2007年 5月 の投稿一覧

What I’ve done

さていつの間にかはしか休みは終わってしまった。最後のあたりは病院に行ったり、髪を切りに行ったりしていた。髪切るときに、「短く」っていってもうまく伝わらないので、いろんな髪型の載ってる雑誌を持ってきてくれて、そこからテキトーに選ぶのがいつもなのだけれど、今回もそんな風にして選んだらめっちゃ短くなってしまった。この短さは幼稚園以来くらいではないかw

そして様々な課題はなんで終わっていないのか。こんなに休みがあったのにもかかわらずレポートが終わっていないというのがやっちゃった感が非常にある。ロードはいまだに行方がしれない。2004年のジロでアシストだったにもかかわらず優勝しちゃったクネゴも乗ってたアルミフレームCAAD8を買ってしまおうか。そうしたときの気になる点は3つある。

1つ目はお金が足りなくなるんじゃないかという不安。というか多分足りない。銀行と証券と財布の中身をすべて現金化すれば多分買えるかもしれないけれど鳥コンとか行けなくなるかもw。2つ目は納車が遅くなったら意味ないということ。3つ目はもしかしたら買ってる間にTCRが見つかってしまうかもしれないということ。4つ目はCANNONDALEが来期モデルからCAADシリーズを廃止するという話があるってことで、そしたら買った途端に型落ちというかもはや存在しないシリーズにw。まあ型落ちだっていい自転車なら全然いい気がするけれど。

いつの間にかジロも終わりに近づいてきたし、見に行こうと思っていたTour of Japanも終わってしまった。最終ステージの東京では例の大井埠頭をぐるぐる回る回るコースでnippo-の新城が優勝したらしい。驚くべきはその平均速度。距離は148.9kmでタイムは3:08:24ということは、単純計算で平均速度47.4km/h。速え・・。さすがプロは違うというかもはやそんな速度で巡航できるのか?と思った。

そして白夜行の後読んだ本3つ。

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)世界の中心で、愛をさけぶ世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白

この3つ。まず陰摩羅鬼の瑕は京極堂シリーズの今までのストーリーの広大さから比べれば 起きる事件が小さいし、怪しい奴も少ないし珍しい作品だった気がする。哲学的な話(ハイデッガーとか出てきた)とか葬儀の話とか。2つののは話題になったあれだけど、なんか別に感動しなかった。というかなんであんなに売れたのかと思った。3つ目のは事実が書いてあるならびっくりな内容。これなら、家で寝てるときにグサッと刺されて「せめて鳥コンに出たかった・・」とか重いながら死んでしまうことも日常になりそうだ。

朝から都内周遊

今日は朝から180に連れられてラジコンを飛ばそうと戸山公園へ。しかし6:30くらいに行ってみたところ、すでに草野球だか少年野球だか分からないけれど練習していて無理だった。そこでどうしようかと少し考えたあと、広いところと言えば皇居だ!ということで自転車を走らすことに。朝早くからクロス+ママチャリ with 巨大なラジコンというコンビで早稲田通りを東へ。

武道館のあたりを過ぎ、皇居を右回りに回る。するとそのうち大手町に着いた。ちょっと行けばもう皇居の前の巨大な広場が出現する。朝だっていうのに陽が照っていてめっちゃ暑かった。「ここ入っていい場所なんだろうか」とかビビりつつ、その広場の巨大さにびっくりしていた。ほんとここなら試験飛行でもできるなあっていうくらい広い。

横の道。都会のど真中なのにひたすら広い。

大手町側を見たところ。

そこをラジコン持った怪しい奴がやってきた。

飛ばそうかと思ったけれど、不敬罪で捕まるんじゃないかとか皇宮警察に捕まるとか笑って、結局飛ばさずに帰ることになった。ということでそれから多少大手町を見学。去年行った産経新聞の変な形のビルとか、180が聞きに行ったという経団連のビルとか。出勤してくるサラリーマンたちが結構いた。朝から遭遇してしまわないうちに帰ることに。

