2006年 11月 の投稿一覧

無駄なことを

今日は朝起きたらあんまり調子よくなかったのだけれど、時間もないので学校へ。途中で自転車に乗っている人が多いなあと思う。歩くの遅いので、早く自転車が使える環境が復活しないかと思う。

最初にメカトロ。今日はDCモータ。たいしたことない実験だった。でも実際にフィードバック制御がかかってるのが面白いなと思った。メカトロってプログラミングみたいなんだなあといろいろ思う。途中でノートチェック。採点ないのかと思いきや、ひそかにTAが点数をつけているのが見えた。まあ俺は考察ほとんど書いてないので評価は悪かったのだけれど。

昼にはてなグループでちょっとプロジェクトを作った後、格納庫に行ってトレーニング。横ではなんか主翼な方々がなんか作ってるみたいだった。トレーニング自体はだめだめな結果。やっぱり最近自転車乗れないのと、救急車がよくなかったんですかね。間に合わないとかなったら悲しいからしっかりやろうと思う。最後にドイツ語わからなかったところをヘルマンに聞いた。だいたい自分の解釈であっていたよう。

その次にドイツ語。今日は訳さなければならない日だったので一応流れをちゃんとつかんでいた。というか昨日の帰りに気になって本屋で

トリスタン・イズー物語 (岩波文庫)

を立ち読みしていたので流れはだいたいわかった気がする。でもずいぶん話の内容が違う。昔々の話だから、いろんなとこに伝わったり解釈を加えたりしてバリエーションが増えていったんだろうなと思った。

さらに流体。最初に演習。またポンプかよって感じなポンプな問題に飽き飽きしつつ解く。それが終わったら大量の人が出て行く。まあ聞く価値ないしね。と思って熱のプリントに悩んでいた。途中でなんか演習とか書いてある。これ提出なのかなと思って、いやだなあと思って見ていた。

¥frac{¥partial}{¥partial t}¥iiint_V ¥mathit{¥rho}dxdydz+¥iint_{S} ¥rho¥vec u¥!¥cdot¥!¥vec ndS=0

¥frac{¥partial ¥rho}{¥partial t}+¥frac{¥partial (¥rho u)}{¥partial x}+¥frac{¥partial (¥rho v)}{¥partial y}+¥frac{¥partial (¥rho w)}{¥partial z}=0

ってのにするってので、まさにガウスの定理だなーとか思っていたらタカフが果敢にfuckinなやつに講義しにいっていた。おーどんどんやってしまえと思っていたら、途中でやめたようだ。適当に書いてまた熱をやっていたら授業が終わった。その後、端末へ。

ネットでニュースをみてみる。asahi.comより引用。

自転車、歩道走行認めるルール作り 事故急増で警察庁

2006年11月30日17時42分

 自転車が走るのは歩道か、車道か――。道交法上は「車両」として、車道通行を義務づけられながら、実際には歩道走行が黙認されてきた自転車のあいまいな位置づけを警察庁が約30年ぶりに見直す。歩行者をはね、自転車が「加害者」になる事故の急増を重くみた。来年の通常国会に提出する改正道交法案に歩道を走れる要件を定め、位置づけを明確化する。

自転車の事故件数の変遷

 国民の3人中2人に普及する身近な自転車だが、「車道の左側端を通行する」と定めた道交法の原則は78年以降、変わっていなかった。「自転車通行可」の交通規制がある歩道が約4割にとどまっているなかで、多くの自転車が歩道を走り、一方で検挙されるケースはほとんどなかった。

 昨年1年間に自転車が歩行者をはねた事故は2576件で、10年前の4.6倍。背景には、自転車利用者の増加や運転マナーの悪化があるとみられ、自転車が関係した事故全体でも1.3倍の約18万3000件に増え、全交通事故の2割を占めた。

 また、健康増進や環境保護対策の観点からさらに自転車の利用増加が予想されるため、同庁は4月、識者がつくる懇談会に、自転車の安全利用のあり方について諮問し、30日に提言を受けた。

