自転車

そして伝説へ

今日は朝、多少早く起きて学校に行って、ゼミのために頑張って作ったノズルの静温分布、静圧分布、マッハ数分布のグラフを印刷しようと思っていたのに、目覚めたら10:10だった。ゼミは2限なので10:40前くらいから始まる。ということで柿とバナナを食べて、おにぎりを作って出発。学校に10:28に到着して製図室に駆け込み、パソコン立ち上げて印刷し、ゼミの部屋へ。

丁度くらいの時間に到着し、みんな(といっても4人だけれど)結果を報告。解析の結果はみんな独自でやってそれぞれが正しいかどうかを確かめるので、他のやつのを見たら同じような感じだった。1人、マッハ数が4まであがったりマイナスになったりしてるのがあって面白かった。しかし熱伝導は熱伝達の式と同時に、メッシュを切って各時間ステップごとに定常と仮定してやるのか・・面倒だ。

ゼミで読んでるCFDはようやく本が終わりそうな気配がしてきた。8章中、座標変換と格子生成の7章まで来た。8章は有限体積法だからもうかなり来た気がする。激しい本だった。誤字脱字の多さと内容の不親切さがやばいけれど、勉強にはなった。英語の方は終わりが見えないけれど、内容はようやく面白くなってきた感じがする。今は音速の定義、

¥sqrt{(¥frac{dP}{d ¥rho})_{isentoropic}}

のあたり。

3限は電気なんとかの力学。今日の内容はなんだっけかな、最初にベクトル場とスカラー場とかやってて(ヴェクタとスケイラw)それからテンソルとかなんとか言ってて、反変ヴェクタ、共変ヴェクタの話。反変速度っていうのがCFDの座標変換でゼミで出てきたので本日2回目だと思った。あとは実験のグラフ書くために自在定規と格闘していた。レポートが返ってきてCだった。答え合ってても書き方が駄目らしい。

4限はガスタービン・ジェットエンジン概論。今日はブレイトンサイクルの話と、やっぱりTs線図、それから飛行機とロケットの推力の話。先生の説明が慣れてきている感じがした。ジェットエンジンの予冷とかの話が分かった。後、RRの3軸シリーズ「トレント」とか。最後の演習で全部やろうとした。先生がたまに説明が速いときに逆のこと言ってるなと思った。

5限は宇宙科学技術。今日も先週に引き続きJAXAの鈴木さんという人。先生は「知らないけどグループ長って偉い人なんじゃないか」って言ってた。内容は衛星の制御の話とGPS。ゆっくりやってみたいと思うものの速くてうーんと思っているうちに先に行ってしまったので一人で英語の勉強をしていた。話が聞き取りやすい人と聞き取りにくい人って絶対いる。

たとえば流体の若い方の人の話は凄く聞き取りやすい。おじいちゃんは聞き取りにくい。水曜の材力的な授業のおじいちゃんのも聞き取りにくい。そして今日の宇宙何とかの人も非常に聞き取りにくい。自分はどうかを言われれば自信ないけれど、人に聞き取ってもらうために練習も必要なのかもしれない。意図が伝わらなきゃ言葉なんて無意味。

帰ってご飯を食べて課題とかやる。そういえば生物のレポートは通ったのは4人だけだったらしく、4人以外は全員取りに来ることってことになってた。明日開いてるのかな。4階の化学の実験の準備室的なところ。そして試験飛行に行かないかと悲観主義者に誘われてた。飲み会に行くお金もないしどうしようかと思っていたところだ。でも寒そうだ。

あと、友達にFortranのデバッグを頼んだらすぐに答えが出てうれしい反面少しへこむ。昨日4時まで頑張った俺はなんだったんだと。そしてギター弾いてた。タカフはスタジオmp3アップしないのかなあ。自分のひどい歌聞いてちょっとはフィードバックしたいのだけれど。

この前筑波に行ったときに「何歳までストライクゾーンか」って話をしたのだけれど、中3から45とか広いなーと思った。中学生・高校生はありえないとにのは言っていたけれど、俺は中2から35くらいかなと思った。でも中2ととか想像つかないなあと思っていたのを何故か今日思い出した。

Javaでも書いてみたのと明日

さて今日は遅く起きてしまったぐったりしている。振動のレポートも加工実習の図面・工程表も全くやっていないので危機感を感じてきた。まわりのやつらは振動のモデルとかたてて微分方程式解いてたなあと思い出す。でもやる気がしないのでやっていない。という駄目な状況。

さて、昨日Fortranで書いたボールを上に投げ上げるのをJavaでも書いてみた。無駄なことしてる気がするけれど、計算速度を見たかったわけで。ソースは以下の通り。Fortranのは昨日のに載ってるけど、Javaのほうが面倒くさい。Java素人なので詳しい人いたらここが駄目だって言ってくれるとありがたい。

ということで時間を計ってみよう。多分この計算でdt=0.001だとあんまり差がつかないだろうから、さらにそれを10分割してやってみよう。計測開始。お、以外にFortran遅い。実はあんまりメリットないんじゃないかFortran。時間は、

  • Java

javac:5秒、java:4秒

  • Fortran

g77:7秒、a.exe:1秒

うーん大して変わらんな・・と思ったけれど、二回目から違う。Javaは二回目で多少高速になったけど、時間かかってて、Fortranはプログラム新しくしても一瞬で終わる。一日の最初だと遅いんだろうか。と思ってさらに10分割してやってみたら、

