2009年 2月 の投稿一覧

台湾旅行記1日目:やっぱりアラレは遅れてきた

試験監督で1日がつぶれた旅行と旅行の中日を挟んで、研究室で台湾に行った。そのために用意をするのだけれど、やっぱり時間がなかったので当日になってから用意をした。持ち物は着替えとパスポートとお金。着替えは2日分くらいしか持っていない。台湾は服が安い、とむかしむかしみにぱんさーから聞いたので買おうか、とか思っていた。

学校に行って先生と多少話し、歩き方を持ってきて、地下鉄に乗り込んだ。荷物はいつも学校に持って行っているメッセンジャーバッグと、ブックオフの袋に入ったガイドブックだけ。正直学校に行くくらいの軽装だけれど、たいてい旅行ってのは荷物が多くてうんざりする気がするので今回はだいぶコンパクトにいってみた。

京成線で成田についたけれど、やっぱりアラレは遅れていた。出発時間まで1時間15分を切り、そわそわしていたところに登場したアラレ。ころころ転がる旅行用鞄は赤色だった。エアラインはユナイテッドで、eticketとかいうやつで自分でチケットがパスポートさえあれば取り出せる優れものだった。優れもので出してから両替した。

f:id:salamann:20090223171526j:image

成田空港の出発するところ。

f:id:salamann:20090223190711j:image

ユナイテッドのB777。

台湾元(NT$)は、3円=1元くらいだ。ということで1万ちょっとくらいを換金し、3000元くらいを得た。まったりと出発を待って、搭乗した。出国審査とか手荷物検査とかはスムーズに通った。席に着いたら結構狭かったけれどなんとかなった。機内食を食べた。そして、CAを呼んで「Do you have playing cards?」って聞いた。ないって言われてがっかりした。

f:id:salamann:20090223203203j:image

機内食はプルコギ。なんで韓国?

無事飛行機は到着した。北京語で出入国の聞かれたらどうしようかとか思っていたけれど、何も言われずに終わった。桃園国際空港からはバスで台北車站へ。普通に日本語でチケットが買えて、125元。それから1時間ほど激しく揺れるバスに揺られ、台北車站に到着し、ホテルを目指して歩いていった。気温は日本に比べて非常に暑い。

f:id:salamann:20090224013638j:image

歩いた道。オレンジ色で、暑かった。

やがて歩いていたら城美大飯店に到着し、チェックインをした。途中の道ではすでに飛行機が遅れた関係もあって深夜1時で、ほとんど人はいなかった。いたのはタクシーの勧誘と、道ばたの屋台飲み屋だけ。でもセブンイレブンは開いていた。道は街頭のオレンジ色の光が輝いていた。部屋についてから、セブンへ行って夜ご飯を買った。店員は北京語でしゃべっていて何も分からなかった。

f:id:salamann:20090224022037j:image

阿Qカップ麺とあんかけご飯的なもの。合計100元以下。物価が安いなと感じた。

WASA修学旅行3日目:今日も風はつよかった

昨日の飲みのおかげで朝は結構だるかった。タカフが起きていたけれど頭が痛い頭が痛いとうめいていた。みんなが朝ご飯を食べに行ってからタカフと2人で食べに行き、帰ってきた。きみcがレイトチェックアウトにしてくれたのでまったりでよくなったため、まったりと寝ていた。ひろきとかは朝からやる気Maxでスノボに旅立ってしまったようだ。

11時くらいにスキー場へ出発した。空は青く晴れていたけれど、スキー場は相変わらず強風だった。はじめから昨日のスノボの筋肉痛がきていて、靴を履いた瞬間からやりたくない、とか思った。けれどやっていればそんなことは忘れていった。きみcとてっちゃんは風邪らしくパトロールのところで寝ていた。

タカフと、どうせならてっぺんまで言ってみようぜ、と話した。途中に最大傾斜30度くらいの箇所があったけれどまあだいじょぶだろ、と見切り発車し、リフトを乗り継いでいくことにした。ゴンドラは今日も昨日も、強風のために止まっている。払い戻しとかあってもいいくらいだな、と思っていた。

