2010年 4月 の投稿一覧

盗まれた。許せない。

今日、自転車が盗まれた。

f:id:salamann:20100426022008j:image

鍵はバッサリと切られていた。

f:id:salamann:20100426022009j:image

この自転車本体は20万円くらい。あれがないと学校に行くこともできない・・。もし見かけた人がいたら、連絡お願いします。以下に特徴、盗難日時などを載せます。

  • 情報
    • 盗難場所:新宿区若松町
    • 盗難日時:2010年4月25日19:30-24:00
    • 鍵:あったが切られていた。鍵だけ切られて落ちていた。
    • 防犯登録番号:四谷A74074
    • 車体番号:R045850 6JRR8D50-RED
    • フレームサイズ:50
  • 自転車の特徴
    • メーカー:CANNONDALE キャノンデール
    • モデル:R800 2006年モデル
    • 色:フレームは赤、タイヤは前が黒、後ろが黄
    • コンポーネント:105.RDのみアルテグラ
    • サイクルコンピュータ:ASTRALE8
    • ペダル:SPD-SL、ピンクのT-mobileカラー
    • 特徴
      • サドル下の靖国神社と明治神宮の赤いお守り
      • ピンクのペダル
      • 購入店であるBIKITのステッカー。
      • 左側のシフターの「105」と書いてあるところの破損

ちょうど3年前のこの日、自転車を盗まれた。それもロードバイク。

http://d.hatena.ne.jp/salamann/20070428

もういやだ・・・返して・・

就活まとめ4~ES~

昨日は家の掃除をひたすらしていた。特に誰が来るわけでもないのだけれど、ふと見てみたら何もできないようになっていたので、掃除を始めた。階段にあるものとか、積んである紙とかも掃除して、布団を干して、掃除機をかけて、もういらない書類を仕分けして捨てた。

それから新宿にいっておっくんと自転車を見た。ライトとパッチとチューブを買おうと思ったらお金がなくて借りた。その後、スキャナでpdfにできるというのでおっくんにUSB借りてやってもらった。その後、大ちゃんからスコアをもらう。とても弾けるようになる気がしなかった。いろんな人に会えて良かった。

f:id:salamann:20100424232457j:image

新宿南口で自転車降りて待った

f:id:salamann:20100424232458j:image

逆側

ということでESの話。

ES(エントリーシート)は、日系企業であれば1月から3月くらいにかけて、Webか紙か別れるけれど提出することになる。そして「倫理憲章の趣旨実現をめざす共同宣言」を守っている企業であれば、4月1日からの面接になるので、それを待つことになる。

もちろんそれを守ってない企業はその前からガンガン面接がある。

そもそも、外資系の企業はそういうのを考慮していないところが多い気がする。実際9月、10月くらいにもすでにESいっぱい書いていた。他の人たちは特に何もやっていないので、早いのかなーとか思うけれど、企業によってはそれ以降もう枠はないのでそこで全力を発揮しなければならない。

というわけで、ESは企業ごとに書くことになって、内容としては次のよう。

  • 志望動機
  • 自己PR(学生時代の経験とか)
  • どういう仕事をして行きたいか
  • 自分の長所、短所
  • 研究テーマ、その説明
  • リーダーシップやチームワークの経験

など。これを書くため(面接で喋るためもあるけれど)に、「自己分析」なるものをする。自分は今までどういう行き方をしてきて、これからどういう行き方をしていきたいのか。なんで自省する瞬間を外部に決められなければならないんだ、とかいう疑問も湧いてくるけれどとりあえずそっと心にしまう。

最初、「絶対内定」を買ってみた。やるんだ!やればできる!と松岡修造みたいなことが書いてあった。たしかにめっちゃやればできるんだろうなーと思ったけど結局最低限のところしかやらず、結局その場限りで書いていた。

