2007年 11月 の投稿一覧

ビタミンC

さて風邪を引いて金曜から日曜までひたすら寝ていて、日曜の夜に這い出てきて2年前の自転車の授業のメンバーで飲みだった。普段と全然会話内容が違うし、楽しかった。またすぐにでもやりたいなーと思った。俺以外はみんな社会人or内定決定済みだった。なんか俺はうだうだしてていいのかなーとか思ってた。まあ方向性を決めることだなと思った。

月曜はひたすら眠いなと思っていたら時間が過ぎた。そして教育法の授業では模擬授業をやって、

「はーいじゃあ授業はじめまーす!前回までは音がどういう風に伝わるのかっていうことについてやったと思うんだけど、まず最初にその復習からするね!」

などと風邪引いて鼻声ながらもテンションを上げて頑張った。ギターを弾くのもやった。でも最後の説明が雑になったのが曲者。多分他の人からのコメントにもそう書いてあるに違いないと思う。

火曜はボイラの実験だった。朝は朝練があってひさしぶりに全員集まったバンドメンバーで2時間。2時間だと安いなーと感じた。思ったことは俺の技術が低いってこととエフェクタ欲しいなってことと久しぶりに合わせるのは楽しいなということ。前回はてっちゃんと二人で辛かったからね。そのまま格納庫に行ったりしてたら眠くなって実験中も眠くて帰ったらご飯食わずに寝てしまった。

水曜は昨日。朝は3時ごろに起きる。最近起床時間が2時から3時の間が多い気がする。つまりものすごく早起き。新聞屋並み。これは前日早く寝てしまうからなんだけれど。眠さに耐えられず。朝起きてちょっとだけレポート書いてiknow面白いなとかmyremix面白いなとか思っていたら授業に行く時間になった。レポートやらないと死ぬなと思う。

1,2限は加工実習。また俺は見てるだけの人になったので暇でしょうがない。やることはストレッチとホルモンのダイスケはんの歌うときのマネと友達と喋ることだけ。頭の中では朝聞いていたROLLING1000tOONがずっと流れていた。旋盤もっと使えたらやることあるのになーとか思ってた。年内には作業が全部終わりそうな感じではあるけれど。

3限は燃焼工学。今日はひたすらレポートを書いていた。話はガソリンエンジンとディーゼルエンジンのことで、ふーんと思うくらいの内容しかなかった気がした。

空き時間に端末でネットしたりしてたら何故かつながらなくなった。隣のやつでやったらできたけどそれもそのうちつながらなくなった。不思議だ。そしててっちゃんに楽譜もらいに行った。

5限はシェル理論の話。眠くなかったけれど全プリントを忘れたのでやることがなかったのでまたしてもレポートを書いていた。果たしてレポートは終わるのだろうかとか思う。来週の月曜に二つの期限が来るのにボイラはまだ何もやっていない。バイトしないとお金がないな。

風邪をひく

木曜に朝練があったのだけれど、タカフとひろきがこなかったので寂しく二人でスタジオでギター弾いたり、ドラムを手で叩いたりしていた。でもヤンバルクイナは多少覚えたから、後は自分で練習すればできそうだなと思った。スタジオを出てからガリガリ君を食べて家に帰り、朝ごはんを食べて寝た。授業が始まる5分前に起きて急いで出る。

この日の授業はEnglish Forumと生物。前者は中間テストを考えるみたいな内容だった。中間テストでは俺はアメリカB級映画見すぎな回答をしたわけだけれど、実際にはやっぱり違った。でも正解はないテストだからなあと思う。そしてちょっと調べたら何の会社についての話か分かった。これだhttp://www.admworld.com/。穀物メジャー。企業倫理の話。

生物は鳥が歌うことを学習することについてだった。鳥の耳をつぶしたりして実験したらしいけれど、インプットとアウトプットがどっちも必要なんだなと思った。それから音痴な親は子供に歌を聞かせないほうがいいということを言っていた。