雪が降ってきて、リフトに乗っている自分の腕とか、躰とかに落ちた。むかしからこれが好きだ。リフトに乗っているときに落ちてくる雪の結晶を観察すること。スキー場で降る雪は結晶が肉眼でもよく見えて、美しいと思う。フラクタル。結構いろんな種類があるもの。そんなことを考えてリフトに乗っていた。

f:id:salamann:20090221133000j:image

リフトに乗ってすすむタカフ

最終的に一番てっぺんまでたどり着いた。途中で寒くて死ぬかと思った。強風がときおり吹いてきていて、躰の熱を奪って、滑る意志を削っていく。頂上付近は、強風のせいか、寒いせいか、もはや人が少なくて、ゲレンデいっぱいを自由に自分で使えた。スノボ歴1日の俺にとっては転ぶことが仕事だったのでこの環境はうれしかった。

f:id:salamann:20090221133700j:image

寒いてっぺん

昨日で分かったことだけど、俺は躰の後ろ側のエッジを使って滑ることができなかった。ので、この広いスペースを使って練習していたらだましだましできるようになった。さらに、後ろ側から前側にやるターンもできるようになった。前側から後ろ側にやるターンは10回くらい転んで、その結果調子のいいときはできるようになった。ターンできるとスノボが楽しい気がしてきた。

けれどもう、昨日と同じで、リフトが完全停止した。しょうがないので、脚で上って滑ることにした。やっぱりこれをやるとかなり疲れる。やす・タカフ・俺で上っていって、滑った。やっぱり盛大に転んだ。ターンは斜度が低くないとできないなまだ、と思った。スキーだと速いほうが楽に回れるんだけどな。

そのうち、時間になって荷物を取りに行ったり、レンタルしてたものを返したりしてから休んだ。タカフが持っていたカップ麺を水出しにしたら寒かった。でかいストーブにあたってWASABANDで暖まっていたら時間になって、バスがきた。バスに乗った。帰りはタカフと歌を歌っていた。

深夜の新宿に静かにバスは到着し、暗いなか一行は解散し、ひろきとタカフと歌舞伎町方面へと歩きはじめた。風俗の勧誘をかわしつつ、たどり着いた歌舞伎町の次郎。ぺちゃくちゃしゃべりながら次郎に入り、「ニンニク入れますか」「全部」って言って食べた。途中からニンニクが辛くなってきたけれど、おいしかった。よかった。

f:id:salamann:20090221223800j:image

歌舞伎町の次郎

都庁前までタカフと歩き、夜の新宿を自転車で去った。

WASA修学旅行2日目:くらがおいしかった

暑くてあまり寝られなかったバスでは、しんやが単位の心配をずっとしている声を聞いてぼんやりしていた。ホテルに到着すると、暗い空からはしんしんと、大きな粒の雪が降っていた。仮眠室に行ってみたもののお腹がすいたので近くのコンビニまで行くことにした。白い雪は俺らが歩いている間にも降り続け、道路が黒から白に変わった。靴は濡れて滑った。

夜勤のコンビニで買い物をして帰りながらタカフとカップ麺を食い、雪まみれで部屋に戻った。雪で楽しくて寒かったので眠さを忘れていたけれど、部屋に戻ってみるとすぐに寝たくなった。みんなは風呂に行くと行っていたけれど、今日のために寝よう、と無理矢理座布団をかけて寝る体勢になった。しゅうへいに座布団を引きはがされそうになるのを耐えた。

1-2時間くらい寝たときは、ほんのちょっとしか寝ていないような錯覚に陥るときがあるのだけれど、まさにそんな感じで、起きた。そして起きて、スキー場にむかうバスに乗る。道は途中から雪があって、バスはスタッドレスタイヤだった。

f:id:salamann:20090220082600j:image

出発直前のタカフ

f:id:salamann:20090219082600j:image

ロビーの外。

レンタルしたボードはRossignolだった。ウェアとボードだけ借りて、てっちゃんに習いながら初めてつけてみた。スキー歴はもう15年(空白期間長い)くらいあるけど、スノボははじめて。だけど臆せずいきなりリフトに乗って滑り出した。斜面に対してエッジを立てるとずずず・・と滑れることが分かったのが5回くらい転んだ後だった。

それから4回くらい同じリフトに乗って、体前側のエッジを立てて曲がる滑り(なんていうのかわからん)をマスターした。誰にも教わらなかったので逆側で滑れなくなっていた。疲れてきたのとお腹がすいたのでスキー場の例の高いご飯食べるところでタカフとグラタンを半分こにして食べた。チョコがおいしかった。

午後はあまりの強風のためリフトが止まっていた。暇なのでタカフとそりで遊ぼうぜ!ということになり、わざわざそりを借りてきた。脚でスキー場を上まで上り、そりに乗るのを繰り返した。強風でひっくりかえったり滑ったり、雪で顔が痛くなったり脚が限界だったりで疲れたけれど、上るのも楽しかった。

f:id:salamann:20090220150400j:image

レンタルそり。

最後に2人乗りでそりで下側まで滑っていくときに、脚を前に出していたら雪を削ってはき出す車みたいに雪が全身にかぶり、滑りながら何も見えなくなった。こりゃあやばい!と思ったけれど楽しかった。ピンチになると楽しくなる。