  • Java

javac:5秒、java:7秒、合計12秒

  • Fortran

g77:0.5秒くらい、a.exe:1秒:合計1.5秒

ということでFortranの勝というか圧勝。なんか最初だけ遅いけど、それから後は刻み幅が激しくなっても計算時間がほとんどかかってないのかな。

素人考えだからよくわからないけれど。あー課題やらないと。明日、ロード新歓の予定だけど雨降りそうでやだなあ。雨だと中止だろうから晴れて欲しい。

ロード新歓、明日やるにしてもやらないにしても相模湖からのルートどうしようかな。大垂水峠のあとに413号に抜けて、牧馬峠(まきめとうげ)に行くコースとそのまま橋本に直行するコースを考えた。峠二つくらい行ってみたいけどみんなの調子しだいだろうなあ。

橋本直行:http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=a35afa24272d7cebb3174bebf9b45ddb

牧馬峠へ:http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=401a15444a3e169dd7a912f0254b5a99

パオロ・ベッティーニ

土曜に花火があるってことで実家へ。そうしたらいとこの姉妹が来ていた。どちらももう社会人。花火は雨が降ったりやんだりする中行われていたけれど、花火自体はやっぱり良かった。なんといっても近いし、惜しげもなくガンガン打ち上げるし、結構感動した。毎回この花火は期待してないにもかかわらず「お、結構いいな」と思う。

雨降ってる中わざわざ花火見に来る酔狂なやつがどのくらいいるのかと思っていたけれど、めっちゃ人がいてびっくりした。酔っ払いの大学生も帰るときに結構見かけたので、雨っていう理由でこなかったらあいつらに負けてるなと思った。帰って寝た。

次の日曜、生物のレポートを書きつつ、いとこと母親の会話を聞いていたら面白かった。人と着眼点が違う人の話を聞くのは楽しい。それから何故かブートキャンプをみんなでやってた。俺はレポートを書いていたのでやらなかったけれど見ている限りそんなに大変そうじゃないなと思った。でも本人たちは辛そうだった。座間味でダイビングしてきた弟に話を聞いたらうらやましくなった。夜に帰る。

帰ってきてから少し寝て、思い出してCyclingTVを見る。CSで見たほうが日本語解説だし画像きれいだしいいけれどそんなお金はないので。何故か音声がなく、さらにジャージがプロツアージャージじゃなくてナショナルジャージなので選手の判別が難しかった。段々見ていたらわかってきたけれど。

ということでロード世界選手権。267.4kmも走るのにクリテリウムで大変そうだなと思う。序盤は寝ていて見られなかったけれど、途中から見ていた。普段別のチームなのに国ごとで集団をコントロールするのとか面白かった。そして見ている間にどんどんアタックの応酬。あんなにアタックしてたらほんと大変だと思う。

終盤になってイタリアとかが高速で鬼引きをしだしてから、集団は一気に人数が減った。確認する限りでは日本人が見受けられなかったのでそれはちょっとがっかりしたけれど、あんなペースについていけるのも異常じゃないかとか思った。ああいう集団の先頭を50km/hとかで引くのは700Wくらいの出力が必要らしい。これは狂気だなあと思う。

最後あたりでアタックが決まり、ベッティーニ・エヴァンス・シューマッハ・コロブネフ・フランク=シュレクの5人がさらにそこから飛び出した。そのアタックにフレイレがいなかったのでスペインはバルベルデもアシストとして集団を引っ張っていた。普段はエースをやっているのにアシストをやるってのが面白い。そんなこと言ったらイタリアとかエースばっかりだけど。

最後、ベッティーニがコロブネフを差して勝つ。勝った瞬間、弓を射るようなポーズをした。あれはもう勝ったらこうやるとか決めてたんだろうなと思った。その後ベッティーニは感動して泣いていた。やっぱ世界選手権連覇は並大抵じゃないだろうなと感じた。結果を見たらDNFが大量にいた。あの展開ではどう考えても厳しいだろうなと思ってたらやっぱり、と思った。ということで今年もアルカンシエルはベッティーニ。

cyclingtimeより引用。ドイツとか一回ロードで走ってみたい。

同じくcyclingtimeより引用。大活躍のイタリアアシスト陣。

そして寝て、今日の授業。朝起きたらめちゃくちゃ眠かった上に昨日かなり風邪っぽくて頭が痛く、鼻水も出ていたので体調は悪かった。なんとか学校に行って、授業へ。

2限は音楽論。”音楽”という二文字に惹かれてとってみた授業。私語厳禁・遅刻厳禁・睡眠厳禁という厳しい掟があった。でも筆箱忘れた俺は私語厳禁でどうやって出席カードを書くペンを借りようか考えていた。授業自体は音楽を聴いてるだけの幸せな授業。先生のピアノの生演奏で授業が終わった。本日の曲目:交響曲第9番「新世界より」 (ドヴォルザーク)、ジムノペディ(エリック・サティ)とその他知らない曲。

昼休みは端末で研究室のサイト確認したらIEでレイアウトがバグっててぐったりした。その後、パンショップでしんぺーに会い、格納庫前でロード新歓の相談。調布-大垂水峠-橋本というコースに決定。てっちゃんは脚が治らないらしいけれど3年俺だけなのかなあ。しんやすは来ないのか。

3限はターボ機械。若い方。内容がうちの先生の授業と若干かぶっていた気もちらほらする。でもこっちの授業の方が幅が広い気がした。発電所とかの話がメインだったので。簡単が演習とかいうか書いて出すだけのを出して終わる。内容は面白そうだけれどやっぱかぶってる。

4限は高速流体力学。おじいちゃんのほう。相変わらず黒板の字はなんて書いてあるのかわからない。でも前の方に座っていたので2年の流体の授業よりかはおじいちゃんが何を言いたいのかは分かった。レイノルズ数、マッハ数の話のあとに、孤立系・閉じた系でのエントロピの話。プリントの間違いを発見した。

5限は産業総論。いろんな人が来て話をするらしいが今日はまとめ役の先生がいろいろ話して、さらに圧延の話をして終わった。2年のときの塑性の授業は全くつまらなかったので寝ていたけれど、今日の話は面白かった、というか人として面白い人だと思った。しかも出身高校が同じであることが判明して好感度が増した。レポートにこのこと書いたらなんか言われるだろうか。

6限は理科教育法3。ここらへんになると一日が長く感じ始めてきた。自転車を飛ばして16号館に着いて授業開始。どうやら模擬授業をひたすらする授業のようだ。自分の模擬授業はカメラで撮られてDVDで渡されるらしい。さらに全員のコメントも渡されるとか。ためになりそうだ。様々な学科の人がいた。多いのはやっぱり生物と地学の人だったけれど。機械がもう一人いてびっくりした。さらに年齢層の厚さにもびっくりした。自己紹介でパイロットやってましたとか言った。でもワイヤについて説明するはめになった。

その後帰ってぐったりしつつmixiが新しくなったなとか思う。明日はバンドの朝練らしいけれど起きられるのかな。

授業と世界選手権

起きてみると9:04。ちなみに1限は9:00から始まる。目覚ましの音楽はめっちゃ大音量で「絶望ビリー」が流れるようになっていたはずなのに。バナナだけ持ってすぐに家を出る。9:18くらいに製図室に到着する。どうやら雰囲気的にまだ間に合っている感じで運がよかった。

1・2限は加工実習。班分けが変更されたおかげで自分の班は同じ研究室のやつと出席番号が一番違いのやつだけになって、気兼ねなくできてよかった。よくわからないままジャンケンで負けて班長になり、軸と歯車の設計を振り分けて基礎設計。強度計算とか謎なので適当に数字を決めてしまったけれどあれでいいんだろうか。

3限は燃焼工学とかいう授業。多分暇な授業なんだろうからとか思って、友達に麻雀の役を説明する紙を印刷しようと端末に行ったらカツジに会った。プリンタの調子が悪かった。授業中は麻雀の役を書いてたら終わった。この授業は意味あるんだろうか。

それから友達と図書館に行って大量の本を借り、一冊しかない本の授業に使う部分をコピーしにラウンジへ。ラウンジには例のタダコピが導入されていていくらでもコピーできるのに感動した。その後端末を探して歩いて、なんとか探したあとはちょっとボーっとしていたら授業の時間になった。

5限は航空構造力学とかいう授業。先生の話と黒板が分かりにくい。タカフがいたのが意外だった。なんだか棒と板とシェルだっていう話をしていた。途中で悲観主義者が摩擦攪拌接合の略語を先生が間違ったときに失笑していたのが聞こえた。俺はひたすら図書館で借りたAjaxの本を読んでいた。

それが終わって掲示板見てたらたびとに会った。少し会話して家に帰る。誰もいなかった。親戚のおじいちゃんが亡くなったという話を聞いたから多分葬式にじいちゃんは行ってしまったのだと思った。ご飯を適当に食べていたら部屋に巨大なガが入ってきて蛍光灯にアタックし始めた。しょうがないので掃除機で吸った。

その後部屋に行ったら寝てしまった。そういや研究室のサイトを昨日作っていたのが大体完成した。でもデザインが糞なので直したくてしょうがない。誰かwebデザインをレクチャーしてくれないかな、配色とかレイアウトとか。

そして週末の行事といえば調布花火大会・試験飛行(現役はやるのかな?俺は免許ないし行けないけど)・世界選手権(ロード)。調布花火大会は異様に近い位置から打ち上げるため、ほぼ真上に花火が見えるのが特徴。みんな来るのかな。試験飛行は分からんけどやるんなら頑張って欲しい。そして世界選手権。

世界選手権は一年で一番メジャーなワンデーレースだと思う。ドイツのStuttgartで行われる。普段チーム別に走っている選手が国対抗になるのが面白い。そしてイタリアとか特定のチームはメンバー豪華すぎ。日本からは別府(Discovery)・新城(nippo-meitan)・宮澤(nippo-meitan)で出る。別府・新城はそうだろうと思ってたけどあと一人は宮澤なんだと思った。

イタリアはエントリーリストでは(ロード)DI LUCA Danilo,VISCONTI Giovanni,TONTI Andrea,BERTOLINI Alessandro,CUNEGO Damiano,BALLAN Alessandro,TOSATTO Matteo,POZZATO Filippo,BETTINI Paolo,BRUSEGHIN Marzio,NIBALI Vincenzo,MAZZANTI Luca,REBELLIN Davideと豪華すぎるメンバー。ベッティーニ(QuickStep)が連覇を狙うからエースはベッティーニだろうけど、今年ジロ総合優勝ディルーカ(Liquigas)とか、ツールでステージ優勝したポッツァート(Liquigas)とか、バッラン(Lampre)とか。普段チームではエースやってるけど世界選手権ではアシストに回るってのが面白い。クネゴ(Lampre)とか出るのかなあ。

そういや結構ロードって東欧系の選手が強い気がする。ロシアから分離したような国とか。ロシアはカルペツ(Caisse d’Epargne)・グセフ(Discovery)・メンショフ(Rabobank)(ブエルタ総合優勝)とか出るし。血液で去ってしまったけどカザフスタンも強いしね。逆にフランスはツールやってるくせに弱い。

スペインはバルベルデ(Caisse d’Epargne)が出るか分からないけど、メンバー的には強い。フレイレ(Rabobank)・サンチェス(Euskaltel)・サストレ(CSC)あたり。アメリカはなんでライプハイマー(Discovery)でないのか分からないけど、ヒンカピー(Discovery)がエース。オランダとかよく見ると強そうだ。デッケル(Rabobank)でるのかな。ルクセンブルクは小国だけど、アンディ=シュレク(CSC)とフランク=シュレク(CSC)、キルシェン(T-mobile)。地元ドイツはシューマッハ(Gerolsteiner)がエースらしいけど、ゲルデマン(T-mobile)が出るのが面白いなと思う。

オーストラリアはエヴァンス(Predictor-Lotto)とロジャース(T-mobile)かなあ。地味に強いイメージ。今回のコースは周回コースで一周19.1kmを14周して267.4kmらしいけど辛いコースだなと思う。獲得標高5780mとか人間技ではない気がする。アップダウンが多いからスプリンターは勝てないんだろうなあと思う。誰がアルカンシエル着るんだろうか。TTはツールで暴れたカンチェラーラ(CSC)の連覇に期待。

この何日かのできごと

まずいつだっけか、WASABANDの朝練があったけれど思ったとおり寝坊して5:00におきてしまったのであきらめてまた寝て11:30くらいに起きた。クビになるか初音にボーカルが替わってしまうかとか思ってビクビクした。その後カラオケだとかいう話で、巡航37km/hとかで行ってみたらてっちゃんが携帯屋でなんかやっていてその後格納庫へ。食べ放題に行く予定だった。

でも格納庫の現役たちは忙しそうで食べ放題メンバーは特に増えず、しかもてっちゃんが大量にクロワッサンを食べたので満足したらしく流れてしまった。格納庫は楽しそうでよかった。その後松屋に行ってカレーとか食べていたらてっちゃんの体力が限界に来たらしく帰ってしまった。

その後180とヤンに聞いたらヤンは二徹で怖いもの無しらしいのでタカフ・俺・ヤンで飲み。主に久米仙というか久米仙しかなかった気がする。チーカマとか食べつつヤンが一年生のときは23代をどう思っていたかとかを聞いたりなんだかそんな思い出話をしていた気がする。

そして木曜にゼミがいつものようにあってCFDは難しく、いつものように消化不良だった。後期はどうなるんだろうななんて思った。明日の説明会にボイラーの話をしにいくよと先生が言っていた。その後、友達のうちでなんかやる企画があるらしいとのことで帰ってからロードで出発。

千葉方面に行くには「湾岸道路」と「14号線(靖国通り→京葉道路→千葉街道)」の2パターンがあるけれど、前者は広くてスピード出せるけどほぼ自動車専用道路で生きた気がしない。後者はあんまり広くないけど道は普通、しかし江戸川を渡る区間が自動車専用有料道路になっていて非常に不便。

京葉道路・靖国通りの境目。

結局後者で行って、江戸川を迂回してよくわからない橋を二回渡ったまではよかったけれどその後迷う。よくわからないまま幕張あたりまで行ってしまう。津田沼まで戻って友達と会い、ラーメンを食べた。量が多くてやばかった。その後友達の家に行って飲みつつ話しつつ麻雀を教えたりやったりしていた。みんな流れくらいはできるようになった。

朝起きて13:00のガイダンスに遅れないために必死で自転車で走る。昨日の道も晴れていれば迷うことはなく、快適に進み、時間があったのでバナナを家から持ってきてヨーグルトを食べ、ガイダンスへ。バナナを食べつつ始まるのを待って、話を聞いた。たいした話はなかった。うちの先生が話していたのはゼミのときより頑張ってるなと思った。タカフに聴いたらバナナが目立っていたらしい。

その後格納庫に行っていろいろ話をしたりしたあと、限界を感じて家に帰った。

そして土曜日、呼ばれて九段下へ。それから靖国神社近くの高校へ行ってみたら入り口で止められて怒られたりしていた。行ってみるとてっちゃんがビクビクしていた。軽音のライブとかを聴いてから地下に行って帰る。その後SUBWAYでなんか食って、家に帰ったのちつくばエクスプレスと勝負しにでかける。

家を出たのが19:10くらい。つくば到着は22:10くらいで丁度3時間くらいかかった。つくばエクスプレスは秋葉原つくば間で一時間弱だからほかの電車とか歩きとか入れてもたぶん負けただろう。敗因は信号と都内の渋滞。それから一回セブンで3分ほど休憩したこと。それ以外は大体33-35km/hで巡航していた。6号線も柏を超えたあたりからは走りやすい。

つくば在住TEZの家で話たり麻雀やったりして過ごした。二人働いていて二人大学生。バイトやってない俺はもっともお金がなかった気がする。サンドバッグがあったのでそれを殴ったり蹴ったりもしていた。朝寝ていたらコタツの半分布団がないところに入って寝ていて寒かった。

次の日、漫画を読んだりぷよぷよやったりしてから、弟の話とか生物の話とか今後の話とかフレームワークの話とかしてから帰ることに。みんな仕事のこととかで悩んでいる。収入が得られるようになったらおごらないとなあと思う。最近おごられてばっかりだ。バイトやらなくては。php覚えよう。