そして生物が終わってからweb上で見つけた流体の膨大な教科書的なものを友達と頑張って端末で印刷して、生協で売ってる簡易製本のやつで製本した。いやー思ったよりずっとまともでいいのが出来て感動したので、この方法でWeb上にあって気合の入っているテキストを本にして読みたいなと思った。やっぱり読むということに関しては紙の方が優れている気がするし。

その後、茄子2スーツケースの渡り鳥を見たりしていたら風邪をひいた。これはどう考えても部屋の電気ストーブによってあまりにも乾燥した部屋のせいだなと思った。ビタミンC飲んで、課題やって治そう。

スーツケースの渡り鳥

昨日の実験はやったことと言えば人間エクセルの一員になっただけだったので非効率さに眩暈がした。今日は今日で一回寝てしまったのでうまく寝れず、朝までエクセルと戯れたりしていた。朝になってご飯を食べて学校へ。

1,2限は加工実習。今日は自分の加工の番だった。大きい歯車を作ったわけだけど、やっぱり人が作るのを見ているより自分でやったほうがずっと面白い。暇でしょうがない授業のトップ3を争っていたけれど、自分の番は暇じゃなかったな。ずっと立ちっぱなしでヒザが痛くなったけれど。煙がもくもくして煙たくなったのはいただけなかったけれど。来週は歯切り。

3限にあるはずの燃焼工学は休講なので、俺は180が言っていたMicrosoftの偉い奴の講演に行こうかと思ったらそれは明日だとメールが返ってきた。しょうがないので4端へ。ひさしぶりにVINE LINUXを触った。友達と話してたりネットしてたりで結局レポートはやらなかった。日中眠いとあまりいいことがないなと思った。ただ、二つ新しい進展。

まず、友達が木曜にやっているという勉強会に行きたいなと思ったこと。量子力学とかもやらないとなーとか言ってた。やることは院試の問題を解いてるだけらしいけど。あと、前から出たいと思っていた、

http://www.indoorflight.t.u-tokyo.ac.jp/

があるんだけど、これに出てみようという話で盛り上がった。ネックなのはカメラ代とか、制御の問題とか。作るのは今までの経験を生かせばできる気がするんだけどな。

5限はBoeing JAPAN社長のNicole Piaseckiさんの講演。まずその前に端末に財布を忘れて全力で取りにいった。大して入ってないけど、むしろそんなことよりも面倒くさいカードとか証明書とかがなくなるのが嫌なので。見つけて走って戻ってきて、話を聞く。

女の人でビジネスの話だったから、機械出身だって言ってたのにびっくりした。エール大機械出てMBAも持ってるというたまにある強いパターンだなあとか思った。話は要約すると主に3つで、今後のマーケットについて、B787について、グローバルビジネスについて。よく聞く話題だなと思った。英語が非常にゆっくりだったのでほぼ完璧に聞き取れた。みんな日本人だから意識して丁寧に喋ってたんだろうと思った。

まず、航空輸送が今後伸びるという話。よく聞く話だと思った。エアバスも同じ予想してるよって言ってた。それから顧客のニーズ、飛行輸送の量は増えてるけど席数は変わらない→回数の増加ってこと。そして中国の航空網の発展について喋っていた。それから飛行のサイズの話で、100席以上では2社のみ、100席以下ではMRJなども増えてきてるという話。

そこからB787の話で、まずcomposite材が50%でエンジンはGE、RRともに選べるということ。またそのため燃費がよくなるよと言っていた。まあよく聞く話だと思った。あとは車よりも燃費がいいとか、騒音が低下したとか、室内の湿度調整ができるようになったよとか、窓が良くなったよとか言っていた。そして東京からポートランドまでノンストップで行けるという話をしていた。

あと、A380との競争の話、すでに700機以上のオファーがあったという話、MHIが主翼、KHIがfulesage,FHIが中央翼を作ってるという話。あとはシアトルに持っていって最終組み立てしてるよという話。そこらへんで話は終わった。結論から言えば新しい情報はほとんどなかったけれど、まあつまらない話でもなかったなと思った。でも頭で読む*1ことばかりを考えていても駄目だしなと思った。