文章を書くのは小学生のときから好きなのであまり苦には思わなかったけれど、やっぱり時間がないときに手書きのESは辛かった。Webだと家でできるけれど、手書きだと郵便局に行って最後のチェックをする。そのくらいの時期には同じような学生が郵便局にいっぱいいて、みんな必死に書いていた。

内容を書くにあたって、気をつけていたのはなるべく具体性をもたせること。書いている出来事、思いの中で、自分が具体的に何をしたか、そしてその結果、今の自分に何が身についてこれからどのようにそれを発揮していけるかを具体的に書くことを心がけた。とにかく具体的に書いた。

ESを見ている人の気持ちになって、なるべく分かってもらえるように書くこと、を心がけていた。その結果、26個出したESで切られたのは4つ。そのうち2つはESというよりリクルータで切られ、残りの2つは英語のESとレジュメ提出だったので、ESのみで切られたのはほとんどなかった。これは書いた内容以外の経歴とかTOEICとか、そもそもESを見てないとかもあるんだろうなあと思うけれど。

あと、ストックを作っておくと同じのを書けばいいので楽。同じような質問が多いので、1つの業界に関して1つあれば、あとは文字数に合わせて調整するだけだった。だいたい11月くらいにだいたいのパターンを網羅できた気がする。

リクルータに関しては頭悪かったなーと今は思う。事業に関して調べて、絶対投資効率が悪い事業に関して疑問をぶつけたりしたけど(相当オブラートに包んだ言い方だけど(笑))、ちゃんとやればよかっのかなあとも思う。でもまああんまり就活以外で話す内容もないし、いいチャンスなのかなあとは思った。

さて次回は大失策を続けたテスト。Web、筆記、テストセンターなど。

就活まとめ3~インターン~

昨日は昼に、大崎にある六厘舎につけ麺を食べに行こう、という話になったのでしっとりしとしと雨が降る中、大崎まで自転車で向かった。いっぱい服を着ていたので暑かった。そのうち大崎についた。なんだか特に何もない駅だなと思って、友達と合流しつけ麺屋へ。1時間半並んで食った。つけ麺大盛り950円。おいしかった。汁が途中でなくなるのが曲者だった。

f:id:salamann:20100424161633j:image

雨の中の六厘舎

f:id:salamann:20100424161634j:image

つけ麺本体

さてその帰り、五反田を過ぎたところでパンクした。タイヤの限界によるパンクで、タイヤ・チューブともに替えなければならない。家にタイヤ予備があったので、そこからひたすら歩いた。白金高輪、麻布十番、六本木、青山、信濃町、四谷三丁目、市ヶ谷・・と歩いて10kmくらいだった。雨を浴びながらだったので帰ったら微熱が出た。タイヤを替えて自転車を拭いた。

ということでインターンの話!

俺は去年の夏にインターンに行った。寮に住んで2週間、指導員の方とインターン仲間と一緒に仕事をした。5時半起き、11時就寝。8時から17時までデスクワークで仕事。毎日インターンの仲間と飲んで、週末も飲んで観光に行った。最後は社員の方と朝まで飲んで東京に帰った。

やっぱりこの経験はたった2週間だったけれど大きいものだったなあと思う。実際にどういう場所で、どういう人たちがどういう仕事をしているか。そんなのは普通の学生ではせいぜいバイトできる会社くらいでしか分からないと思う。

生活習慣がかなり規則正しくなり、それでも1日中仕事すると疲れるということが分かった。研究室にいるよりずっと疲れる。研究室でさぼってるからなのかな。それでくたくたになって寝てしまう。そしてこれだけ短い期間でも、週末が恋しくなる。これはその前の年に行っていた教育実習でも似たような感覚はあった。ただし、対象がものであるか人であるか、というのは大きく違う気はした。

就活をする際に、やっぱり重要だと思うのは、自分がその会社で働いている姿を想像して、そこでどういうことをやりたいのか、っていうことだと思う。同僚から机の質感、机に乗ってるディスプレイのメーカーから、飲みの激しさまで全部想像する。