つくば駅のローソン前にいた子猫たち。やせてた。

帰りはジャスコ柏店でノート買ったりしつつ帰った。道が混んでいてスピード出せなくて時間がかかった。青砥あたりからが長く感じた。あとは最初の408号線も。それから牛久大橋の下りは生きた心地がしなくて限界を感じた。家に帰ってご飯を食べて限界で寝た。

我孫子あたり。

自転車の走行距離:

津田沼往復:90km

つくば往復:147km

走りに行きたいなあ。現役のときより脚が腐ってる気がする。

沖縄土産

昨日ようやく一週間にわたった生物学実験が終わった。最終日は午前中にネギの発芽したやつを中学校でやった酢酸カーミンで着色して細胞分裂の様子をスケッチするってやつ。中学校とか今考えると結構昔だなあ。午後は前にやった、土からLB培地・CMC・Glcにまいて培養したやつと、自分の手の細菌をLB培地にまいて培養したやつの観察。LB以外はあんまりいなかった。LBは顕微鏡で見たら気持ち悪いほどうにょうにょしてたけど。

それぞれの培地。

なんだかあっけなく終わってしまったので家に帰っていろいろやっていたらいつの間にか6時くらいになって、夜ご飯を食べた。そうしたら寝てしまって10時半くらいに起きて、普通の人はこれから寝る時間だろうなとか思っていたら友達から電話が来てこれから飲もうという話になった。ということでそこからタカフとRailsを使った新しいwikiライクなものの相談とかしてから出かける。

待ち合わせ場所までロードで行ったのだけれど、最初こぎはじめたときに異様にきつく感じて、「俺の脚もついに腐ったか」と思った。(実験で一週間くらいロードは乗ってなかった。)でもこいでいたら普通に戻って甲州街道で巡航35km/hくらいで外人とかといつもの草レースみたいなことをやりつつ明大前に到着。時刻は12:30(夜)。待っていたら友達Sが来て飲み屋へ。

ヒゲが生えていた以外ほとんどSは変わっていたなかった。お互いの現在の状況とか、昔のやつらはどうなったのかとか、そんな話を最初にしていた。その後はそいつのバイト先の話を聞いていた。バイトも大変そうだなあと思った(学生から見て)。業務的にもそうだけれど、むしろ変な奴が多いってことで。楽しい時間は過ぎ、出世払いにしてもらった。

その後ちょっと歩いてから別れ、俺はそのまま実家へ帰った。着いたら午前4時くらいだったけれど弟がまだ起きていて、パンク修理をしていた。どうやら弟のロードのパンクの原因もリムテープだったようで、リムテープは結構曲者だなと思った。それから朝まで怪しい記憶術の本を読んだり、東京裁判の本を読んだりしてから午前九時くらいに寝た。

昼の12時くらいに起きたら父親がラーメンを作ってくれた。その後本を読んだりしてから英語の勉強を多少やった。夏休みやりたかったけれどほとんどできなかったしこれからだわと思う。TOEFL-iBTは日本人にはつらいつらいテストらしいし。リーディング以外のスピーキング・リスニング・ライティングはちゃんと勉強しないとできないだろうし。とりあえずは

TOEFLテストライティング・ゼミTOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)TOEFLテストリスニング問題350 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)

をやろう。そしてPBSとか聴こう。間に合うかなあ。

そして後期も始まってしまう。多分一日六時間くらい英語やらないと間に合わないだろうな。でも俺の意思から言ってそんなにできないんだろうと思う。

サブプライム

この前書いたのがJAXAに行ったときだったから、それからすでに一週間以上経ってるなあと思う。夏休みでやることない(実際にはやらなければならないこと、やっておいたほうがいいことはあるのだけれどやってない)ので書かなかったかというとそうでもなく、単に書かなかっただけ。

まず、先週の火曜に山中湖に旅立とうとしたら道志道に入ったあたりでタイヤがバースト。何回パンク修理してもパンクするのであきらめて弟に車で迎えにきてもらった。その足でなるしま立川店に行ってタイヤを買い、家に帰ってタイヤをはめる。異様に硬くて大変だった。これで前がHUTCHINSON、後ろがMICHELINになった。後ろのタイヤだけ水色。

水曜に再び出発。しかし出発してすぐ、タイヤを変えたにもかかわらず多摩川CR上でパンク。直して進むもさらに野猿街道の橋本の手前でパンク。そこでチューブが尽きたので橋本で自転車に行ってパッチとチューブを補給した。最初に行った店では700*23cのチューブは置いてなくてびっくりした。次に行った店では空気が100円したけれどもうパンク修理したくないので入れてもらった。

そこからひたすら道志道ののぼり。めちゃくちゃ暑くて大変だった。水は一瞬にして飲んでしまうのでコンビニがあったら補給。でもこの道はコンビニがほとんどないので実際は汲んで背負っていくのだけれど。今回は背中に大量に荷物を背負っているので重い。すでに上り始めてすぐ腰が痛くなった。

途中で下りもあるし、そんなに勾配がきついのぼりでもないので進んでいくけれど結構つらいところはある。なんといっても背中に背負ってきたのが間違いだと思った。次からは宅急便で送ろう。途中で湧き水が出てるところがあるのでそこで水を補給。さらに途中で財布が落ちていたが中身は入っていなかった。