そこから質問タイム。前のほうのおじさんが最初に質問していた。中国とロシアの動向についてとか、compositeのリサイクルについてとか言ってた気がする。それから俺の斜め前の人が、エンジンのシェブロンノズルはなぜギザギザなのかってことを聞いていた。英語流暢だなと思った。ギザギザの理由は騒音対策。そういえば前にそんな話を聞いたことあるなと思った。でももちろん美しいよねとも言っていた。

その後質問しようか悩んだけれど大した質問を思いつかなかったのでやめた。今考えると、B787以前にあった超音速機(計画)はもうこれから作らないのかとか、MHIがMRJの計画を立ててていることについてBoeingではどう思っているのか(日本から出る杭をまたアメリカが打つことはないのかってこと)とか聞けばよかったな、せっかくの機会だったんだし。

それから格納庫にタカフと行ってみたけれどお腹が空いて耐えられなくなったので帰った。家についてご飯食べてすぐに寝て起きたら全体メーリスに個人的なメールが流れてて「これはひどい」と思ったけれどそれ以上考えないようにした。英語勉強しよう。躊躇なく質問できるように。あと、進路だなあ。

月曜日はいつも眠い

というわけで土日はレポートを書いていたら終わってしまい、月曜日になった。朝は1時間ちょっとくらいしか寝られなかったのでとても眠い。朝ご飯を食べて出かける。

2限は音楽論。今日はミニマリズムについて。ミニマリズムといえば久石譲だ!ってくらいしか俺は知識がなかったけれど、philipさんが作った曲とか。結構好きな曲もあったしそうじゃない曲もあったけれど、基本的にうつらうつらしながら聞いていた。レポート書かなくちゃな。

昼に友達と会ってレポートを印刷して、部屋へ。端末のプリンタってほうっておいても誰かが紙を入れると自分のを印刷しちゃうよね、と思った。

3限はターボな話。今日は軸流とか遠心とかの圧縮機の仕事とかそんなことやってた。若干話についていけなかったなと思う。ガスタービンなんとかより理論派だなと思った。速度三角形はもはやマスターしていたので一瞬だったけれど。

4限は高速流体力学。今日は圧縮性流体の特性線とかそんな話をやった。特性線は前回の導出は謎だったが、そのものの意味はすでに知っていたので、あまり新しい知識はなかったけれどまあそうだよなあと思って聞いていた。音速の出し方が面倒くさいやりかたで微分してたけど、あれに意味はあるのかなと思った。

5限は産業総論。眠いので微妙だったらあまりちゃんと聞かない予定だったけれど、微妙だった。日産の偉い人が来て車のダイカストだとかボディだとかの軽量化(アルミとかマグネシウムで)の話をしていたけれど、材料への興味は殆どないので眠気が勝っていた。そのうち終わった。最初のレポートが返ってきたけれど、先生のコメントがあって、全部採点するの大変だっただろうなあと思った。

6限は教育法3.来週は俺が模擬授業をやることになっているけれど、果たしてちゃんとできるんだろうかと思いながら聞いていた。みんなカボチャだと思うことにしよう。今日の後のほうの人の授業が独特で非常に楽しかった。話し方がBUMPのボーカルに似ているなと思った。

その後、理工に戻って本屋に行ってみたけれど閉まっていた。せっかく注文した本が来たというから戻ってきたのにと思いつつ、新大久保へ。ギター屋で一番安い弦を買う。FERNANDESだったから俺のギターと同じ!とか思った。エフェクター欲しいなと思って眺めて出る。

そのまま新宿へ。ビックカメラでヘッドセットを買う。これは英語の勉強のためと、音楽の録音用。といっても安いやつだからどうなのか分からないけれど。TOEFL-iBTはSpeakingセクションがあるので、自分のスピーキングチェック用に使う。Integrated Taskとかできるようになるんだろうか、不安だ。