そうすると、全然想像できないところがいっぱい出てくる。なのでそれを説明会なり、社員の人に会えるときに聞けば良いのだと思う。逆に、想像した時点でそういう人生は嫌だな、と思ったらやめるか、想像通りなのかまた聞くことができる。

そういう点からすると、想像した場所が本当にそういうところか、ということを確かめる絶好の機会なんじゃないかなと思う。実際に採用されればそうやって働くようになるわけだし。もしそこに入れたらこういうところことをしたい、ってことが具体的にあるとアピールしやすいし、そういうことが実際に入ってできるか、を聞くこともできる。

インターンの選考では、実際にインターンに行った会社の他にも受けた。OSのシェア一位の会社と同じ略称の投資銀行も面接に2回行った。落ちたけど。欧系の会社に初めてのES切りにあったりもした。これらはほとんど実際の就活と同じような体験だなあと思った。

実際には行かない会社でも、インターンなら行くことができる。インターンに行った会社以外で受けた会社は、その怖い物見たさで受けに入ったようなもの。こういうことができるのも良い機会なのかなと思う。ただやっぱり研究や授業に支障をきたす、というところは同じだなと思った。

というわけでインターンはおすすめ。できればいくつかいったら面白いのかなーと思う。ファンキーな会社はインターンで内々定密かにくれたりするのは普通にあるので、そういう意味でもお得かもしれないな。あと、ワンデイインターンはあんまり意味ない。

就活まとめ2~説明会~

昨日は論文読んで新しい事実を知り、へえーとか思っていたら大崎にあるつけ麺屋に行くという企画が雨で中止になった。ので、研究室で論文読んで新しいモデル化を考えていたりしていたら池袋に6時ね、と呼ばれたので研究室を後にした。

謎の人たちと会って、天狗でビールを飲んだ。コースターに1文字ずつ書いて、それでバンド名が決まった。その後は池袋をうろうろしてスタジオを予約しにいって、野菜炒めを食べて、帰ってきた。楽しそうだなと思うけれど、家に帰ってスコア探してちょっとギター弾いてみたら絶望した。練習しないと無理だ。

ということで第2回目、説明会。

企業説明会っていうのが選考のまず第一の関門だと思う。大体の企業の選考のフローとして、

  1. (合同説明会)
  2. 単独の説明会
  3. (リクルータ面接 or OB訪問)
  4. ES
  5. 筆記試験(Webテスト、テストセンター、会場で独自のものなど)
  6. 対人試験
    • グループディスカッション
    • グループ面接
    • 個人面接
  7. 内々定

みたいな感じになる。()内はない場合も結構ある。企業側としては一番最初のステップが説明会なんじゃないかなーと思う。インターンとか言ってれば別だけど。というかインターンの話を先に書けばよかったなあ。まあいいや次に書こう。

まず、合同企業説明会だけど、あんまりいらない気がする。インターンの合同説明会とか、普通の合同説明会とかいったけれど、まず人が多くてうんざりする。その次にうんざりすることは、得られることがあんまりないこと。だいたい一つの企業の区画みたいなところで30分-1時間くらいの説明を聞く。

同じくらいの時間だけ待ってその話を聞くわけだけれど、だいたい同時にもらえるパンフレットに書いてあることがほとんど。そしてパンフレットに書いてあることはネットでも分かることがほとんど。そして合同企業説明会に来ない企業もかなりある。企業側としてもあれって意味あるのかなーって気がする。主催者側がもうけてるだけなんじゃないかとか思ってた。

なのでやることは説明が終わって暇な社員と話すこととか、説明してなくてうろうろしてる社員と話すこと。ネットで探せば分かる情報をまったり聞いててもしょうがないと思う。あと質問することとか。そうじゃないと人混みで疲れたけれど結局何やったんだっけか、と思うと思う。恐ろしく効率が悪い。