アヒルがいた。

帰りも右回りで帰った。皇居の回りは昼に行くと色々そのまま名所めぐりみたいになって面白い。大手町からちょっと行くと警視庁があって、最高裁があって、それから国会議事堂とか出現する。のだけれど、靖國神社の前で曲がったら完全に迷った。とその時は思っていたけれど、実は全然勘違いしていて、イギリス大使館の前だった。

そこから楽しく迷っていたら、180が朝ご飯食べたいとか言い出した。いつの間にか逆方向の赤阪まで来てしまったのでそこから東宮御所沿いに四谷へ。セブンがあったので通勤するサラリーマンに混じってアイスを買って食った。でも今から考えると結構回り道してるなあと判明。後から地図見ると色々わかって面白い。というか迷ってから迷うことを楽しもうと思うと方向感覚がゼロになることが分かったw。

白夜行幻夜

そういえば白夜行を全部読んでしまった。ほんと面白かった。俺は本を読んでいてほんとに面白い(興味深い・ドキドキする)と面白泣きをして興奮してしまうのだけれど、ちょっと面白泣きした。読んですぐもう一回読みたくなってしまう。でもそれも時間がもったいないような気もする。幻夜も読んでみたい。明日にでも買ってこようか。

風呂つきトレーニング

また長い間ポストしなかった。この間に、さまざまな出来事。まず新歓合宿。ついてレポートを書いていたらロード組が到着。下りで冷えたらしくめっちゃ寒そうだった。いろいろあって平均速度が出せなかったらしいけれど、よくやった奴らに拍手だった。俺らも同じように震えながら雨風の中で去年ゴールしたのを思い出した。最後になって欲を出してスプリントした俺を覚えているw

そんなわけだけれど、今回の新歓合宿は俺が今まで行った新歓合宿で一番ぬるかった。パイロットだからもちろん、今まで二回のように徹夜はしないだろうと思っていたけれど、でもぬるかった。あまりにも飲み(まあ俺は飲めないけれど)がぬるかったので一人でイライラしていた。

ビンゴで当たった招き猫。

部屋に帰って寝て、次の日にバレー。なんだか今年はどこのチームも結構本気でやっていた。チームフェアリングは女子ハンデルールもあって立て続けに3連敗し、負けリングなどとささやかれ始めた。これではいかんと思っていたらその次と次に勝って結局2勝3敗で終わった。駆動が優勝。

その翌日、内燃の再レポが結局最後までわからないまま、研究室に質問に行っても本庄に行ったとか抜かしてだめだったので出した。それから製図室で製図とかをやっていたらなんだか騒ぎ出した。どうやら麻疹で学校が休みになったらしい。なんだか詳しい情報が入ってこないまま製図室を出て事務所へ行ってみた。まだ協議中だったよう。

その後図書館に行ってから格納庫へ。みんな集まっていた。これからどうするかについて色々話をして、その後、フェアリングの作業。なんだか一気に出来上がってしまった感のあるフェアリングの荒やすりとか横柱作りとか。それが中途半端なところで9時になったので帰宅。明日からどうなるんだろうとか思った。

そして今日、白夜行を読んでいたら時間がたってしまったのでフレンド商会に行ってから東体へトレーニングへ。フレンド商会にはCAAD8.1が安くなってないか見に行ったのだけれど、そもそも売っていなかった。その代わり2006のR700が150000円を切る値段。旧105で9速なのがあれだけど、フレームはCAAD8だからあれでもかまわない気もしてきた。

フレンド商会。思ったより客いなかった。

その後、東体へ。プリペイドカードの領収書をもらった後、もう料金を払ったことになっているのにさらに買ってしまった。ということで受付のお姉さんに迷惑をかけた。その後、高速で着替えてジムへ。夜だって言うのに多くの人が動いているから凄い熱気。そしてその熱気は大きな敵となるのであった。

テレビを見ながらできるし、さらにHRM付きだし、いいかと思っていたけれど、熱気でダウンした。人が少ないときに行ったほうがよさげ。その後、もう一つのエルゴメータに乗ってみた。こっちは車のクーラーみたいなのが一台一台着いていて面白い。けれど、出力が同じでも後に乗った奴のほうが重く感じた。