道の駅。

そのうち道志の道の駅について補給していたらそこらへんの人に話しかけられた。新宿からって言ったらびっくりしていた。さらにそこから山伏峠のアプローチ。最初は普通の上り基調の道だけど、最後の4kmくらいが結構勾配がある。荷物が肩に食い込んできつかった。なんとか上り終えて下る。

そしてそのまま合宿所につき、剣道開始。そう、山中湖に来る目的は自転車半分剣道半分。バイアスロンみたいに自転車+剣道っていう競技があったら得意だと思う。3日目でヘルプが来ていた。流石合宿、見ていて辛いほど懸かりが続いていた。よく現役の頃はあんなに動けたなと思う。

その日はだいぶ酔っ払って、さらに次の日も剣道三昧。俺はほとんど最近やってないのでOBとは言え辛かった。二日酔いも。午後に現役ナンバーワン戦があって、8年ぶりに主将が優勝した。賞品は僕の夏休みセットに決まった。さらにぶっちゃけ花火とかしてから、紅白戦のチームを決めて、麻雀して寝る。OBも年下のやつが増えたなあと感じた。

次の日は紅白戦。久々の試合で負けるかと思ったけれど小手二本で勝った。ほとんど足が動いてなくて怒られそうな試合だったけれど。しかし今年の指揮,k沢は強かった。現役の大学剣道部だとやっぱ全然違うわ・・と思った。そしてそれからラーメン食べたりしてから終了し、出る。剣道部の後輩がWASAに入りたいと言っていたのが嬉しかった。

そこから一人で小田原方面へ。籠坂峠を通過したあたりから冷えてきたなーと思っていたら、一気にザーッと雨が降ってきた。とりあえず死んでは困る携帯をバッグの深くにしまってから再出発。見るとちょっと先でオートバイが雨宿りしていた。顔が痛くなるくらいの土砂降りの中、50km/h程度の速度で下る。

めっちゃ怖かった(ブレーキ効かない)けれどなんとか降りてきて御殿場あたりで止んだ。そのまま湯河原へ。

御殿場市役所。

次の日、海で遊んでいたら寒くなった。やはり体脂肪率が低いとこういう時に不利だ。さらに次の日、真鶴で釣り。しかしコマセのないサビキなので回遊魚は釣れず、小さいメジナばっかりかかった。そしてそこから帰ってきた。その後、何日かぼんやりと過ごす。今思えばここの時間が本当に無駄だった。ひぐらしとか見てた。

真鶴て売っていた貝、プロペラシャフト。

真鶴にいたネコ1。

真鶴ネコ2.痩せてた。魚臭かった。

そして今日、社会復帰の機会、ゼミ。4人しかいないうちの研究室にJAXAからCFDやってる人が講師にやってくるらしい。ということで流速ヤコビアンに悩みつつ行ってみた。デトネーションでは世界の最先端の人らしい。説明で半分くらい分かった。その後、格納庫で180と話してから帰る。てっちゃんは来ると行っていたがこなかった。

夜にメーリス作り。今日のゼミで分かったけれどどうやらCFDにも量子力学とか統計力学とか使うみたいだわ。ということでてっちゃんにでも教えてもらおう。世の中はサブプライムローンで先が見えないけれど、来週は沖縄。そして金がなくて行けるか謎。そういえば今年は終戦記念日に靖国に行けなかった。今度代わりに行ってこよう。

それは大切な日々

花火に行った。去年はてっちゃんとダメになったタカフが朝から席を確保したにもかかわらず中止になってしまったやつだ。お台場だというのでおやつの時間あたりにヤンが格納庫にいるというので行ってみる。それからヤンとふたりで自転車こいでお台場方面へ。でも晴海通りが通行止めになっていたのでぐるっと回って東雲方面から。お台場についてアイスを食べて、それからみんなを待った。

みんなと合流して海へ。浴衣着てきたのに対抗して俺もとかちょっと思った。砂浜は人がいっぱい。買出しに行ってフライングで飲み始めてしまった。戻ってぷんた達が買ってきてくれたみんなの分が到着してから乾杯。それから花火が始まった。結構遠いなーとか思ったけれど、夏の夜の海に反射した花火の光とレインボーブリッジはハッとする気持ちにさせてくれた。花火を見ながらどんどんダメになっていったてっちゃんを見つつ花火は終わる。

何故か早く帰る用意をしたいらしい人たち(しゅうへいとか)は片付けだ!とか言っていて、俺はここで終わってなるものかと海へ。そこでどういう流れだか大ちゃんと俺でぷんたを脱がしてしまおうということになって、面白そうなので全力で取り組む。ぷんたは最初は抵抗しつつもやっぱり流石、最後は自ら海へダイブしてくれた。そこで次の流れはてっちゃんへ。かなり抵抗していたがこちらも海へ。ライトを当てられて海に浸かるてっちゃんは腹筋がよじれる面白さだった。

その後帰って何故かひろきの家に行き、そのままwasapediaのぷんたの記事とかフェアリングとか書いてから寝た。起きてみるとてっちゃんがシンセを弾いていた。なるしまにいくために出発。目的を達し、帰りに本屋によっていろいろ見た後家に帰る。やっぱ俺は本屋が好きだなと実感する。帰ってもらったDVDを見たあとにいろいろやって、それから寝た。

起きてぐったりし、朝ご飯を食べて出発しようと思ったけれど眠くて準備があまり進まない。進まないながらもなんとかしてから家を出る。まずは調布まで行って荷物を置いた。そこから相模原へ。道を一回迷ってセブンで地図を見た。やっぱ夏の昼間は暑すぎて運動には向かない気がする。ものすごく汗が出るのでどんどん水を飲んだ。しかも道がずっと上り基調でぐったりするが、間に合わないとまずいので踏んでいたら着いた。友達に電話して目的地に到着。Tシャツをその場で着替えた。