次に単独の説明会。たぶん企業によって違うけれど、とりあえず誰でも行けて「選考には関係ありません」って書いてある説明会、説明会に来た人のみがESを出せる説明会、ES出した後にある説明会、筆記試験のあとにある説明会、などバラエティに富んでいる。

で、「選考には関係ありません」って書いてあってもたぶん関係ないことはほとんどないので、どんどん行きたいところ。とりあえず分からなくても行っていろいろ質問したりしてると分かってきたり興味湧いてきたりする。最大のネックは予定。説明会ばっかり行ってると本業の研究が何もできなくなって焦る。

あと、質問いっぱい考えておいて、いろんな企業の人に同じ質問をしてみるとか。俺がよく聞いたなあと思ったのは、若い人だったら「入る前と入った後のギャップ」、他は「良いところ悪いところ」「夢は何か」「今までやった仕事で一番やりがいあったこと」とか。給料とか、忙しさ、嫌なこととか聞くとたまに嫌な顔されるけど命を取られる訳じゃないので聞いた方がいい気がする。いろいろ話聞くの楽しいし。

あとできれば説明会の前にいろいろ調べとくといいかも。とりあえず、上場企業である程度大きいところなら、EDINETで有価証券報告書が見られる。

http://info.edinet-fsa.go.jp/

そうすると、B/S、P/L、C/Fの他、どんな事業でどれだけ稼いでいるか、年収、年齢、場所、子会社、などなどかなり分かる。財務諸表が分からなかったら、MBA入門とか財務諸表の読み方とかの本が売ってるのでそういうのチラッと読めばとりあえずは分かる。あとはその業種の現状とか。俺は、その業種に未来があるかってことを常に考えてた気がする。

ということで次はインターンの話。しかしこういっぱい書いていると最後まで書くまで俺の気合いが残っているか非常に不安だ・・。

就活まとめ1~概要とまとめ~

今日は輪講発表だった。ということで先週からちょっとずつ準備をしていたのだけれど、面接があったり、魚を見たり、打ち合わせがあったりしてて先週はあまり準備をしていなかった。これでなんとかなるだろうか・・というクオリティで不安だった。

結果的にはとりあえずなんとかなったけれど、やることが山ほど出てきた。実際に山のようだ。俺の机の上には必要な資料が積み重なっている。先人の知恵が集まった資料を見ると、アメリカ人やりおるな・・という思いでいっぱいだ。なんという積み重ねなんだろう、と思う。

f:id:salamann:20100421232911j:image

積み重なる読むべきもの

ところで就活の話だ。就活が終わったわけでは全然ない。けれど、9割は終わったかなという気がする。まだニートになる可能性があって全然気が抜けないし早く来年どこに行くのかを決めたいのだけれど、自分で決められることではないので待つしかない。こんな記事書いててニートになったら笑えないので精一杯頑張ろう。

まあだけど大体終わったので、結果を発表しようと思う。応援してくれた皆さん、それから来年とかその後に就活する人のために少しはなるかな。恥の多い結果なので見せられるようなものでは本来ないのかもしれない。具体的な企業名が知りたい人は個人的に連絡くださればいくらでも喋る。ちなみにこの日記はしんぺーの去年の日記にインスパイアされて書いています。参考:

http://blog.livedoor.jp/uhyohyo28/archives/55246062.html

受けた業界は、

  • メーカー(飛行機関係+α)
  • 戦略系コンサル
  • IT(SIer、ITコンサル、ベンダ)

の3つ。例外もいくつかあるけれど、だいたいその3つかなと思う。去年のいつだか忘れたけど、誰かが「3業種受けるといいよ」と言っていたのでそうした。受けた数は、ES出した会社が合計で26社。多い!って思うかもしれないけれど、これはちょっとからくりがあって後で書こうと思う。