終わって全身びしょびしょになりながら風呂へ。シャワー浴びてから風呂に入った。風呂でストレッチとかしつつ入っていたら、隣にでっかい白人が入ってきた。白人も日本式に素っ裸で入るんだなあとか思ってどんな体か見ようと思ったけれど、極度の近眼の俺には何も見えなかった。

帰ってきて、疲れたことが分かった。でも夜の都会の道は空いていて走りやすいしいいなと思った。

物理の本を読むインド人

今日は朝起きてトレーニングする予定だったのだけれどそのまま寝てしまった。起きたのは11:30くらい。結局11時間くらい寝てしまったわけだ。明日からはちゃんと睡眠時間をコントロールしよう。起きてからご飯を食べて製図へ。

3・4限は製図。もう検図は終わってしまったため今日は暇だったのだけれど、新しく出たレポートとまだやってない六角ボルトの製図があったためそんなに暇でもなかった。というかそれより今日やろうと思っていた実験のレポートを家に忘れて来たのが痛かった。今は再々レポ・再レポ・レポと3つ順調にたまってしまった。やばいやばい。

5限は熱。いつものように全然進まない授業であったけれど、そんな授業が一個くらいあってもいいなと思った。先生がどの研究室かを聞いていくので、「あいつはあそこの研究室だったのか!」と分かって面白い気がする。

6限はゼミ。いつもは木曜にゼミなのだけれど今日は先生が実験を見に出張なため水曜に。今日の内容は陰解法スキームの輸送方程式と熱伝導方程式・ラプラス方程式の数値計算。こりゃなかなか激しいなと思っていたが、今日発表だった奴はスラスラと解説していた。俺より多分1.5倍くらいの速度で理解できるのではないかと思った。

来週は誤差解析・多重格子。今までも物理というより数学的だったけれど、来週はまるっきり数学な気がする。ちゃんと読んどかないと絶対に分からんわw。それから英語の本。これまでまったり読んできたけれど、それじゃ全然終わらないって事が分かったので、来週からは猛烈なスピード(30分で30ページくらい進むw)で進むことになった。まあその方がいい気がする。

その後格納庫へ。トレーニングしようと思ったらHRMを忘れていたのに気づき、家でトレーニングすることにしたのだけれど、格納庫で人と話していたら帰る時間が遅れてしまった。この格納庫の話ができる雰囲気が好きだけれどもうあとこれも2ヶ月ちょっとしかないのか、と思う。悲しいけれど、時は進み待ってはくれないんだろう。

思ったこと二つ。

昨日、総合演習という教職の授業(実際は建築科の教授が話すだけ)で景観の人が話していた。景観って実はとても重要なんじゃないかと前から思っていたのだけれど、その思いは強くなって、狭かった自分の見方も広くなった。内容はDolores Haydenについてとか。めっちゃ面白かった、パブリックヒストリー。

http://www.doloreshayden.com/

それから、野口健のチョモランマ登頂について。昔、自分が登山していたことからとても興味があってブログを見ていたのだけれど、天気が悪いらしく今回は非常に大変だったらしい。8300m地点のキャンプ3でチェコ人が亡くなった話、直下付近で60代の日本人が亡くなった話。死と生がほんとに隣合わせで、話を見ているだけで心拍数が上がる。

http://blog.livedoor.jp/fuji8776/

レバーってアサリみたいな味するよね

というわけで行ってきた第二回試験飛行。金曜の夜は耐久戦だった。主翼が試験飛行当日だってのに上がってなくて、ほぼ全員でミレファン貼りをしていた。試験飛行に行ってしまうとトレーニングができないと思ったので先にトレーニングをした。

アップ10分、レベル7マニュアル60分、ダウン10分。試験飛行に行く途中でよく眠れるようにと思ってレベル7。調子がよくて、さらに根性と気合がないと60分は今までこげなかったのが、この日は何故か違った。こぎ始めたときから「そんなに重くないなあ」とか思っていた。その予感は的中する。

風邪を引いていてせき出まくりだったのに、結構余裕で60分いけた。20分過ぎたあたりで結構いけそうだと思うことは毎回なのだけれど、40分過ぎた時点でも「こりゃ行けるなー」とか思った。これだけ余裕があれば90分くらいはいけそうだ。ということで今後はレベル7の時間を延ばしていこう。