 改正法案では、車道左側端を通行する原則を維持するが、「子どもや高齢者、買い物目的での利用」と、「車道通行が著しく危険な場合」に限って歩道走行を認めるべきだとした提言に沿って、具体的なケースを規定する。

 また、昨年の自転車乗車中の事故死者846人のうち、約7割が頭部損傷が死因になったことがわかり、幼児・児童を中心に自転車利用者にヘルメット着用を求める規定を改正法案に盛り込めないか検討する。

どうやら、警察はまた非常識なことをはじめたようだ。

またこれで日本は非常識な国になっていくのでしょう。

今までの「特例で自転車が通れる歩道」でさえ奇妙な法律だったのに、自転車が通れるようにするってことは道路交通法第17条を改悪するってことなんだろうけど、こんなのは日本だけだろうなと思う。自転車は車道を通るものってのは世界の常識なのに。歩道は歩行者道であくまで歩行者のもの。この改悪を考えたやつは普段自転車なんて乗らないやつなんだろう。この記事みただけでも、「自転車が歩行者をはねた事故は2576件で、10年前の4.6倍」なのに歩道に自転車を乗せればもっと加害者が増えることなんて矛盾に気づくだろうに。

殉死

月曜は朝から晩まで授業があったのだけれど、朝の解析の時間に悲観主義者からバッグを受け取り、なんだか毎回同じようなことをやっている問題をといたり、対数方眼紙がなくてもらったりしていた。最後の演習のグラフをでっちあげ、急いで走った。

というのもこの時点でこれ以降の授業の教科書を持っていなかったため、取りに行く必要があったので。自転車でなら片道6分なのだけれど、歩くと30分かかってしまうので、昼休みの50分で往復するにはきついので走る。そしてなんとかたどり着き、教科書だけとってまた走る。ずっと走ってた気がする。というわけでそのまま英語。

この前の惨事の際に俺が英語を話していたとかさまざまな方面から聞いたものの、いきなりそんなもんが出てくるのかなと英語の時間に思っていた。確かに英語の授業の聞き取りくらいなら大体わかるけど、受動的ではなく能動的に話すことなんてできるのかなと思った。アメリカにいるわけでもないのにね。というわけでなんかunit quizとかあって、その後GREの問題とかやって終わる。

最後に熱。なんか話していたようだったが、この時点でまだ多少三日酔いだった俺は寝ていた。最後に少し起きて教科書みて終わる。演習はエクセルギとか求める普通な問題。終わらなかったら来週レポートとか言っていたので、レポート用紙と時間を無駄にしてそんなことやるのは絶対にいやだと思ってなんとか時間内に終わる。

さらにその後、家に帰りひたすらDreamweaverでテーブルをつくりまくってなんとか終わらせたのが午前6時半。そこから寝て、起きて13時過ぎになった。というわけで材力へいこうと思いきや歩いていったら15分くらい遅刻。というわけで前のプリントもなくなっていたし、教科書もノートも持っていないので、抜け出して図書館へ行ってほかの材力の本を借りてきた。授業を無視してその本で授業の内容を理解し、演習へ。ちなみにその本だけでは暇だろうと思い、オープンソースがなんとかって本も借りてきた。

演習はむしろ授業聞いていたやつらよりわかってた気がする。やっぱ勉強は能動的にしないと意味ないものだなあと再認識。その演習をやっているとき、そこらへんを歩いていた教授に「君、**先生の本使ってるの?」とか聞かれた。どうやら見てみたら自分の所属する学科の昔の偉い人が書いたものだったらしい。

その後、メガネ直して、CSSとか直して、帰宅。帰宅途中に立ち読みしたので帰ったら24時過ぎだった。それからご飯食って風呂入って寝て、起きた。起きたら8:30で、ご飯食べて家を出る。ひたすら歩き、病院へ清算に。病院の場所はよくわからなかったけれど、適当に歩いていたらあった。1/3くらいお金が返ってきた。でも鍵見つからず。

というわけでそのまま歩いてきて端末へ。MATLABでprelabをやって今に至る。

*1後日談

*1:二次会ではまだ人間だったらしいという話を聞いてよかったなあと思う。そしてそれからヒトでなくなっていろんな人に助けてもらったようだ。やす・ひろき・悲観主義者・しゅーへい・うるに特に感謝(らしい)。覚えてないの痛い。