さて気になる選考の結果は、

  • 結果
    • ES出した数———————-26社
    • ES落ちした企業——————-4社(リクルータ選考含む)
    • 筆記落ちした企業—————–7社
    • 1次選考(面接・GD)で落ちた企業—–9社
    • 2次選考で落ちた企業————–1社
    • 3次選考で落ちた企業————–1社
    • 4次選考で落ちた企業————–0社
    • 内々定もらった企業—————-2社
    • 最終で辞退しようと思ってる企業——1社

だった。でも今のところはこの中に入っていない名古屋にある企業(次が最終面接)に行こうと思っていて、その日程がまだ決まらないのでとりあえず一段落した感じ。でも迷っている・・。それに落ちたら内々定もらっている会社に行けるかっていうとそうではなくて、入社承諾書の期限があるためたぶんニート。

しかしこう見てみると落ちまくってるなあと思う。その最大の原因は筆記で落ちまくったコンサル。筆記で落ちると、面接まで行けなくて雰囲気を勉強することもできない。むかしの自分に言っておきたいのは筆記の勉強をしとけよ、ってことだと思う。筆記についてはまた別の機会に書こうかな。あと、当たり前だけど文系よりであればあるほど選考は厳しい気がした。コンサル>ユーザー企業(理系職)>メーカー(理系職)ってイメージはそんなに間違ってない気がする。

とりあえず結果まで。ちなみに、夏のインターンは

  • 結果
    • ES出した数———————-3社
    • ES落ちした企業——————-1社
    • 筆記落ちした企業—————–0社
    • 1次選考(面接・GD)で落ちた企業—–0社
    • 2次選考で落ちた企業————–1社
    • インターン合格した企業————-1社

だった。これも日系企業の選考が楽だと思った。インターンで少しでも働くと、その会社でどういう風に働くか、働くとはどういうことか、実際の生活なんかがわかるし、ぜひやったらいいと思う。行きたい会社にいっておけば、就職したあとで「こんなはずじゃなかったのに」ってことにならずにある程度納得して行けるかなと思える気がする。あと、夏のインターンで内々定くれるところもあるから行っておくと気持ちが楽になるかも。

とりあえず今回はここまでで、次からは説明会、ES、テスト、面接、GDなんかに分けて書こうかなと思う。あとは研究との兼ね合い、博士課程との比較、いろいろな噂、周りの感じなんかについて書いていこうかなと考え中。

旅立つ季節がやってきて

この前の日曜日、タカフの家の片付けを手伝いにいった。ヤンといっしょに自転車に乗って向かうと、妹さんとタカフが部屋を片付けていた。以前は真っ黒であった便所も、足の踏み場がなかった部屋もずいぶんすっきりしていた。床はまだじゃりじゃりしていて毛が落ちていた。

画面とかスピーカとか本とかをえっちらおっちら5人くらいで我が家まで運んできて、そしてまた戻ったら家に入りきらないほど人がいて、その後さらに増えて15人くらい5-6畳くらいの部屋の中にいた。狭いところに人が多いと楽しいなあと思う。

タカフはすぐに酔っぱらって、暴れていた。むかしよりよく暴れるようになったなあとか思いながらなるべく遠くで見ていた。近くで写真を撮っていたおくは、殴られたり蹴られたりメガネ外れたりしていた。その後てっちゃんと外で話したり、反省会したりした。

12時を過ぎたので帰って、翌日は昼間は面接に行き、夕方からてっちゃんの車に乗ってタカフを空港まで送りに。ひどい天気で、雨が少し降っていて風はかなり強かった。途中まで下道を走っていたけれど、タカフが「高速だ!」というので高速になった。高速は速くて感動した。

暗くなってからの雨がたまった高速の路面は恐ろしかった。何か恐ろしいかって、前を走る車がいるとその車が時速百キロで走りながら車輪で跳ね上げる水がミストになって降りかかること。ワイパー大活躍。自分としてはミストでタイヤ回りの流れ、もしくは車のウェイクが見られて楽しかった。