そんなことをしていたらもうみんな宿に帰ってしまって、タカフと2人で待っていた。ストーブの前あかないかなーとか思っていたらあいて、ストーブでいろいろ乾かした。話をしていたら時間になったのでバスに乗り込んでホテルへ帰った。

部屋ではみんながぐったりしていて、てっちゃんに至っては寝込んでいた。お風呂に行こうぜ!ってことになって露天風呂へ。気持ちよかった。外の風呂でしんやが興奮して鼻血を出した。外は雪景色で、てっちゃんが女湯をのぞこうとしたけれど無理だった。

ご飯を食べてしばらくたち、飲み会が始まろうとしていた。。が、この時点でみんな睡眠不足と疲れで眠っていた。起きていたのはタカフ・しゅうへい・俺だけ。タカフが飲み会やらないんじゃないかと危惧し、てっちゃんが買ってきた「くら」の一升瓶を一人で飲み始めた。

そんなことをしていたら元気な女子たちがやってきて、てっちゃんが買ってきたおすすめのロゼをあけた。そしたら寝ていた奴らがみんな起きてきた。もはや飲み会やらないんじゃないかとか思ってたから、始まってよかった。

最初は微妙な感じだったけれど、しんやとゆいcの話で盛り上がった。しんやはたぶんあの話をしたかったんじゃないか、とか思った。自分の話を華麗に回避した。飲み会ははやめに始まったのでかなりの長丁場になり、どんどん人々は寝ていった。アラレは曲者だった。「くら」は水割りでずっと飲んでいたけど、おいしかった。やっぱり泡盛は水割りだ。

タカフがきみcと「妹が心配だ」というお兄ちゃんは心配性な会話をしていたのが楽しかった。そのあとのパンクバンドの話は半分くらいしか分からなかった。きみcはタカフにガンガン泡盛を飲ませたので、限界を超えたタカフは「限界を超えた面倒なタカフ」になり、最終的にその場で寝た。

その後でてっちゃんが起きてきて、多少話をした。どうやら酔っぱらいのテンションについていけないようで、風邪も引いているようで、また寝たようだ。最後にきみcと自分の話をして、やっぱ少人数に話す方がいいなと思った。最後に多少片付けて、女子は部屋に帰った。電気を消して、一番ラストになって寝た。結局最後まで残っていたのは、しんや・ゆいc・しらc・きみc・俺・やすの6人だった。

やっぱりこのメンバで飲めてよかった。てっちゃんが元気だったらもっとよかったけれど。

f:id:salamann:20090221005720j:image

写真撮りあったやつ。ちょうど目が隠れてた。

WASA修学旅行1日目:しゅっぱつ都庁

寒い寒い廊下でひたすら本を読む。スーツなのでひたすら寒い・・というのがこの日の試験監督バイトだった。寒い寒いいいながら終わった。10時に新宿集合ということで、100均でお酒用のコップを買った。家に帰ったらもう9時くらいで、時間がなかったので高速で用意して、自転車で都庁の下のバス停へ。

バス停に行ったら強そうな奴らがいっぱいいてびびりつつも中に入っていったら、しんやとかがじっと立っていた。そのうちてっちゃんとかが来て、新宿を出発する。ガヤガヤした雰囲気のなか、もうこれで卒業なんだろうなという思いもあった。しんやはバスの中で単位の心配をしていた。夜は深くなり、バスは北へ。

今味噌汁飲んだ

よく晴れた冬の日、普段より早起きした俺は眠たい目をこすり、目をこすったらだめだな、と思って、目をこするのをやめた。お湯を飲み、スーツをきた。ネクタイを少し悩んで紺・ピンクのしましまのにした。そして学校へ。卒論発表、2月7日。

部屋でスライドを1カ所直して、プロジェクタとかを持って発表する部屋へ。待っていたら先生方がぞろぞろやってきた。他のやつが発表するのをのんびり聞いて、自分の番が来ないかなーと待っていた。質問がみんな的を得たもので、なんかよさげな感じだった。

自分たちの番が来た。アラレが発表していたので、のんびり横で待っていて途中から発表。アラレがどのくらいの時間で終わるのかを横のパソコンでチェックしておいたので時間は完璧!と思いながら話始めた。まあなんとか練習通り、しゃべった。俺は原稿を作ると何もしゃべれなくなるので、毎回すべてアドリブ。話す内容だけはちょっとずつ覚えてる。

質問が結構多くきて、うれしかった。いろいろ答えて、途中から先生がしゃべっていた。まあだいたい答えられるような質問だったのでなんとかなったかな、とほっとした。やっぱり自分のやったことに質問がくるのはうれしかった。質問内容について、あとで研究室に聞きに行きたいくらい。

