「異文化理解力 – 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養」の感想

たとえば、自分が日本人で、アメリカ人と仕事するときに「なんでこんな当たり前のこと聞くの?普通、そんな当たり前のこと尋ねたら自分が基本的なこともわかってないバカだと言ってるみたいだ」と思ったことがあったら、この本はその感覚を解決してくれる本だ。個人的には、日本人としてアメリカに住んでいる身として、めちゃくちゃ面白い本だった。おすすめ。自分の出身文化は潜在意識のレベルで自分の考え方を縛りつける。もっとも重要なことは、自分がその意識のもとに思考していることに気づかず、自分以外の文化のもとに思考しているひとのことをバカだと思ってしまったり、誤解してしまったりすることだ。そのような場合、なぜそうなったのかがお互いに理解できない。この本が示す「Culture Map」はその理解の強力な助けとなる。

続きを読む

「小さな習慣」の感想

この本の伝えることは基本的にひとつである。できるだけ習慣の単位を小さくしろ!ということだ。習慣の力は偉大であり、毎日続ければ筋トレでも、英語でも、本を読むのでも、本を書くのでもいろいろなことが成し遂げられるようになる。一方で毎日継続して何かをするのはなかなか難しいものである。この本の伝えるのは、その点を解決する最大の秘訣は、習慣にしたいことの単位をなるべく小さくすること。もし腕立て伏せを習慣にしたいのなら、たった1回やればよいということにする。それが結局のところすべてを解決する鍵となる。

続きを読む

「脳を鍛えるには運動しかない!」の感想

読めば読むほど、本を読んでいる場合ではなく運動しなくては!という気分にさせてくれる本だった。学校の成績、うつ、不安障害、ADHD、妊娠・出産・閉経、薬物乱用、アルコール乱用、老化などさまざまな例に対して運動がどう効くかを丁寧にひとつずつ確かなエビデンスを示しながら伝えてくれる。

続きを読む

Kindleの読み上げ機能でめっちゃ本が読める

最近Kindleの本をAndroidの読み上げ機能で聴くのにはまっている。本がどんどん読める。これはちょっと今までなかった体験だぞ、と思っているので日記を書いておく。ほとんどの人にとっては、Kindleで読み上げ機能を使えることはもしかしたら常識的な話で、何をいまさらを思うかもしれないけれど、やっぱりやってみるとよいのだ。

続きを読む

2018年に買ってよかったもの10選

@higammaブログに2018年に買ったものが書いてあった。特にこの記事が面白いわけではなかったけれど、同じようなことを書いてみようと思った。2018年ははそれほど買い物をしていないので、あまり紹介するものがないかなと感じていた。それでも、思い出してみると生活をすこし変えてくれるものがいくつかあった。いい機会なので振り返ってみようと思う。考えてみたら10点あった。

続きを読む

アメリカで2回目のUrgent Care (病院)に行った話 – 溶連菌 –

アメリカに来て2回目のUrgent Careにヨロヨロしながら行った話(1回目はこちら)。今年のクリスマス休暇は11連休であり、カリフォルニアまでロードトリップに行こうとしていた。しかし、ユージーン (オレゴン州)で妻が風邪らしきものをひいてダウンしたので、そのまま家に帰ってきていた。その妻の風邪がうつったらしく、帰ってきた次の日の朝は若干喉の左側が痛かった。その日の昼過ぎ、急激に寒気がしてきて寝込んだらぐんぐん体温が上がり、38.6degCまで上昇した。

続きを読む

Boeing 737-8の制御則はなぜ機体を墜落させたか – ライオン・エア610便墜落事故

10月の終わりに、インドネシアでLion Airの飛行機が堕ちた。飛行機が落ちること自体はそれほど珍しい話ではないが、これがピカピカの新しい機体であり、設計自体も最新であった。最新の飛行機が落ちるということは、運行初期に起こる不具合の一環である可能性がある。そういう点で興味があったので、しばらくこのニュースを追っていた。その日にADS-Bの速度・高度のデータを見てみたら、どうも最後一気にダイブしているのが気になった。

続きを読む

アメリカでちょっと得するお金テクニック3選

日本とアメリカで違うものは結構あるけれど、その中でもお金に関することは結構常識が違うと思う。とはいってもそれほど大したことは知らないので、自分がいまやっていることだけまとめる。アメリカに来た当初からこれらの知識を持っていればもうちょっと得できたなあと今更になって思うので、アメリカに行く予定のある人は頭の片隅にすこし知識を入れておくといいかもしれない。

続きを読む

アメリカではじめて大腸内視鏡検査(Colonoscopy)に行った話

ことの始まりは8月である。8月に人間ドックを受けて、その中に便潜血検査(検便)とCEA(腫瘍マーカーの一種)が含まれていた。9月にその結果が出て、それによると便潜血検査が陽性だったこと、およびCEAが去年に引き続き基準値よりも高いとの報告があった。実際には他にもたくさんひっかかりポイントはあったのだけれど、とりあえずその2つは「大腸がんの可能性あり」ということだったので、大腸内視鏡検査を受けてくださいと医者からのコメント欄には記載されていた。

続きを読む