JAXAの宇宙研(相模原)に研究室でやってきたわけだ。みんなもちろん電車だったけれど自転車で行けるんなら自転車でと思ったので来た。自転車を止めて中へ。そうしたらうろうろしている先生を発見。そこらへんの部屋に入っていろいろなプレゼンを受けた。だいたいは

http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2007/0530_b300.shtml

の話。引き起こしのときのロール安定が気になった。

それから本物の見学。気球の下につける黄色いやつは分解されて大きな実験施設の中にあった。実物みると大きいなあと思う。気球は大きすぎるのかなかったけれど。それから昔の先生の部屋に行って雑談した後、何故か衛星のリアルタイムの制御してるとこを見せてもらった。衛星はずっと見てなきゃならないから大変だなあと思う。その後駅まで行ってから軽くご飯を食べて解散。また自転車へ。

帰りの道は下り基調の平坦。ということで簡単に家まで着いた。途中でインデックス調整をした。この前の峠のときから調子が激しく悪かったけれど、やれば交差点の信号待ちの間で終わるぐらいだった。さて明日からは山中湖で毎日朝練かなと思う。とりあえず早く起きないと太陽が昇ってしまう。暑くなってからのコンビニが少ない道志道はほんとに熱中症になってしまうかもしれないし。ちゃんと補給していこう。壊れてたインフレーターの替わりも買ったし。

失ったもの

引き継ぎがあって、その時までに書き上げようと思っていたパイロットとして経験・勉強したことをまとめたものはできあがらなかった。原型は春休みあたりに書いてて、その時点で30ページくらい書いてたけど、その後勉強した気象とか操縦とか、あとは試験飛行での実際の感じとかまだ全然書けてない。書きあがったらしんぺーに渡そうと思ってたけどちゃんとかかんと終わらないなあと思う。

引き継ぎの飲みでは盛り上がって、久々にWASAコールとかした気がする。あの感じはやっぱ今のメンバーじゃないと出せないんだろうなあと思う。救急車は二度と乗りたくないけれど。フェアリングの一年生も存在感あったしw。その後、カラオケに行くひとたちがいたけれど、しんぺーに山誘われていたので帰った。そして少し寝て起きる。

起きた時点で自走で八王子8時は間に合わないなと思ったので、新宿まで走ってから京王線で輪行。ジャージ・メット・ロードとそのままで密かに改札を抜け、何食わぬ顔で乗っていた。でもどう考えても変な人だっただろうなと思う。途中で駅員に注意されたけどどうしようもないのでそのまま乗っていた。遅れて到着して、合流。

今回のメンバーはしんぺー・k山さん・俺・しんぺーの友達・高校生1・高校生2の合計6人。俺は正直まだ酒が抜けきっていなかったのでまったり行きたいなとか思っていた。あと、高校生2人が強かったら最下位もありうる・・と思ってびくびくしていた。八王子でジャムパン食った。出発し、陣場街道をローテーションをちょっとだけしつつ進む。普通なペースだなあとか思った。

段々勾配がきつくなってくるにつれて「むむっ」とか思い始めたけど、高校生も結構ペースを保って前を引いているのでもしや強いのか?とか思いながら進む。途中、和田峠との分れ道を通ってから柵があって、実質そこからバトル。勾配はそんなにきつくはなかった。最初ものすごく重いギヤで高校生が登っていたので「ヤンかな?」とか思った。その後、先頭がしんぺー・しんぺー友・k山さんになって、それに付いていこうとした。

しかしあえなくチギれ、そこからマイペースで登ることにした。160台の心拍数で登っていたら何回か峠らしきところについて、ここか?と思ったけどみんないなくてっていうのを繰り返していたら着いた。結構長いなーと思いつつ高校生を待つ。さらにフロントディレイラーがおかしいのでk山さんに直してもらった。高校生が結構後からやってきて、そこから降りる。

画像小さい・・。補給のセブンで。ここのセブンはローディが異様に多かった。

しかしその下り道が途中で砂利道とかが出現し、パンクになったら面倒臭いなあ・・と思っていた俺は鈍足で進む。降りたらセブンがあって補給。でも高校生たちが着いてこないので待つ。かなり待ってもやってこないので先に行ってしまうことにした。そこからは都民の森まで。最初のほうは平坦だったけれど、途中から登り基調の道になる。しかも今度はリアディレイラーの調子が最悪でガチャガチャする。インデックスあわせてこなかった自分の責任。

リアディレイラーがガチャガチャいってるとこらへんで心拍数的にも結構きつかったのでそこらへんでまたもやちぎれてしまった。一度ちぎれると速いペースで登る気が失せてしまう俺はまたしても自分ペースで登っていく。ひたすら進んでいるとしんぺー友が休んでいた。ちょっと会話しつつそのまま登る。なんとか登っていたら都民の森まで着いた。そこでしんぺー・k山さんと合流。水をめっちゃ飲んでから下りへ。

画像がちっちゃい・・。都民の森で。WASAジャージ着てるしんぺー。

下りはスピード出まくると曲がりきれなくて吹っ飛ぶ危険性があるので恐いけれど、あんまりこがなくていいから楽だなーと思う。途中から先頭交代しつつ進む。ここらへんで何故か元気になってきたので、下り基調の道を40km/h台で飛ばす。しんぺーが辛そうだったが、それは多分俺が全力で都民の森まで登らなかったから体力が余ってたんじゃないかなとか思ってた。もう一回セブンに着いて、高校生達がパンク直し終わったら出る。