と、風邪のわりに調子が良かったトレーニングが終わったあとはひたすらミレファン貼り。タカフが人事をしていてやりやすかった。ミレファンを張り続けてなんとか自分の担当だったところが終わってから99に行って食い物とか水(後で行方不明)とか買って、トラックでペラ2年組と話ながら寝る。

しかし激しいトレーニングをしたはずなのに寝られない。そのうちトラックは出発したけれど、その間もずっと半寝くらいの状態だった。大利根飛行場についてからも微妙で、最後の方にほんのちょっとだけ寝られた。次回はシュラフと耳栓を持っていこう。

ということで朝、悲観主義者が起こしに来た。起きてコンタクトをつけ、WASAジャージを着て外に出る。結構寒いけれどそれほどでもなかった。もはや時間が時間なので晴れている。悲観主義者のロードを借りてアップを10分した。速度は25-30kmくらい。

一日目は回転試験とか重心試験とか。どっちにしろ出発の時間が異様に遅かった関係でいろいろなことはあまりできなかった。しかしイスはこの前のように壊れることもなくなんとかなっていた。60回転で2分とかやった気がする。ベアリングに負担がかかったけれど。

晴れていた一日目。

終わってからパイロットなのに片付けをだいぶやり、それからおにぎり食って利根川の河原へ。橋の下で寝てる組と車で寝てる組、車でゲームする人たち。後である人に聞いて確かにと思ったけれど、ゲームやる人は外でやればいい気がするという意見に賛成。車は寝たい人のために空けておいた方がいいんじゃないかということ。

寝ていたところから撮った接写と機材車。

その後、風呂に行って色々入った後、休憩しようかと思いきや2階の休憩スペースはつぶれていて、あまり休憩できなかったようだ。俺はひとりメカトロのノートを書いていたり、CFDの本を読んでいたりした。途中でシャトレーゼでアイス買ってきて配った。

その後、ジャスコでラーメンを辛くして食い、楽器屋に行ってドラムを叩き、本屋に行って本を読んだ。途中で食品売り場で豆腐とメロンパンを買った。オーソリティにはロードはOCR3しか売っていなかった。というわけで10時にまた集まり、飛行場へ。

2日目は疲れていたので良く眠れた。起こされたのは6時少し前。遅いなと思ってコンタクトをはめていたら外で「ブチッバキン」という音。どうか桁じゃありませんようにと思いつつ、今日俺の仕事あるのかなと思ってやすに電話したら、あるから起きてこいと言われ外に出る。

ワイヤが逝ったらしいなと思いながらアップ。またもや10分。途中で便所に行った。帰ってきてから、ヤンから借りたベンチコートを着てブルーシートの上で座って復帰するのを待っていた。横ではペラを持ったしらちゃんが座っていた。そのうち復活し、開始。

回転試験は昨日のような感じだったけれど、90回転きつすぎ。30秒って言われて30秒続くかな?とか思うくらい激しくペダルが重かった。でも「パイロットの脚力不足で回転試験中止します」とか言われたらいかんので根性でこいだ。60回転だったら結構普通なのになあ。

その後、転がし試験・走行試験。機体の癖があることが分かる。でも速くなるにつれてペダルはどんどん軽くなっていったのが分かって面白い。何回かやって時間になったので終了。しかしその片付けに手間取ったのか時間がかかり、あとちょっとで本物の飛行機が降りてくるとこだった。

2日目はやや曇り気味。

その後、おにぎりを食べ、帰る。トラックで高速に入る前に給油しようかと思っていたところ、入ったところがLPGスタンド。ということで出てから逆方向に走り、さらにUターンしようにも高さ制限が3.3mで駄目。というわけで急遽ナビに頼り、大きくUターンした後、ガソリンスタンドへ。無事に入れられた。

高速でナビの音声認識が腐ってるということで遊んでいた。何回も何回も言っているのにまともに認識せず、日本全国の色々なところが目的地になって、旅行しているような気分を味わった。その後なんとかナビが微妙にだが音声認識した。そして格納庫へ。