空港についてタカフの妹ときみちゃんと合流し、夜ご飯を食べた。芽ネギの寿司を初めて食べた。将太の寿司で読んで、1回は食べてみたかったので満足した。その後、タカフに「俺の分もがんばってきて!」と言って見送った。これは一番言いたかった言葉。多分伝わってない。

f:id:salamann:20100416202655j:image

自転車を預けるのにもたつくタカフ

帰りに西船までてっちゃんが送ってくれ、東西線で寝ながら帰ることができた。高速は間違えて降りてもキャンセルできる、ということを初めて知った。その次の水曜には名古屋に行き、どてなんとか(串とか煮とか)を食べてビール飲んで楽しくなった後に、新幹線でキットカット食べながらビールを飲んで帰ってきた。

f:id:salamann:20100416202656j:image

キットカットとキリンビール

就活も終盤だなあと思う。春なのになかなか暖かくならない。タカフはフランスにいって、ひろきもフランスにいって、てっちゃんは行員となり、俺はどうするのかな。WASABANDも次の道を決める季節。俺はどうしようか、迷っている。行き先がないということはないので、幸せな方なんだろう。迷う期限は来週の月曜まで。昨日で25になった。なんて立派な大人に見える年なんだろう。

悩む悩む

昨日と今日は久しぶりに就活をせずに、研究室で研究をしていた。モデル化してプログラムを書いてうーんうまくいかないななんでだろ、ああこれか!っていうのを繰り返していたら色々できあがってきた。でもまだまだ一番重要なところがモデル化できてない、というかどうやってモデル化するのか分からない。

研究室も新しい人たちが入ってきて、人数が増えてなんかちょっと違う感じになったなあという雰囲気。いいのか悪いのか分からないけれど。研究もいろいろできてきて、その回り方が分かったり、どうしてそうなのか、が分かると楽しいっていうのもある。あと分かったときにドキュメントに落とす、プログラムに落とすっていうのが意外と楽しい。やり始める前までは何もやる気が起きないのが曲者。

4月に入りなんだか寒いけれど2週目が終わる今、就活は終わりに向かっている。まだ終わってないけれど、思っていたより長かったなあと思う反面、長く感じていない自分がいる。思えば去年からいろいろやってたなあと思うと、自分の能力のなさを感じることもある。でもどんな会社入っても、どんな仕事をしても楽しいだろうなーと思うので特に後悔はしない。最初の仕事で全て決まるわけでは全然ない。

4月1日から毎日面接の日々で、いつの間にか時間がたっていた感じがする。2月、3月もいろんなところに行ったし、いろんな人に会って話ができた。なんて就活のまとめみたいなこと書いてるけどまだ来週は面接3つあるし、まだまだ。全部終わったらまとめを書こう。しんぺーが去年書いてたまとめは10回以上読んでたし、ああいうのを目指したい。

今一番悩むのは、何の仕事をするか、ということ。いくつかオファーを受けたらどこにするか、ということはたぶんみんな最初に決めることなんだろうと思うけれど、未だに決めかねている俺。いろんなことやってみたいし、できれば体が二つあればもっと仕事出来る場所が増えるのにな、とも思う。

場所、仕事の内容、給料、忙しさ、周りの人たちがどんな人たちか、だとか色々選ぶ基準はあると思うけれど、どれも体験したことがないから想像でしかない。やりたかったことは本当にやりたかったことなのか、それもよく分からない。今こそ考えるべきときだと思う。

ドキドキできる来年を夢見て週末考えよう。寝る。

f:id:salamann:20100410021722j:image

皇居のお堀の桜が夕日に沈むところ

f:id:salamann:20100410021723j:image

靖国神社の夜の出店

結婚しました

長い長い冬を乗り越え、内定を頂き、この際だから結婚しよう!と思い結婚することにしました。今までの辛さもこれで乗り越えることができます。みんなありがとう!

・・・・゜・(つД`)・゜・