人間の記憶

関係者の皆様本当にすいませんでした。

というわけで昨日は追いコンだったような気がする。追いコンの前にボーリングで何故かスコアがよくて、最初の練習の回ではどうみても最低点だったうちらのチームは何故か勝ったらしい。というわけで罰ゲーム=自分がすることではなくなったので安堵。それから集合して追いコン。

一次会でも結構盛り上がっていた気がする。フェアリングはアラレの「他のパートは役に立つものを・・」っていう名言があったし。というわけで沢山食べて沢山飲んだ。ここでは完全に記憶が残ってて、自転車を移動させて2次会へ。なんだか時間があったようなのでうろうろしたりてつーと英語で話して遊んだりしていた気がする。

それから、二次会の居酒屋に入って、飲み始める。最初に自分とタカフの席がなさそうなのでチャッカマンやろうとか云って盛りあがり、店の焼酎をいろんなところ配って飲んだ。そんなことをしてたはずだった。焼酎をボトルで何本も頼んだあたりまで覚えてる。ハンバーガーとか笑ってたのも完璧に覚えてる。

そして、まさにその次の瞬間、起きたら何故か点滴打たれてた。最初、横にいるのが誰だか分からなかったが(メガネなくて見えなかったってのもあったけど)、10分くらい考えたら弟と父親だと分かった。いきなり記憶が跳ぶと人間混乱するもんなんだなあと知った。終始、「あれえー?」と思うことばかり。医者に大丈夫ってことを伝えて、弟の運転する車で帰宅。

家に帰って寝る。起きてまだ気持ち悪いのでさらに寝る。ってことを繰り返したら夜になった。その間に国家の品格をもう一回読んだ。そうしていたら悲観主義者から電話がかかってきて、昨日の夜の状況をようやく把握した。なんだか話によればパイロットが全滅だったらしい。皆さん申し訳ないなと思った。まさにあちゃーという感じ。金もめっちゃかかったし。

Dreamin of the day we have some alternative plans

さてしばらく書いていない間にいろいろなことが起こった気がするが、とても全部は覚えていないし覚えていないところが人間のいいところであるということもあるので、思い出せることだけ書いていこうかなと思う(人間のこの柔軟な記憶と、人間が発明した柔軟ではない文字の組み合わせが素晴らしい記憶システムなんじゃないかなって)。とりあえず今はタカフさんのうちから更新している以外は普通だ。

  • イベント1

暫定的に家を出て生活してる。学校に今までよりずっと近くなった。なんたって自転車で6分でいける。というところが一番のメリット。そして何もないので、とりあえず帰ったら食べて風呂はいって寝るだけ。いつもなら家に帰ってスタンバってるPCのマウスをずらして起動して、いろいろチェックしたりやりたいことやったりしているといつの間にかもう4時かーとか思って寝るんだけれど。というわけでPC、家では使えない新鮮な毎日。だから家にいるときよりはるかに健康的な生活。

  • イベント2

いろいろとあってDreamweaver8とFireworks8をマスターしなければならなくなった。しかも家でPCが使えないので学校のをひたすら酷使してやってる毎日。最初はレイアウトってテーブルでやるもんで、CSSでやるものじゃないんじゃないかって思ってたけど、どうやら今の常識では逆みたいだなとか素人丸出しのところから始まって、いまや何とか使えるまでになってきた気がする。地球科学の試験中に進化して単位をもぎとったような数日での進化だったw

  • イベント3

全身持久力測定@東体に行ってきた。前回の8月から3ヶ月のトレーニングの成果がちゃんと出ているのかってことを確認しに。自分の感覚的にはさほど劇的に変わっていないような気がしたので、あまり何も考えないでいった。当日は材力が5限にあったわけだけれど、それに全部出ていたら間に合わないので、途中で抜け出して。ついて、WASAジャージに着替えて測る部屋へ。最初、前回と同じように問診用の紙を書いていたら、「風邪引いてるんだったら日にちずらしてもいいですよ」とか言われたけれど、次は12月になっちゃうらしいので変更なしに。