暇だったので撮ったトラックからの風景。

積み下ろしの時にトラックに乗ってるだけの役割だったので暇だった。その後、全てが終わってからなぜかひろきの家に行くことになった。100均と八百屋で材料を買い、ひたすらスパゲッティを作った。最初の「玉ねぎとほうれん草のコンソメパスタ」(今名前考えた)は比較的うまく行ったけれど、「ババナボンバー」は失敗。「カレー」はそのままカレーで、「たらこ」はたらこだった。後でタカフが作った「ミートソース肉なし」は玉ねぎが存在を主張していた。

その後、家帰って風呂入ろうとするも疲れて寝落ち。

今日は授業が2限にあったけれど、寝坊して切ってしまった。後で学読にいたらヤンがtろー先輩が今日授業で半分くらい話しててめっちゃ面白かったという話をしていて、行けばよかったなあと思った。その後、なるしまへ。やっぱりCANNONDALEは扱ってないらしい。というかアメリカバイクはないとのこと。そういやTREKもないしなと思ったけど、SPECIALIZEDはあるよなあとか思った。

JOKERにも行って見たけれど高い。なるしまで買った方が安いからなあとか思う。この前、アルミフレーム+105って条件でめぼしいロードを比較してみた。やっぱりTCRがダントツに安いことが判明。しかしこのタイミングでロードを買うとお金がなくて試験飛行とか鳥コンとかいけなくなる気がする。

ロード比較。TCRの安さが際立つ。CAAD8が欲しい。でも高い。

そして今日からピーキングのため、睡眠時間を変更。遅くとも12時-1時には寝るようにするため、学校から帰ってくるのは必ず9時にすることにした。9時になったら何があろうと家に帰り、ちゃんとしたリズムを作る。試験飛行も本番も、飛ぶのは朝だからね。

黎明期の飛行機

今日は起きてみると喉が激しく痛い。まあ月曜あたりからまた風邪を引いた気がするのだけれどそれが段々悪化してきている気がする。朝ごはんを食べてのどぬーるを塗って、学校へ。結構ぎりぎりについた。というかめっちゃ睡眠時間とった割には眠い。風邪のときにはもっと睡眠時間が必要なのだろうか。

3限は「農薬とおじいちゃん」ではなく「環境と生物」。しかし内容では前者の方があっている気がする。この授業の先生は長い間農薬開発にかかわってきたので農薬の話が主だった。農薬を使わないほうがいいのではと思っていた俺だったが話を聞くのは面白い。除草剤だったら、光合成阻害剤・内分泌物質攪乱剤・活性酸素剤・アミノ酸合成阻害剤とかあって、色々考えるものだと思った。殺虫剤だったら神経系・脱皮を阻止するとか。

その中でもおじいちゃんが研究していたという高級脂肪酸を使った除草剤の開発には興味を惹かれた。高級脂肪酸といえば要は石けんで、その炭素数を変えて植物に散布して対照実験すると、ある特定の炭素数のところだけ枯れるという実験結果の写真を紹介していた。見事に9-11くらいの炭素数のところが枯れていて(これは見る見るうちに枯れるらしい。15分くらいで)、他の炭素数(多くても少なくても)のところはピンピンしていた。

実は自分は昔小学校のときの自由研究で洗剤の毒性を調べようと思い、洗剤・石けん・水で種の発芽させるという対照実験をしたことが2回ほどあるので(結構難しい。ほっとくと腐ったりする)おーやっぱりそういうことするんだなあとか思った。ちなみにそのとき洗剤は家にはなかったので隣の家の人からもらってきたのを使った。懐かしい。

4限は数値計算法。この授業の前にゼミの資料を印刷しようと思っていてできなくて、ちょっと遅れてから行ったら数値計算の全容みたいなことを話していた。ゼミの内容と結構かぶってるなとか思って聞いていた。内容は依然として連立一次方程式の解法。LU分解とか。