帰っておでん食べて寝た。5時間弱寝て起きて、ギターの弦を張り替えた。前の弦はひどかったので、安い弦だけどだいぶよくなった気がする。その後ネットでうちの学科の新しいサイトを請け負ったらしき業者のサイトに、製作途中のサイトが上がっているのを偶然発見して笑った。あのくらいのサイトなら俺くらいのコーダーでも作れるなとか思った。つまり、CSSじゃなくてテーブルレイアウト。

そういやはてなアイデアに出してたslideshareの貼り付けができるようになったというメールが来たので、前に貼ったやつを下に貼ってみる。貼れるかな?内容はもちろんパイロットの話。

ひとつだけだけど有意義な話

今日はひたすら寝ていた。昨日寝たのが12時で授業行く前まで寝ていたので16時間くらい寝たことになる。人間寝れるものだなと思ったけれどあまりにも時間がもったいない。1日24時間しかないのにその2/3を寝てしまうとは。というわけで授業へ行く。

5限はEnglish Forum。いつもより人が多かった。多分関係ないもぐってる人たちがいたんだろうと思う。今日はコーネルの院に行ってて日本に帰ってきたYuki KITAMURAさんの話。漢字はでなかったから分からない。今日は英語で話すのか日本語で話すのかどっちだろうと思っていたのだけれど、全部英語で話していた。あれだけ話せたらいいなあと思う。内容は以下。

まず簡単な自己紹介。経シス出身(180を思い浮かべる俺)。大学出た後に院に行ってやめて、それからコーネルに行ったらしい。82年生まれだから3歳年上。学部でやってたことはsupply chain management。それから留学を決めた理由。それは2つあって、


D

とか


D

とかと、あとEnglish Forum。この二つが何なのか授業中は良く分からなかった。帰って調べたら後者は見たことなかったけど存在は知ってた。Donald trumpがやる、Apprenticeって番組。最後に勝ち残ると年収25万$の職業が約束されるってやつ。でもyoutubeで調べたけど「これ!」って動画が見つからなかった。

もうひとつの理由は、実際にインターンシップに行ってみてTheoryとPracticeの間にGapがあるってことに気づいたってこと。そこを勉強するのに最適な場所は日本ではなかったということ。それから準備の話。

英語の勉強を6-7ヶ月した。TOEFLをCBTで受けて、GREとGMATの話。「算数」は簡単だけどverbalは糞難しいという話。それからessayとLoRの話。まずclarify the image of future visionって言ってた。それはもっとも。それからコーネルの紹介。1885年創立でIvy leagueの一つ。Nobel Prize13人。hotel managementとかが有名。

行ったプロジェクトはアメリカ人と留学生が半々。授業はLectureが40%,Discussionが50%,Conferenceが10%で、Discussionがためになったということ。英語が苦手なので辛いと言っていた。でもそれを英語でペラペラ喋ってるよなあと思った。それから1日の生活について。

1日のスケジュールが出ていたがさすがにすごい。朝8時起床で授業があって、図書館で勉強してプロジェクトメンバーとミーティングして帰って勉強して寝るのは4時。自由時間ない。図書館は24時間営業らしい。それからピザ屋とかサンドイッチ屋がゼミ室まで届けてくれるようだ。

1人の学生に2人のアドバイザーがいるとのこと。これはよかった。それから24時間営業の図書館には日本の漫画もあるらしい。NYCに近いため、実際のケーススタディがやりやすいとのこと。それから友達の話。Friends Assetsは重要だよと言っていた。友達が立ち上げた会社の話もしていた。

アドバイザーには

“If you don’t speak out, you will be fired”

と何回も言われたとのこと。でも英語うまくしゃべれないんだったら難しいよなあと思う。そのくらいはできるようにならなきゃ駄目なんだろうなあと思う。

それからここの大学とコーネルの違い。普通の授業とかは内容は同じ、discussionは大きく違う(コーネルの方が優れていた)。宿題の量が半端ない。教官が2人ってとこ、それから図書館が違った。あと学生の気質。Hungry spiritの集まりで、それから違う価値観、考え方を持っていて面白かったとのこと。