身長・体重、心電図、肺活量とかを計った後に、心電図を測るやつと血圧を測るやつと呼気ガスを測る防毒マスクみたいなの体から色々線を出したまま、エアロバイクにのって計測開始。なんか200W超したあたりでもう微妙だったけど、ラストで374Wくらいまでこいだ。結果は、VO2Maxが前回の119%くらいに上昇した。うーん素晴らしい。でもATは変わってない。

そういや、情熱大陸って番組でフミ(別府史之)のをやっていて、それを3週間くらい前から楽しみにしていたのだれど、楽しみに待っていた分だけいい内容だった。私生活の話とか、食事・トレーニングとかもそうだけど、特にレースが面白かった。Zuri Metzgeteでは150km逃げたとかいっていたし、Paris ~ Toursも見てて凄いなあと。そしてTREKからもらってるロードバイクは150万らしい。やっぱホイールとかが高いのかなあ。

そして、量子力学(ほんとはストリング理論をやりたいんだけど、日本語が分からないので)を一日でやってしまおうプロジェクトとかも進行中。かも。

今日は5つの峠で、パイロット。

さて、今日は朝起きて下に行ったら怒られた。どうやら昨日の夜ご飯で使った皿を洗わなかったかららしい。ということでご飯を水(おかず)で食って、用意。寒いのでWASAジャージ+レーパンの上にオレンジ色のジャージとカーゴパンツを着る。そして、予備用のチューブ、タイヤレバー、水、財布、携帯をジャージの後ろに入れて、出発。k山さんが集合地点まで20分といっていたのでそんなもんだろうと思っていた。

しかし寒い。ああ寒い寒いと思いながらこいだ。朝6時台っていえば一日の中で一番寒い時間帯だし。こんな中走るなんて狂気の沙汰だとか思いながら走っていたら30分ちょっとくらいで集合地点についた。でも遅れてしまったのが申し訳ない。k山さん+レオさんと会ってみると二人ともレッグウォーマー着用。一人だけカーゴパンツでごまかしてる感じだなあレッグウォーマーほしいなあとか思った。

そこから青梅方向へ。道が混んでいてあんまり進まず。結構いったところで右に曲がる。そしてちょっと走ると一つ目の峠へ。でも峠だかなんだかよくわからないまま終わってしまった。そこから結構下って、二つ目の峠へ。でもあんまり覚えていない。あんまり印象に残らなかったのかほかの印象が大きかったのかわからんけど。

それからしばらくいって道があっているのか微妙になりつつ3つめの峠へ。ここはなかなか長かった。上る前に「アタックしてきたりしたら燃えるね」的なことをk山さんが言っていた。ということでひたすらk山さんの後ろをくっついて登っていってたのだけれど、結構きたところで前輪をハスってすいませんと謝り、その後にアタック開始。そのときは予想でHRが160-165くらいの感じだったので、170くらいまであげて(HRMを忘れたので詳しくは不明)抜かした。そのまま多少上ってみると、峠だか峠じゃないんだか微妙になって、後ろ向いたりしていたら抜かれてしまった。

それからレオさんを待って写真撮影。見晴らしはよかった。そういや、途中アタックをかけているとき、ウサギがいた。なんか山肌でごそごそ動いてるなーと思っていたら、ウサギっぽかった。そこで多少休憩してなんか食ったりした後、下る。下っているとなぜか途中で上りが登場したりしてよくわからない峠だった。下った後、よろずやみたいなとこでとまった後、さらに進む。紅葉はまだしていないよう。

4つ目の峠もアプローチは結構あった。いつからかは覚えていないがなぜか先行していたのだけれど、トンネル発見したあたりで後ろからやってきたk山さんに抜かれる。そのままトンネルを抜けると、小沢峠という石碑みたいなのを発見。ヤンもこの前来たとかそんな話をしつつレオさんを待って、出発。しばらく行った後、真っ暗なトンネルへ。ほんとに真っ暗。前のk山さんの頭がかろうじて見えるくらい。その状態自体は非日常的で楽しかったのだけれど、後ろから車が来たときはかなり恐怖だった。