5限は流体。今日も引き続き、解けるNS方程式を解いてみようという話。「この学科には幸か不幸か偏微分方程式の授業がない」って言ってたのを聞いて、やっぱり!と思った。なんで流体とか熱とかで偏微分方程式が出てくるのに授業がないのか、と今まで不思議だった。ということでストークスの問題を解いた。

6限はゼミ。今日は自分が発表だったけれど、どういう風に発表するかをあまり考えていなかったのでアタフタした。なんか資料を作って満足してしまったのがやっぱり駄目だった気がする。次からは何言うか考えていこう。自分のCFDの後に英語の教科書。今日は笑った。

Introduction to Flight

この本なのだけれど、ジョージ・ケイリー(Sir George CAYLEY)っていう人の話が出てきた。この人は固定翼機の理論を作ったり、尾翼の安定性を考えたり、回転式の風洞実験を考えたりしてたという点で結構すごい人だったのだけれど、中々最後まで元気なおじいちゃんだったようだ。

ジョージ・ケイリーは1849年に、10歳の孫を乗せて上の三葉機を坂から転がしたら浮いた!っていう実験をやっていたらしい。しかしそのとき76歳。単純に考えれば「76歳のお爺ちゃんが孫を連れて坂の上から変な乗り物に乗っけて落っことしてる」という構図が浮かぶわけで、周りの人は奇異の目で見ただろうなあと思う。坂の上から降りつつジャンプ程度は浮いたらしい。

そんな話題もありつつ、時間が終わった後も笑って話していた。多分この学科の中で一番弱小研究室(なんたって研究室の部屋がないからねw。部屋がないのに研究室なんだろうか・・と思うw)なのだけれど、終わってから雑談してるのとか思えばこんな雰囲気は珍しいのではないかと思う。先生は偉そうじゃないというよりむしろ同じ目線でそして面白いので。

その後、英語の本をコピーしてから格納庫へ。行ってみるとミーティングが始まっていた。ドキュメンタリーを作る人たちが来ててなんか喋れといわれたけれど特に何を言わなかった。その後簡単なバイトをしてから99で豆腐とオイルサーディンとビタミンCを買って格納庫に持っていってから帰る。

家でビタミンCについて調べたら、ポーリングって偉い人がじゃんじゃんビタミンCを摂れっていう理論を言ったのだと分かった。それに大して疑問を投げかけてる人も結構多かった。とりあえず飲もう。

君の存在価値はあるか?そしてその根拠とは何だ?

そして昨日、まだよく分からないgnuplotと格闘していた。そんなことをしていたら時間が経ってしまった。弟が新しい自転車を買うとかで、色々言った。まあ買う理由は俺が持ってきちゃったからなんだけど、弟の自転車を。どうやらブルホーンバーのロードを買うらしい。Wレバーとか懐かしいものがついているそうだ。

そして午後、学校へ終わっていない製図をしに行った。製図室は同じような目的の同じ学科のやつばっかりいた。製図が終わっていないというか細かいとこよく分からんなとか思っていたら何故か緑色の線にしたところが白に戻ってしまうという状況に陥った。直らないのでtex印刷して、超高速で総合演習の感想文書いて出る。

55号館8階のその建築科の研究室へ提出しに行った。こんなとこに研究室あるのかなとか思ってエレベータに乗っていたら、廊下の半分くらいモノでごちゃごちゃしたところに着いた。でもわいわい騒ぎながらそこに居た人たちが色々作ってて面白そうだなあとか思った。そして授業へ。

5限は解析力学。解析力学なのにまだラグランジアンとか出てこないので、この授業はほんとにちゃんと全部範囲終わるのか謎。先生が喋りたいことを話し出すとひたすら長くなるのでw。今日は双対エネルギとかと質点系の力学。この前出したやつが最後に返ってきた。評価が大文字と小文字なのは(Aとかaとか)何か違いがあるのだろうか。

6限は総合演習。今日の人はICタグの研究をしている人らしい。ひたすらマックと間とコミュニケーションについて話していた。しかしWindowsが大っ嫌いらしく、この授業の中で10回はWindowsの悪口を聞いた気がする。内容は未来の生活のこととか。建築科の人は個性がある人が多いのではないか、と思った。

