれそれ自体のすばらしさが失われてしまう気がする。ああいう水のきれいな場所が残ってほしいなと思う。

忍野八海の池のひとつ。

茅葺きと自転車。

その後、穴に行く車の人たちと別れ一人帰路へ。適当に進んでいたら山中湖に着いたので内回りで平野方向へ。道は秋が詰まっていた。

山中湖畔から湖方向。

富士山と空。秋は空が高い。

山中湖平野のコンビニにいた猫。俺の趣味のひとつ=出かけた先での地元の猫撮影。

コンビニでイチゴ牛乳とジャムパンを買って道志みちへ。昨日は暗かったから分からなかったけれど道は落ち葉と紅葉で美しかった。もう1,2週間くらいしたら山が燃えたように紅葉するんじゃないかと思った。でもそういうのは植生によって決まってくるのかなあとも思った。

こんな道をまずは登る。

山伏峠のトンネルの脇のところ。

峠は下りに入ってひたすら下る。車がこなければ風切音と自転車のラチェット音しかしない。黄色に染まった木と澄んだ水が流れる道志村の用水の道が本当にきれいで、ひたすら見とれていた。まさに自然と一体になってる気がする。ブレーキをミスるとほんとに自然に還ってしまうけれど。

山。紅葉のピークはまだかなという感じ。

道志川。多分この季節しか見れない光景。

山。やっぱり山伏峠より下はまだ緑が濃い。

写真でよくわからないけれど落っこちたら即死の高さ。道志川はきれいだった。

「人間がかかわっている」自然と混ざった「水域」っていうのが小学生からの俺の理想郷なのでこういうのが見られるとほんとに泣いてしまいそうになる。秋って空気が薄い気がしてあんまり好きじゃないけど今日は好きだった。道志川とその水域は美しかった。日本に生まれてよかったなあとか思いつつどんどん下っていたら山をいつのまにか過ぎて相模原へ。

橋本についてからまた町田街道→尾根幹で帰る。何故かここで激しく疲れて尾根幹では目も当てられない速度で巡航。中央分離帯の植生が気になった。ススキがクズにからまれているからもう何年も経っているんだろうなあと思った。実家に到着してシャワー浴びて仮眠・・・と思ったら必要以上に寝てしまって、せっかく授業に行くために帰ってきたのに授業に間に合わなくなった。情けない。

2日で走った距離:233.52km

時間:11時間23分

最高速度:64.4km/h

平均速度:20.5km/h(多分これは夜中にコンビニまで1時間以上歩いたせいだからほんとはこんなに遅くないはずw)

傷めた場所:左脚の関節

幸せな自転車と腐った脚と山中湖で夜の行軍:山中湖旅行1日目

4日の朝、普段の行いが悪いおかげであまり眠れず2,3時間寝て起きて荷物だけ持って馬場へ。もう集合時間の10時過ぎてるからみんないるかなと思ったらやすしかいない。とりあえずやすに荷物を預けて待っていたら人が集まり始めた。俺は自転車で行くのでそこから帰って準備をした。走ることが目的でなく手段だけど荷物は少なめであることにこしたことはないのでパンク修理系のものと鍵、ハートレートとウインドブレーカーだけ持った。この前の風張峠で寒さにはこりたから。

とりあえずルートは、

明治通り→甲州街道→鶴川街道→尾根幹→町田街道→413号→道志みち→山中湖CR→旧鎌倉街道

で。まず理工展へ。時間がないのでスピーカは作りたかったけれど作れなかった。前日に行っておけばよかった。ヤンが10時集合って言ってたのになあとか思う。外で機体を展示していて何人かと話したけれど去年とはフェアリングのできは雲泥の差だなあと思う。思えば3泊4日とかやってたのが去年だった。

天気が良くていい感じ。

フェアリング。フィレットも全部ついてる力作。

この時点ですでに12時少し前だったので時間的危なくなってきた。途中で実家によっておにぎりをあっためたのだけど、そこで荷物を整理していたらウインドブレーカーを置き忘れてしまった。格好は下コーデュロイで上がボーダーのロンTというこれから山中湖まで行くとは思えぬ格好だったのでここで置き忘れたのは致命的だった。

尾根幹。ローディが結構いた。

たまに出会う人たちは俺の中途半端な格好がおかしいのではないかと思ったのではないかと妄想した。

尾根幹はアップダウンをひたすら繰り替えす道で、人工的な広い道。しかし同じような地形が繰り返すから自分が進んでいるのかわからなくなるな。町田街道で橋本に向かい、橋本で413へ。山中湖に自転車で行くのはタイヤバーストで引き返したのを含めると4回目なのでもう道は覚えてる。時間があまりないので休憩はほぼ無し。最後の曲がり角を曲がって「山中湖46km」の看板が見える。

天気は晴れていて気持ちよかった。時間はないけど。もうこの時点で15時くらいなので帰ってくるローディと結構出会う。あの人たちはこんな時間から上るなんて、と思ってたんじゃないかとか思った。調子は悪くなく結構予定通りに進む。でも段々曇ってきて、さらに陽が傾きかけてくる。つまり暗くなってくる。不安は増す。

