Pixel 3a購入イニシャルレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
         

使っている携帯電話の動きが非常にもっさりして来たので買い替える決心をした。いままで使っていた電話はMoto g5 plusという機種で、2年半前にアメリカで購入したものだ。今回GoogleのPixel 3aに買い替えた。買い替えようかなとここ数か月考えていて、ちょうどブラックフライデーで$299に値引きされていたので買うことにした。

友達からもおすすめの声が来ていた。

 

購入場所

Best Buyで購入。Amazon、Best Buy、B&Hなどで同じ値段で売っていたが、Best Buyだと近所に実店舗がありすぐ受け取れるためにBest Buyにした。準備ができたメールがきたので、夜受け取りにいったらPixel 3aの箱がボコボコだったのでBest Buyではもう買わないことにしようと思った。

B&Hでは値段はいっしょだったが、3か月無料Simカード(Mint Mobile)がついてくるという話だった。これはだいぶ魅力的だったが、すでにSimカード持っているのでいらないかなと思ってしまった。今考えればこれを買ってキャリアを乗り換えてもよかった。

ぼこぼこの箱

初期セットアップ

箱を開けて、いままで使っていた携帯電話から取り出したsimカードを入れる。

説明書を確認すると、前の携帯と線でつなげと書いてある。そこで、今まで使っていた携帯であるMoto g5 plusとつないでみた。なかなかデータの移行がうまくいかないので、Moto g5 plus側のUSB接続時のモードが問題だろうと思い、数回リセットして試したらうまくいった。重要なのは、USB接続を充電モードとデータ転送モードを数回切り替えて一からやり直すことであった。

Tap for more optionsを押して

Transfer filesに切り替える。一度では失敗するため、何回か行き来する。

アプリはだいたい移行された。が、一部移行されなかった。移行されなかったのは全体の2割くらいか。あと、SDカードの中に入っているデータも移行できなかった。これらは個別に必要なものだけ今後移行していこうと思っている。データ移行をコードでつないでできるというのはすごい良いアイディアだった。

初期セットアップは上記のデータ移行以外はスムーズに終わった。

前の携帯電話との比較

カメラ

カメラは圧倒的にPixel 3aのほうがよい。Moto g5 plusはそれほど悪いカメラではないはずだが、やはりPixel 3aのいいカメラに比べると圧倒的にレベルが違う感じがする。とくに夜撮影するときには大きく異なる。夜間ポートレートはびっくりするくらいきれいにとれる。ただ撮ってから保存されるまで若干時間がかかる。

動きの速さ・指紋認証センサ

圧倒的にPixel 3aがよい。Moto g5 plusもはじめは早かったのだが、数回のAndroid OSのアップデートを乗り越えた結果、ものすごく遅い携帯となってしまった。特に違いを感じるのは指紋認証とカメラ、Pokemon Go。Moto g5 plusは指紋認証が5秒くらいかかっていたし、カメラの起動も10秒くらいかかったし、Pokemon Goはしばしばフリーズしていた。Pixel 3aは特にこれらについてストレスを覚える瞬間はない。

ただし指紋認証のセンサの場所が変わったのはすこし曲者である。Moto g5 plusは伝統的な指紋認証センサの位置だが、Pixel 3aは背面の真ん中付近に指紋認証センサがある。指紋認証センサは感覚的に使用するため、いまでも位置を間違えることが頻繁にある。同時に、使える指の位置が限られていた。私は肌荒れによりしばしば指紋が変化するのか携帯に受け付けてもらえなくなるので、肌荒れの少ない部位を指紋の代わりに使っていたのだが、これがPixel 3aでは受け付けてくれなかった。

アプリ互換性

素晴らしい。Moto g5 plusはたまに使えないアプリ(Fitbitとか、Safewayの給油アプリとか、Google Payとか)があったがPixel 3aは今のところそういうのがない。

Google Pay

Google Payが使えて便利である。日本ではGoogle Pay、またはApple Payが普及しているかはよく知らないが、シアトル近郊ではこれらのContact less決済サービスが使えるお店が多い(スーパーは大体使えるし、ガソリンスタンドでも使えるところあるし、レストランでもおしゃれ目であれば使える可能性が高い)。クレジットカードがなくても何とかなるので非常に便利である。各種スーパーのポイントカードなどもGoogle Payに入れられるのでいろいろカードを持ち歩く必要がない。

値段

Moto g5 plusはAmazonで2017年5月に購入し、税込み$209。今回のGoogle Pixel 3aはBest Buyのオンラインで購入し、税込み$329.99。$299で売っていたけれど、だいたい消費税が10%くらいなのでそのくらいになる。100ドルすこし値段が違うので、携帯電話にかけるコストを1年100ドル程度とするためには3年くらい持ってくれるとよいなと思う。

Recorder

このアプリはPixelシリーズでしか使えない。リアルタイムで英語を文字起こししてくれる。私はすでにアメリカで3年も働いており、相手が言っていることはだいたいわかる・・のだがやはりわからないときもある。また、なまりのある英語が苦手で、特にオーストラリア英語、イギリス英語のなまりの強い人など英語を母語とするけどアメリカ英語と発音が違う人はかなり苦手である。そういうときにこれを忍ばせておけば、何を言っているかがわかる。

試しに、オーストラリア英語を話しているひとに対して使ってみたがかなり精度よく聞き取ってくれた。ちなみに自分でぼそぼそ英語をしゃべっても結構聞き取ってくれて便利である(もちろん発音が悪いとそのままでるため、LとRをかなり気を付けて発音しないと逆転して記録される)。

充電

曲者なのは充電である。USB-Cのケーブルが必要である。同梱されているのは下記。

  • USB-C (Male)- USB-C (Male)ケーブル (両側の端子は同じ)
  • USB-C (Male) – USBアダプタ
  • USB-C (Female) – 電源コンセント

これらがあればとりあえず充電はできて昔の携帯電話からのデータ移行はできるのだが、たとえば車で充電したいとか考えると、普通のUSBから充電するためのアダプタが必要である。USBをUSB miniに変換するアダプタか、USB-C (male)をUSB (male)に変化するアダプタとかが必要だ。これから考えてみないといけない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください