カナダ3日目(ジャスパー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カナダ3日目の朝は、余裕があった。前日は非常に長い距離を車で走らなければならず、あまり時間的に余裕がなかったけれど、この日は特に走らなければならないノルマがない。同じホテルに2日滞在するのだ。なのでゆっくりと起きて、近くのファミリーレストランに朝ごはんを食べに行った。

ファミレスの前のホテル

朝ごはん

朝ご飯ではよくあるオムレツを食べた。妻は朝から、ハンバーガーを食べていた。この日も外はものすごく寒く、外に5分ぐらいいるのはほんとに辛い感じだった。一方で、お店の中やホテルの中はあったかい。こんな世界の果てのようなところに住んでいる人たちがいるのだなあと思った。ちなみにそれほど雪が街の中にあるわけではない。ここ最近はそれほど雪が降っていないのかもしれない。この日やろうと思っていた、スノーシューはできるのかどうか、結構不安であった。雪がないことで、かなりの長距離にもかかわらず昨日のうちにたどり着くことができたが、この日の旅行を楽しむのにあたっては、雪は欲しいところだった。

そのあとで、マリンキャニオンというところに行った。マリンキャニオンに行く途中に、ジャスパーの街の中を出たところで、たくさんの野生の鹿が草を食べていたところに遭遇した。ものすごい寒さの中で一所懸命に草を食べており、人間と違ってものすごく野生動物というのは強いんだなと思った。もしくは強くないやつしか生き残れないのかもしれない。このシカの名前はわからなかった。お尻のところが白かったのを覚えている。

シカ

マリンキャニオンは、本来はスノーシューをするために行ったのだったが、やっぱり雪はあまりなかった。そのため、とりあえず散歩だけをすることにした。散歩だけといってもものすごく寒いので、その渓谷の様子は結構迫力があった

スノーシューかと思いきや雪がない

渓谷の中のようす

その後、やっぱりスノーシューがやりたいと言うことで、近くのマーモットベイシンと言うスキー場に行った。スキー場にはスノーシューのコースがあるんじゃないかと、想像していた。行ってみると、確かにスノーシューのコースは存在したのだけれども、野生動物を守るために一時的に封鎖されていた。しょうがないのでその近くの森の中をスノーシューで散歩することにした。意外とこれは楽しかった。スノーシューを使ったのは人生でこの時が初めてだった。スノーシューは、雪がある程度深かったとしても、自分の体重が拡散されて地面に伝わるので、雪の上をじゃんじゃん走れるのである。上にでも下にでも行きたい放題だ。雪の上を自由に行動できると言うのは。今までにはなかなかない経験だった。子供も楽しそうにしていたのでよかった。

その後はお昼ご飯。ケンタッキーフライドチキンとピザを食べた。ピザおいしかった。どこでも同じ味であるが、そこまでチェーン店のピザにハズレはないと思う。

ケンタッキーピザ屋の様子

ピザとケンタッキー

ジャスパーの看板。よく見るとフランス語も書いてある

そのあとはピラミッドレイクと言うところに行った。ピラミッドレイクは、氷が完全に張っており、湖の上を歩くことができた。そこでガンガンスノーシューをやっても良かったが、スケートをやっている人や、天然の氷の上でカーリングをしている人がいたので、遠慮した。

スキーの撮影をしている人がいた

天然の氷でカーリングしている人

馬車

夕暮れ

近くの散歩道があったので、そこでスノーシューを少しやった。森の中を走るのもいいものだ。ただやっぱり雪が少なかった。それから宿に戻り、夜ご飯を食べて、それから星がすごいたくさん見えると言うので、子供と一緒に星を見に行った。行った先はこの日の午後にも行っていたピラミッドレイクである。ピラミッドレイク付近はグリズリーというクマが出るらしく、夜に行くのはやや怖かったけれど、運が悪くなければ大丈夫だろうと信じた。ちなみに置いてあるゴミ箱はクマには開けられないように細工がしてある。

いいカメラを持っていなかったのであんまりいい写真が撮れなかったけれども、実際に行ってみるとものすごいたくさんの星が見えた。この日は結構月が明るく、本来はそこまで星が見えなてないんじゃないかと思うけど、人工の明かりが1つもない環境の中で見ると、とてもたくさんの星が見えるのだ。ピラミッドレイクの真ん中にある小島への桟橋のところで主に眺めた。桟橋とはいっても、湖はすべて凍っているので桟橋の部分ではなくとも小島にはいける。寒さとクマの恐怖で、5分ぐらいしか滞在しなかった。

その帰りにコンビニ寄って、フォーのカップめんを買った。それからオレンジジュースも買った。こどもがコンビニの店員にレジに置いてあった人形は何かと聞いていた。それをホテルに戻ってからホテルの部屋で食べた。こうして2日目は終わったのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*