道志の道の駅で。秋が感じられる。

進むにしたがって紅葉は濃くなってくる。相模原ではまだまだだと思っていたけれど。最後の山伏峠は今までで一番楽だった。多分今までで一番荷物が少ないからだと思う。しかしどんどん暗くなってくる。それから道の駅から峠まではほぼ8.0kmくらいだった。毎回長さを測っては忘れるのだけど。

峠から下を見たところ。すでに陽は落ちかけている。

峠からのくだりはあまりにも寒いのでロンTの中に道の駅でもらってきた紙を入れて降りた。でもかなり寒くて限界が近づいてきた。平野まで降りると剣道部の合宿を思い出す。山中湖を内回りに半周して逆サイドへ。すでにこのころ真っ暗で車がこないと殆ど見えなかった。逆サイドのセブンで初の補給。ホットココアとジャムパンを食った。そこからさらに真っ暗な旧鎌倉街道を走る。

目的地らしきところについたときにはかなり寒かった。真っ暗な上に誰もいなくてほんとにここなのか心配になってきていたら、管理人のおばちゃんが来て中に入れてくれた。トレーラーハウスに泊まるの初めてで色々観察した。ドアのたてつけとか便所のドアがないこととかがアメリカンな感じだったけれど快適だった。待っていたらみんながついた。

キッチン・便所・シャワー・テレビ完備。暗くてなんだかよく分からない写真だけど。

外でタカフとやすが火をおこしているのを見つつ中でまったりしていた。そのうち買出しに行ったてっちゃん+アラレが帰ってきてバーベキューが始まった。ビールで乾杯。肉と焼きそばとか食べた。ギターがあったのでギターを弾いたりして、そのうち寒くて中に入った。中は暖房が効いているのでみんな眠くなってきてどんどん寝始めていた。さらに時間が経ってみんな寝るモードになったので外に買出しに行くことに。

俺が自転車で近いと思っていたローソンは意外に遠くて寒い中てっちゃん、タカフ、きみちゃん、俺の4人はとぼとぼ歩いた。しかし寒かった。ローソンで色々買った。外でアイスとカップメンを食って復活し帰路へ。帰りにお稲荷さんへ。鳥居をいくつもくぐって狐ににらまれつつ鈴を鳴らそうとしたらパッと明かりがついた。そういうしかけになっていたらしい。

帰ったら2時ごろであんまり飲まずにみんなが寝てしまった。しょうがないので歯を磨いて布団を集めて廊下で寝た。どうやら布団はぷん太のを奪ってしまったらしい。

フェアリングとマイク

この間の自転車の次の日に125の企画があって、プレゼン40枚を10分で作っていったらいらないって言われ、後ろのほうでドキュメンタリーを見た。俺はインタビューを受けた覚えが殆どなかったので一回自分のクネクネした姿を見たのと、あと本番前のときだけだった。全く覚えてなかったけれど。それが終わって微妙な時間が過ぎたあと、ひろきのうちへ。途中で高校の同級生に会ってびっくりした。

ひろきハウスでカレーを食べて多少飲んで、そのままカラ館へ。なんかまたホルモンとか歌って、リンキン歌って、てっちゃんにマイクをぐりぐりしたりしていたら流血していた。そのあと魂が抜けたてっちゃんを見て笑いつついろいろ歌った気がする。なんかひろきがアップしてたカラオケで歌うひどいてっちゃんをあとから見て笑った。しりとりとかしてた。

やがて朝が来てカラ館を出て、外で残ったやつをタカフが飲んで、帰宅。そのあと家に引きこもり、さっきフェア飲みに行ってきた。行ってみるとやのまちゃんがスピーカを持っていて作ればよかったなと心から思った。居酒屋に行って最初のほうはずっとMarkと軌道エレベータの話とか、OAUGDPの話とか、サイボーグの話とかをしていた。それは結構楽しかった。OAUGDPは下記参照

http://www.atmosphericglow.com/technology/OAUGDP.html

そのあとてっしーさんが話てた植木をなぎ倒した話とか聞いてちょっと惚れたりしたあと、k先輩となんか坂の上の雲の話とかをしていた。そんな話するの久しぶりだなあと思った。話をしていたらまた読みたくなってきた。児玉源太郎とかかっこいいと思う。日露戦争後の講和の条件が大東亜戦争につながったという意見はある程度あるかもしれないけれど、やっぱりそれも「日本のどこが悪かったか」を探しているに過ぎないんじゃないかと思う。自分だけですべてが決定するなんてことはないのじゃないかなと思う。

飲みも終わって駅でしんぺーとパイロット的な話とかフェアリングとか全体とかまあ鳥の話を少ししていたらペラの3人と出会った。カツジの3秒テクニックにびっくりしつつ、大ちゃんとカラオケ+麻雀をやろうと言って別れた。家で雪風のエピソード1と秒速5センチメートルの「桜花抄」を見た。雪風は映像凄いけどよくわからんかった。秒速のほうはいい話だなと思うし、新海誠の絵が凄いわ。と思った。

明日は山中湖に行くらしい。ついでに明後日は授業があるのだけれど授業行けなかったらやだなと思う。山中湖寒いだろうなあ。