そのプロジェクトを卒業したメンバーの就職先は、InvestmentBank50%,Consulting firm30%。残りは製造業とかPhDとか。それからjob-huntingの話。USではGPAとSkillとScholarship+honorが求められるが、日本ではサークルで何やったかとSPIとか。そこに大きな違いがある。そして具体的な話をしていた。人とWorkstyle、それからFlexibility。Work by nameをしたいらしい。

それからメッセージ。もし留学するかどうかで迷っているのなら、Go Ahead!だと言っていた。もし就職するのなら、パッと決めてしまうのではなく人と会って考えて決めようと言っていた。それで講演終わり。質問タイム。

MBAとそのプロジェクトとの違いってのが誰かが言った。それはトップマネジメントかボトムかの違いだけど似ているとの回答。あとMOTとの違い。MOTは良く知らないけど近いかも。それから日本との違いについてはcommon senseがないことだと言っていた。それからいくつも質問があって終わる。

ひろきは来なかったけれどいい話だった。行ってみたいなあ。そのためには少なくともTOEFLとGREが必要条件なので勉強しよう。と決心した。決心だけは何回もするんだけどいざ勉強するとなると続かない俺をどうにかしたいなあと思う。

生物は休講になって、本屋に行って本を買ったらたまたま朝倉書店の本で15%引きになった。帰っておでんを食べて明日のゼミのための勉強と電力の宿題と英語の勉強を始めるという予定のこれから。終わるかな。

そろそろ加工

朝は1時に起きた。夜8時に寝たので5時間睡眠できたわけだ。どうやら俺は5時間弱くらいの睡眠が最適な時間な気がしてきた。高校のときからずっと最適な睡眠時間を探してきたんだけれど、どうも70-75分刻みな気がする。普通の人は90分刻みらしいけど。というわけで朝1時から8時ころまで部屋にいて、学校へ。

1・2限は加工実習。相変わらず加工は自分の番ではないので暇。でも今週の担当の分(軸小)を根性で終わらせてしまったため、来週はいよいよ自分の加工の番だ。でも旋盤触るのなんて1年以上ぶりだから多分まごまごするんだろうなと思う。だいたい工程表見とかないとなあ。年内に終わらして1月以降は行かなくていいようにしたいわ。

3限は燃焼工学。態度悪くレポートを書いていたら前期にやった内燃機関の質問をされたけれど、もはやすべて忘れたので答えられるわけもなく。俺は人より記憶力がはるかに劣ってる気がするな。レポート書くも眠くてあまり進まない上に計算を手でやりたくないので後回しにしていた。授業はやっぱり豆知識を先生が言っただけで終わった。

この空き時間にラウンジへ。ひろきが釘を打っていた。どうやら180が来てやりたくないといいながら打っていたらしい。なんか期限が延びたとかでなんとかなりそうな雰囲気だった。調布の航空写真に釘が打たれたものは頑張ったなあという雰囲気を出していた。これ自体はもう終わりそうらしい。

5限は航空構造力学。ということでシェル理論の続きなんだけど眠くて眠くてしかも何を言っているのか良く分からないので寝てしまった。横を見るとタカフが寝ていて出席簿を飛ばされていて笑った。そういえば飛行機の設計で一番人数が必要なのは構造屋らしいってのをこの前知った。流体屋より構造屋の方がいるんだなあと思った。

帰って研究室のサイトをいじってから寝た。divタグとCSSの背景に手間取ったけれど、結局役にたったのは

http://coliss.com/articles/build-websites/operation/css/558.html

これ。異様な要はpadding-bottomをめちゃくちゃ大きく、margin-bottomをものすごくマイナスにして、overflow:hiddenとするもの。こうやらないサイトはどうやって背景を伸ばしてるのかとっても不思議だ。というかこんな面倒くさいことやらないとできないの駄目なんじゃないか?CSSと思った。

