Seattleの幼稚園と学校について調べたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日は近所に新しくできたまぜそば屋にいった。もともと,その新しいまぜそば屋があった場所には違うまぜそば屋があって,そのまぜそば屋も味が尖っていて好きだった。けれどもそのませそば屋は結構はやっていたにもかかわらず潰れてしまって,数カ月間空き家になっていた場所に,今回新しいまたまぜそば屋ができたので,家族で揃っていった。かつおぶしの味がした。おいしかった。

Seattleの学校および幼稚園についてちょっと調べたのでメモする。日本だと,ご存知のとおり学校のシステムは次のようだ。ちなみに始まりは4月だ。

  • 年少:3-4歳児クラス
  • 年中:4-5歳児クラス
  • 年長:5-6歳児クラス
  • 小学校:6-12歳クラス(1年生-6年生)
  • 中学校:12-15歳クラス(1年生-3年生)
  • 高校:15-18歳クラス(1年生-3年生)

上記のうち,赤が義務教育である。つまり6-15歳だ。一方,Seattleでは下記のようらしい。Washington州がみんなそうかどうかとか,他の州がどうかとかはよくわからない。ちなみに始まりは9月だ。

  • Preschool:3-4歳児クラス
  • Pre-Kindergarten:4-5歳児クラス
  • Kindergarten: 5-6歳児クラス
  • Elementary School: 6-11歳クラス
  • Middle School: 11-15歳クラス
  • High School: 15-18歳クラス

日本でいうところの年長から義務教育が始まって高校の終わりまで義務教育である。義務教育が長い。あと,9月はじまりというのがやっかいで,4-8月の生まれだと日本より1つ上の学年のプログラムに入ることになる。あと,KindergartenはElementary Schoolとくっついているので,Pre-KindergartenとKindergartenで違う学校に行かなければならず,学校を変えるのが面倒そうだ。

あと,日本と同じかもしれないけれど,学校のランクが地域によって結構違う。アパートを探すと,その地域の公立の学校のランクがいっしょに書いてあって,10点満点中3点,とか書いてある。ランクは試験の成績でランキングされるみたいで,調べるサイトに行くとその学校の人種構成とか,どのくらいの割合の生徒が昼食無料プログラムを使ってるか(よくわからないけれど,たぶん低所得者向けの補助だと思う)とか,レビューとかが書いてあって面白い。

住む地域を考えるときに学校がどうかを考えなきゃいけないのは結構面倒だ。日本で言うところの越境入学もできるみたいだけれど。あと,俺が知っていた英語とちょっと違った。幼稚園はKindergartenかと思っていたけど実際は義務教育のプレ小学校みたいなやつだし,中学はJunior High Schoolかと思っていたけどMiddleと書いてある。地域にもだいぶよりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*