その後格納庫へ。99に行ってアンパンを買い、ちょっと残してさらにてっちゃんとユニクロへ。トレーニングの時にはいているハーフパンツがゴムが伸びに伸びて、一歩歩くごとに5cmくらい落ちてくる。誰もいなければいいけれど、女子がいたりするとちょっと危険ゾーンなので代わりを買いに行った。1000円でメッシュ生地のハーフパンツを買った。でも黒いから見た目誰にも気づかれないだろうな、と思った。

トレーニング開始。アップ10分、マニュアルレベル6を90分、ダウン15分。合計115分。というか2時間近くだと途中でめっちゃ止めたくなってくる。疲れとかじゃなくて、やっぱエアロバイクは風景変わらないから面白くないのだろうか。今日の目的は「途中で補給ができるか挑戦!」ってことではじめてから1時間経過したところでアンパンを食べた。でもやっぱ食いにくい。息しなきゃならないからね。なんとか食べられた。

その後、帰る。というか誰かgnuplotのarctan()についてどうやってその振る舞いを制御すればいいか教えて欲しいわ。途中で分岐させて、やるとうまくいくケースもあるんだけどなー。やっぱarctan(tan(t))がどうにかならないかなあ。

だとおかしなグラフになる。これは多分tanが無限大にいっちゃう(¥theta=¥frac{¥pi}{2})のときに、arctanの値が-¥frac{¥pi}{2}になっちゃうからだろうと思い、分岐させてtの値に応じてπを変えてみる。

とかで結構ちゃんとグラフはかける。

赤いのが分岐させたやつ。緑がダメなやつ。

でもこのくらい単純なときはいいのだけれど、atanの中身が複雑になってくるにつれてこの補正じゃなぜだか駄目になってくる。ということで悩み中。というか明日の製図の提出の方がほんとは悩まなければならない課題なのになあ。このグラフのやつは差分のスキームの安定性を調べてるだけなんだけれど。たとえば次のやつとか。

一次精度風上差分で輸送方程式を解いてみてる。クーラン数は0.5。

製図は無事提出できるのだろうか。そして明日は無事メカトロに起きれるのだろうか。不安は募る中、風呂でも入ってこよう。

CANNONDALE CAAD8

昨日は夜に帰ってきてから色々あってテンションが上がってしまって、ずっとTexを書くことで発散していた。そしてそのうち寝て朝、起きた。朝ごはんをいつものように、ご飯+味噌汁+納豆+目玉焼き+ヨーグルト+みかんというここ5ヶ月ほど全く同じメニューを食べて、また書く。

今日書いていたのは、ゼミで今週発表するはずの「輸送方程式の有限差分法を使った数値計算とその安定性を複素増幅率を使ってグラフ化」。なんか偉そうだけど解く方程式は解析解が簡単に解ける、

¥frac{¥partial u}{¥partial t} + c ¥frac{¥partial u}{¥partial x}=0

をやるだけ。最初はプログラムでやってみようとか思っていてタカフからルンゲクッタ法のpythonプログラムを送ってもらってソース読んでやろうかと思ったけれど、楽なほうに流れてCalc(Excelライクなソフト)でやった。Excel2007入れてもいいかと思ったけど、前に入れたらIMEが変わってしまって重くなったのでやめる。

計算結果をgnuplotでグラフ化して、それをepsにしてtexに貼って、それをdvipdfmx使ってPDFにするのだけれど、何故かPDF化がうまくいかなくてはまる。しかも何故かepsファイルがデフォルトで90度回転してるので自分で270度回転させたりしていたのだけれど、そのうち調べていたら解決。

結局、gnuplotをpostscriptに出力するときは、

とすればいいことが分かった。サイトによってはset outがなかったり、epsの指定がなかったりするけど、それをやると色々なとこでエラーが出たり、勝手に回転したりするので注意。それから、もう一つの敗因は何故かghostscriptのパスが通ってなかったこと。これは、環境変数Pathに、

とかgsをインストールしたとこを書いて、シェルを再起動すればOK。後はなんだかドキュメントが少なくて今一使えているのか分からないけれど、eclipse+blue note texでひたすら書くだけ。このeclipseプラグインは補完機能があるので便利なのだけれど(多分慣れればyatex+emacsとかの方が便利)、癖として¥が打ち込まれた後に若干時間がある。それを知ってからはその0.5秒くらい待つことにした。

23:00ころに格納庫へ。主翼のパーリーが内燃レポが欲しいというので、みかんを持っていった。そうしたら悲観主義者とヨシヲで徹夜らしい。ご苦労様です。その後、帰ってきてからメカトロのよく分からないプレラボを書いて、製図をちょっとやった。

what the hell!