それを抜けて、さらに微妙な坂を上って下ると青梅だった。だいぶ走ってからコンビニに入って休憩。そこでなぜかわからないけれど、自分の自転車がパンクしていた。ということでパンク修理。まあチューブを替えただけだけど。ピルクルとパンを買って食い、出発。そこから結構いいペース(37km/h)くらいで進み、またコンビニへ。その田無まで11kmくらいの地点から俺がひくことに。

いいペースで来たのでいいペースで行くべきだろうと思ってこいだ。でも若干筋肉に頼りすぎていた気がする。信号で止まって発進するときにひたすらトルクだけで出ていたから、筋肉を酷使しすぎたなあとか思いながら。そうしたら結構すぐに田無に到着。そこで二人と別れて、自分の家へ。でも分かれて3kmくらいいったところで左足が激しく攣った。これはさっきの平地で飛ばしたからだろうと思った。

さらにその後、追い討ちをかけるように左足が真上に上げてもバインディングが外れるようになってしまった。ん?マルチリリース?とか思って何とか右足のみでこいで家まで帰った。そして家に帰って見てみると、どう考えてもSLのクリートが限界値を超えていた。こりゃあきついなと思った。道理で今日なかなかはまらなくて苦労したわけだ。新しく買いに行かないとなあ。正面図と側面図。

本日の周回ルート。Alpslab利用。標高(「写真と標高グラフを表示を押す」から)やルートがわかって面白いはず。ただし、道はくっついていっただけなので間違っているところがあるかも。再生押せば再生できて、どのように回ったかがわかる。でも3つめの峠と表記してあるところと標高最高のところとずれている気がするなあ・・。

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=1e41feb9eca85c9951c157972ea37611

本日の結果:

  • 走行距離:121.31km
  • 走行時間:4″55″21
  • 最高速度:65.4km/h
  • 平均速度:24.6km/h

そして、家に帰り昨日の夜からインストールしていたxubuntuはようやく終わっていた。そしてようやく起動できることになった。この話には面倒くさいところがあって、最初インストールしたときは自分のユーザー名がわからず、ログインできなかったのだけれど、何でだかわからないのでまた再インストールを始めてしまったのだ。そうしたらタカフさんが、ubuntu forumからさがしてきてくれた、過去ログに、

  • Xubuntu First Time Logon Problem

Hey all, I picked Xubuntu because it seems as if it might run better on my older (but not ancient) machine.

Everything seems to have installed correctly or at least it didnt tell me there were any errors….HOWEVER

After the install completes and the computer reboots, it goes to a text logon screen asking for my logon id and password.

Now here is the funny thing….I didnt specify any names/logons during the install because it didnt prompt me for any. The only password that I was prompted for doesnt seem to work with any logon names etc that I could think of.

Is there a first time logon name and password that I am not aware of or what seems to be going on here?

Much thanks for any help!!!

こんな質問が載ってて。まさにこれだと思った。さらにタカフさんが一番ラストの回答に載ってるとか言ってて。

  • Re: Xubuntu First Time Logon Problem

I just completed the installation – OEM version (2nd menu item in installation CD). Your user name is oem and the password is what you set. So, it simply doesn’t ask for user name.

あーやっちまったなと思った。ただでさえ時間のかかるインストールが2回目始まっちゃったばっかりだったわけだ。しかしユーザー名oemならはじめっから言ってくれよと思った。ということを乗り越えてようやくインストールが完了したわけ。立ち上げてみて、ログインした。Firefoxくらいは立ち上げられて、やってみた。でも結構時間かかるわ。まったりなようで。しかも言語とキーボードが英語。言語はまだしも、キーボードの配列が違うとわからん(@の位置に迷った)上に、日本語入力ができない。これはタカフさんに聞くことにしよう。とりあえずGIMPでとってみたScreenShot.