途中でしんぺーが帰り、俺は武蔵境通りで曲がった。k山さんは帰りも行きも自走で大変だなあと思いつつ、家に帰った。家でシャワーを浴びて冷房かけてぐったりして、ちょっと考えてみると、親は旅行・弟1は飲み・弟2は合宿で誰も帰ってこないことが分かったので、自分でなんか作って食べて寝た。

そして起きてから何日か実家にいた。でもやっぱ一人でいると「ワイヤーが・・(ぶつぶつ」とか思い始めて良くないので弟の漫画みたりしていた。なんだかやっぱり色々やることはあるんだろうけど、ぼけーっとしてしまう。メール返さなかった人には迷惑かけた。携帯を無視していたときに連絡くれた人、申し訳なかった。そして今日、ゼミのために戻ってきた。

ゼミでは圧縮性ナビエストークスの式をどうやって解いていくかとか。まずは一次元オイラー方程式を、本来は保存形なのを非保存形にして(偏微分をチェインルールで分解すると非保存形)、それを対角化して輸送方程式の重ね合わせとして捉えられるようにする、みたいな内容。それから英語の方は大気の理論。高度によってどのように温度・圧力・密度が変化するかってのの理論式とか。

俺が担当だったのにもかかわらずヒッキーだったので何も今日までやっていなくてちょっと焦った。そして計算すべきところを計算してなかったので来週までに計算してくることに。それから、授業とはどうやれば寝ないかっていう話をした。授業中に提出物とか、当てるとか、大声とか、わかりやすくとか。さらに相模原に行く話。自転車で行こうかどうか迷い中。

しんぺーがそういえば旅立ったらしい。頑張れーと思う。俺も夏の間にひたすらこいで日本海くらいまでいってみようかなと結構本気で思ってる。それからチームWASA的にはフェアリングの一年生たちがロードに興味ありそうなのでそれも結構期待。いつかみんなで走りに行ったら人数多くて面白そうだとか思ってる。

夏の終わり

飛びたかった。飛びたかったなあ。

終わったあと、イギリス人のインタビューとかボートとか色々あって、みんなが待っていた。俺はまだそのときは状況を把握しきれてなくて、みんな泣いていたのがああ、と思った。こんな結果で申し訳ないと後輩に思い、みんなで作った機体はこんなもんじゃないぞと言いたかった。ついでに俺の脚も。

風は良かったし、プラットフォーム上でも緊張はそれほどでもなかったし、トレーニングも積んできたし、みんなが緊張してるなーと思ってむしろそれを緩めようとか思ってた。そんな状況だっただけに折れても信じられなくて落ちる瞬間までペダルを回してた気がする。何か折れてもそれを俺の脚でカバーしようとか少し思ってた。そんなことできないのに。

一年生の頑張りのおかげで表彰式に行って、それから琵琶湖に落ちたり落としたりした。さらにOB・OGが用意してくれたビールかけとかやった。それはそれでその瞬間はめっちゃ楽しかった。そして部屋に戻り、すっかり酒臭くなってしまったジャージを脱いでシャワーを浴びた。そして泣いた。

悔しい気持ちは時間が経ってしまうと薄れてしまうものかと思っていたけれど、今のところどんどん増幅してる気がする。誰かと話していたり、何かやらなければならないことがあるときはそのときだけ忘れていられるけど、一人になるとこれだけ考えてる。違う未来があったんじゃないかって。一人でいるのが辛いなあ。

できることなら過去に戻りたいななんて考えていた。それも、去年の今日に。俺らの代になった日に。CTに入る気持ちも分かるとかk山さんが言っていたけど、俺はみんなの作った機体で飛びたいなと今更ながらに思う。過去には絶対帰れないし、もう23代と24代で機体を作ることはないし、俺がパイロットをやることもないし、何より格納庫にはもう行けない。みんなで作った機体で飛ぶことは二度とない。それが悲しい。

一年前に戻れたら、なんてそれは夢だけど、禁酒してもご飯ちょっとしか食べられなくてもトレーニング辛くても作業きつくても、やっていけそうな気が今はしてる。でも戻るなんてことはできない。俺の一生に一回の22歳の夏は終わった。もう一回やろうかっていってもしやったとしても、それは何か違う。

この一年間でやれなかったこと、心残りは死ぬほどある。多分それは誰でも多少はあるんだろうけど、俺は自分に甘くて、できなかったこと、達成できなかったこと、口だけになってしまったことが山ほどある。もう返れない去年の夏に返って自分にいってやりたいなあ。でもそんなことはできない。

しんぺーには頑張ってほしい。俺より絶対いいとこまで行ける。そして24代は俺らより絶対いいチームになれる。それは望んでるし、信じてる。俺らの代で24代にはめっちゃ苦労をかけた。最後の最後まで、そしてこれからもそれはあるかもしれない。申し訳ない。でも頑張ってほしい。それだけ思う。

鳥コンが終わったら英語の勉強するんだとか考えていた。俺はいろんなことに興味があるし、パイロットじゃなくなったってやることなんてあると思ってた。でもなんか今はやるべきことが思いつかないな。もうエアロバイクをこがないのが考えられない。失って初めて分かるなこういうことは。やばいまた泣いてしまった。

ああ悔しいよ。でもこれが俺の人生なのかな。悔しいなあ。

翼。