自転車はみんな探してくれててとても感謝だけど、まだ見つからない。見つかる日は来るのだろうか。

昨日は夜一人で数値計算の教科書を読んで考えていたらひらめいて気持ちよかったのだけれど、それをどうまとめようかを頭の中で考えていたら眠れなくなって結局あまり眠れなかった。朝、メカトロノートにプログラムを貼るためののりを買いに行ったけれど早すぎたのか、つぶれていたのか文房具屋がやっていなかった。散歩しただけに終わる。

散歩してた道。

10時ころに出て電車を待つ。だいぶローカル線なので一時間に一本くらいしかこないのでタイミングよく行かないといけない。

駅。基本的に無人。

電車に乗って何十分かしてから乗り換えて新幹線へ。新幹線も大きいほうがゆれが少ないなと思いながら、自由席なのでそこらへんの廊下でねっころがりながら進む。福島で乗り換え。福島懐かしいけれど降りないので誰もいない駅でホームを変えるだけ。

来た新幹線。

東京まで行って、中央線と総武線で帰ってきて、家についてまたすぐ出る。格納庫ではフェアリングを切っていた。4番のパーツが二分割になっているのかならないのかを聞いてみたけどよく分からないのでアラレに電話。すぐに解決して、面取り。そうしていたらそろそろ時間になってしまったのでみんな出る。でも俺は一人トレーニング。

アップ10分、ランダム11を60分、ダウン7分くらい。最後時間がなくてやめたけれどこれなら途中でむしゃむしゃ何か食いながらやれば2時間くらいは持ちそうだ。今度むしゃむしゃ食いながらやってみよう。今日も実はそうしようと思っていたのだけれど2次会にいかなければならないので断念。

2次会に行くのに場所を迷いつつ、着いてすぐにしまりのない挨拶をして始まっていた。今回の俺の精神状態は前回に増してひどく、酒が飲めないことを勝手に自分の中で理由にして人と話せない(実は酒が飲めないなんてことは沢山ある理由の一要素に過ぎず、飲んでない人でも俺以外はちゃんと会話してるのに)→都合のいい言い訳を考えた自分に自己嫌悪→これじゃ駄目だと思って何とか笑ってどこかの輪に入ろうとする→失敗してまた自己嫌悪に陥り、最初に戻る、っていうサイクルを3-4回繰り返したあと、あきらめて寝ていた。頭の中ではsyrup16gの生活がリピート。

終わったあと、さらにテンションは落ちて全てが嫌になりビッグボックス前でたたずんだ後、帰路へ。鳥コンで飛べなかったら切腹しようかとか思ったりしていた。こんなんじゃ誰でも話しかけづらいだろうと思いながら悲しくなりつつ帰る。途中で格納庫の鍵を持っていたことを思いだし、また学校へ。

行って見ると予想通り、悲観主義者とヤンが格納庫+地下の後片付けをやっていた。それを多少手伝って会話していたら多少気持ちが晴れてきた。先ほどトレーニングしたとき壊れていたエアロバイクのハンドル部をガムテで補強。それから鍵を返して帰る。悲観主義者、21歳おめでとう。

家でcyclingtimeのRSSを見てみると、フミがTour de Romandie PT 第3ステージ:Moudon/Charmey en Gruyereで2位になったとのニュース。おーこりゃ凄えわと思って見てみると、逃げに逃げて最後のスプリントでランプレのやつに負けてしまったらしい。でも凄い。尊敬。ロード乗りてえ!

下にソース。その下に動画。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=4836

http://www.tsr.ch/tsr/index.html?siteSect=500002&bcid=498843&format=450&vid=7785792