その後、今日使った分のジャージとかを洗濯して、干して、シャワー浴びて、昼ごはん食べてってのを一時間くらいで終わらして、また学校へ。さっき攣ったので歩き+電車でいくことにした。電車の中では半寝。そして学校にふらふらになりながらついた。

5限は材力。今日からは先生が変わってエネルギー原理についてのお話。5割くらいねた。別に内容的につまんないorあまりにも高度(俺が寝る条件)だったわけでもなく、疲れからくる睡魔。ということで最後にちょっと演習っぽいことをして、終わる。教科書に同じ問題が載っていたのでなんだこれかと思った。

その後。格納庫に顔だして、帰宅。帰ったら父親が沖縄から持って帰ってきた「久米仙」とか「残波」とかミミガーやらチラガーやらテビチやらとタコライスを食べて、あまりに眠くて眠る。

そんなときは

今日は昼に起きた。激しい筋肉痛とかかと思いきやそうでもなかった。ごはんを食べて、昨日やろうとしていた、家の古い使われてないノートにlinuxを入れようと思ってそれを考えたり調べたりしていた。でも昨日調べた限りではスペック的に足りない気がする。入れようと思っているパソコンのスペックは。

  • CPU:Celeron500MHz
  • Memory:64MB
  • HDD:10GB

なわけだ。そして、入れようとしているディストリビューションを調べてみると、GUIで使うにはやっぱりメモリが小さすぎるようで。自分の中で入れようと候補に挙がっているのは、

  • Fedora core
  • Debian
  • Ubuntu

のどれか。どうやらgoogle trendとかで調べてみると、Ubuntuが熱いらしい。でもタカフさんが使っていたので同じの使っても面白くないなあとか思ってFedora Coreを入れようと思ったのだけれど、メモリは256必要とか書いてあった気がする。それで、もし動かなくなったら嫌だなあとか思ってKnoppixを入れてみることにした。

と思っているともう出かけなければならない時間なので出発。外は雨が降っていた。電車にのって出発。電車の中ではやっぱり

ミラクルトレーニング―七週間完璧プログラム

を読んでいた。うーんやっぱりこれだと中級者用のメニューだと軽すぎるんじゃないかと思った。そして最後のほうのツールの記述を読んでいたら、ああ見てみたいとシリアスに思う。というわけで馬場のTSUTAYAでこの前悲観主義者に頼んだリクエストは?と思って見たが、ほんとにリクエストだしたのかわからんくらい何も書いてなかった。その代わり、

OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実- [DVD]マイヨ・ジョーヌへの挑戦 ツール・ド・フランス100周年記念大会 [DVD]

が置いてあった。めっちゃ借りたいなーでもカードは消滅しちゃったしなあとか思っていたらそろそろ時間で、外に出たらてつーがいた。ちょっと待ってタカフ登場。それから結果的にはおしゃれなお店で飲んだ。バスペールエール久しぶりに飲んだけど、やっぱ上面発酵違うわ。

で、帰ってきてfireworksとか頑張らないと。

まったり幕張

今日はサイクルモードとかいう自転車の展覧会+試乗会みたいなのが幕張メッセでやっているというので、みんなで言ってしまおうとか俺が言い出してそれなりに行くはずだったのだけれど。そして、昨日あさ9:00に馬場集合というメールを回したわけで。

ところがどっこい、3泊4日(4日目は徹夜)の疲れは結構あったらしく、12時間睡眠を敢行してしまい、起きてみたら11:30.あーやっちゃったな・・と思い、携帯を見てみるとメールが朝来ていた。

あー明日謝らなければ・・ほんと自分が企画して何やってんだよなあと思った。

どうやらちゃんと集合時間に来ていたようで申し訳ないなと思いながらご飯を食べ、13:00ごろに出発。もう今から行っても今中大介もバッソも見られないんだろうなとか思い、半分落胆しながら。

新宿までは甲州街道でそこから靖国通りへ。俺の記憶の中では内堀通りを通っていくはずだったのだけれど、どうやら靖国通りで正解だったらしい。そのままひたすら進むと秋葉原とかを横目に見ながら14号線に入る。京葉道路とか書いてある。そいつを進む。下町っぽい雰囲気だ。