発表が終わって、すぐに缶ビールを開けて飲み始めた。発表の部屋を出た瞬間から飲もうと、ここ1週間くらいで決めていた。そのままその日はまったりと過ごし、夜は打ち上げ。打ち上げということでいろいろ今日の発表について話ながら飲んで、家についた。家ではもう眠かった。コンタクト外し忘れた。

日曜は部屋の掃除と布団干しをしていて、夜は疲れて眠った。昨日は我が家で飲み。ということで、スキーに行っていないこうへいを呼んだ。メンバは

@Nov5

@noryunen

@higamma

@tkf

@salamann

の、20-23歳とバリエーションのある5人。魔女の宅急便を見た後に、こうへいの生い立ちについてプレゼンを聞いた。めっちゃたのしかった。それから朝方まで飲みつついろいろ話をして、4人でそのまま寝た。タカフの女の子の好みが分かった。

昼起きて、ちゃんぽん食って解散したあと、研究室に行ってから、九段下に「オーストラリア」っていう映画を見に行った。長かった。大陸の民は日本人とちょっと違うかもな、とか思った。その後、そこらへんを自転車で散策して、東京大神宮の前を通りかかってから、帰った。

f:id:salamann:20090210221800j:image

夜だから閉まってたけど。

これから何していくか、決めよう。

生存確認くらいはできるんじゃない?

最近ずいぶん日記を書いていなかったらもう2月になってしまった。長かった大学生活も終わりをつげる。長かったさなぎ生活もいよいよ羽を伸ばすときがきた。とかではなくてこれからやることもたぶん研究なのだけれど。分野は似て非なるけれど。

最近やったことと言えば、

  • 卒論書いてる
  • 卒論書いてる
  • パソコンを作った
  • サラダバー食って対談した

ということで主に卒論を書いていた(+解析)。卒論を書くために必要なのは結果とか装置とかそういうもののグラフとか表とか写真。そういうのが貼ってあればなんとなく書ける。何もないものは書けないって卒論の書き方、っていうのに書いてあったなと思い出す。今週中にもう一回読もう、あれ。

卒論についてああだこうだとか思っていることは、「自分のこと」ではそんなにない。文章を書くのは苦ではないし、自分のやったことの物語を組み立てるのは楽しい作業。しかし結局自己満に終わるのではないかという懸念があるため、後輩が読んでくれるだろうというところに期待して、そこに重点をおいて、この大学を去る。春からは新しいことが待っている。

そして、サラダバーに行った。WASABANDメンバで(ただしひろきのかわりに違うひろき)。サラダ食べながら携帯で動画を撮って、それを対談に起こそうと思った。で、むしゃむしゃ海草とか、マカロニとか、レタスとか食ってるタカフの映像が撮れた。タカフファンの方、連絡くだされば動画あげるので連絡してください。てっちゃんとイワマもちょっとずつうつってるけれど。

でも実際に文字起こしやってみたらすこぶる面倒だった。ということで断念している。結構おもしろい話したんだけどな。タカフがびっくりするくらいの声で笑っているな、ということがわかった。

あと、パソコンがまったりだったのでパソコンを作った。スペックは以下の通り。

要素名 スペック 価格 円
CPU AMD Phenom x3 8650 9980
メモリ CFD Elixir DDR2 2GB×2 3643
M/B ASUS M3A78-EM 6980
電源 AQTIS AP-400GT 2780
ケース Emachines N2240のもの 0(もらってきた)
HDD Seagate IDE 120GB 0(もらってきた)
ドライブ H/L DVDスーパーマルチ 0(流用)
FDD IDE 3.5 0(もらってきた)
VGA なし 0(オンボード)
マウス SANWA SUPPLY MA-433USB 0(もらってきた)
キーボード Emachines KB-0108 0(流用)
モニタ 三菱 RDT1710S 0(流用)
スピーカ SONY SRS-Z500PC 0(流用)
USB・IEEE1394増設ボード SONY製 0(もらってきた)
モニタ切り替え器 LOAS SWK-VGA4 0(もらってきた)

ということで合計23383円でできた。あと、追加投資として、HDDのIDEケーブルが短かったためにIDE-SATA変換コネクタを980円で、ケースファンを680円で、クレバリーで買った。前のパソコンに比べて異様にはやく動く。いまやパソコンは3万以内で作れるのだなあと思った。いろんなものを前のパソコンからひっこぬいて使って、もらってきた持っているものがあるからだけれど。

f:id:salamann:20090124232600j:image

ケースに、CPUとM/Bについてたシールを貼った。ケースのスペックの低さとのギャップがある。

f:id:salamann:20090126202700j:image

あと、研究室でおやつに食べてたチョコがおいしかった。100均のローソンで買ってきたPB商品だけど、高めの料理用チョコ系のおいしさだった。これからも買おう。