しばらくいったら途中で有料道路みたいのが高架を通っててふーんと思いながら下の道を走っていたら江戸川にぶつかって下道は橋を通れなくなってしまった。横にでてサイクリングロードに出てみると馬がいた。しょうがないので江戸川沿いに南に下って橋を探す。ひたすら走ってもなかなか見つからないでがっかりしていたらやっと見つかり、そこから適当に走ったら浦安の駅についた。

ということでコンビニはいって確認したら結構南に来ていたので湾岸道路で行くことにした。去年の夏にディズニーランドに自転車で行ったとき、湾岸道路はめっちゃ怖かった(基本的に車のための道路で、フリーウェイみたいな感じ)ので通りたくなかったのだけれど、近いから行ってみようかと。やっぱり車しか通ってなかった。ひたすら進む。船橋とか船堀とか地名が良く分からなくて後どのくらいで着くのかわからなかった。

で、近くになって15号線っていうのがでたのでそっちを走る。標識には食品コンビナートとか書いてあった。けれど、しばらく走ったらやっと到着。でもどっからはいるのか不明。ということで周りをぐるぐる回ったら分かった。ということで自転車を停めて中へ。駐輪場は分かってる駐輪場だった。

この時点でもう4:30.このイベントが何時間やってるかしらないけれど、もう残り時間が少ないことは分かる。なんでかっていうとほとんどのメインの催しは終わっているからだ。確か有薗のパフォーマンスが4:00からとかだった気がする。ということで、宣誓書書いて、中へ。高校生は無料らしい。

ということでここに来てやっとテンションが上がって、色々なところを見て回った。最初降りたところですぐにカンパのとこがあって、カーボンホイールいいなーとか思ってたら、サイクリングタイムのとこでチームバンの新城選手発見。なんかトークショーみたいのやってた。ちなみに新城「あらしろ」って読む。沖縄つながりでたかふに聞いてみたら「絶対しんじょうだって」って言っていたけれど。レースの話をしてた。

適当に一周してみると、いろいろなバイクが置いてあって、目移り。試乗はどうやら各メーカーのところから借りていくらしい。メジャーなとこのは列が結構できていた。ということでちょっと紹介。でもロード興味ないとあんまつまらんかもw。ピナレロのは今年のツール2位(1位になるかも)のオスカル・ペレイロのと同じモデル。コルナゴはツール(ラボバンク)のTT用バイク。シマノはぴったりはまる靴、我らがGIANTはSRAMのコンポのやつ。コンポ=シマノかカンパの世界を考えると、新しいですな。

というわけで、試乗!何に試乗したいかって最初に考えたときに思い浮かんだのがLOOK595だった。ので、行ってみる。でも残り時間が少なくて乗れるか微妙らしい。前のおじさんが早く返してきてくれたおかげで、なんとか乗れた。感謝。SPD-SLペダルがくっついてないのでペダルは合わなかった。

軽い。俺のロードがロードじゃないみたい。そして乗ってみるとぐんぐん進む。ギヤの変わり方も凄い(まあDURA積んでたし)ということでいいなーなんて思ってしかもその試乗車に乗るのが俺がラストだったので何週もしてしまった。うーんいいなと思うけれど、まあ高いよね。フレームセットで確か¥480000くらい。ってことは完成車で¥700000-800000のバイクなんだろうなと思う。うーむ今改めて思ったけれど、そんな凄いのに乗っていたのか、うーむ。ちなみに写真のサドルにかかってるメットはちゃっかり俺のw

というわけで。試乗が終わってからも色々見て回ったりして、それから終わってしまったので幕張メッセを出た。しかしもっといろんなの試乗したかったなあと思ったし、今中さんの話も聞きたかったなあと思ったし、明日来るヒキタさんの話も聞きたいし別府の話もってことで明日も行きたくなった。でも明日は理工展にいかなくちゃなあ・・。

オーバードライブジャージ。

ということで、コンビニ行って水とパン買って食い、ひたすら14号線を通って帰宅。帰りはひたすら。まったり。って感じで走っていたら着いた。本日の総走行距離119kmくらい。やっぱ長かった。そして家には当然のように俺のご飯はなく、自分で焼きそばとマカロニサラダ作って食べた。そして弟にGANTZ借りて読んでる。