脚を痛める

夜から朝にかけて、カレーをあっためたりごはんをあっためたりするのに2階と1階を高速で動き回っていたら階段に思い切り脚、特にひざの脇のほうをぶつけた。あまりの痛さに2分ほど悶えたあとなんとか普通に戻った気がしていたのだけれど痛みがひかない。その後仮眠して授業に行ったのだけど起きてもまだ痛いということでぐったりした。階段の傾斜は緩いほうが絶対いい。

3,4限は実験。今日は往復圧縮機。嫌な予感はしていたのだけれど、40年以上前のレシプロのやつの仕様を作動させて調べるだけなのでものすごく暇。やることと言えば、たまに定常になったときに温度計(デジタル表示)を読むだけ。数字を読んでそれを言葉にするだけだから幼稚園児でもできるくらいのパフォーマンスしか俺はだしていなかった。横ではガスタービンがうるさかった。

試問無しで終わりの雰囲気が出て、表紙ももらってさあ帰るかと思いきや、先生が見つかったとかいうことで試問開始。良く分からないけれど即興で発表とコメントをすることになった。こういうスピード感は嫌いじゃないなと思う。俺は抽象的なことをコメントして終わったけれど、試問がなかったらもっと1時間早く帰れたなと思った。

生協に行ってプリンストンレビューのTOEFLライティングゼミって本を予約した。「前まで置いてあったんだけど」って言ったら「人気ないから多分返品になったっぽい」って言われた。留学する人少ないのかな。そして家に帰る。帰る途中の自転車こぐのも脚が痛い。早く直らないかなと思う。このままじゃ体のバランスが壊れそうだ。

TOEFLテストライティング・ゼミ

家に帰って可視化ソフトを探す。CFDの可視化するのにgnuplotで補えないところが出てきたようで。なんかいいのないかなあと思って探してみるとみんな使ってるの有償なんだよなあ。Fieldviewとか。でも何十万もするから買えるわけないしね。というわけでフリーのを探してたらタカフのブログが引っかかったりしてた。とりあえず、

  • MayaVi
  • OPENdx
  • Paraview

とかが無償。あとはTecplotも評価版は無償らしいね。

あとタスクカップを作った。まあ俺がそう名前をつけたんだけど。要はカップ(タンブラー)をひっくり返してポストイットに書いたタスクを張り付けまくっただけなんだけ。そう、もちろん単なる思いつき。これ。こういうのって思いついてはやって使わなくなるんだよなあ。

一日中眠い日

今日は朝ずっと起きてて、twitterで話してたら朝を迎えたんだけど結局朝練はなくなってしまい、しょうがないので布団に包まっていたら気づいたときには10:37になっていた。授業は10:40からなのでこりゃ間に合わないなと思いながら授業へ。10:52くらいに到着して座る。後ろ過ぎて全然前が見えない。

2限は音楽論。今日は退廃音楽について。ナチが禁止した音楽と支持した音楽では何が違うかという内容だった。今までの授業の中で一番たくさんの曲を聞いた気がする。退廃音楽って言ってもユダヤ人が作ったから退廃音楽とかいう理由が多い(でもそれでも認められているのもあって不思議)のだけれど、俺は退廃じゃないほうが好きだったなあ。どっちが優れているとかそういうことは特にない。

3限はターボな話。最初に等温効率やってからポリトロープ効率をやってた。それからstatorとかrotorの話。いよいよ金曜のうちの先生の授業と内容がかぶってきた。速度三角形とか出てきたし。同じ内容だったらテスト楽だなと思う。演習はポリトロープ比仕事を出すってやつだったけど微妙に分からないところがあった。でも眠かったのでそれ以上考えなかった。

4限は高速流体。最初に乱流モデルの話があってそれから圧縮性流体の特性線の話。もう眠くて意識との闘いだったが乱流モデルも何言ってるか不明だなと思っていたのだけれど、圧縮性の話も謎。眠いなと思ってたら最後に特性線が出てきた。特性線のu+a,u,u-aって流束ヤコビアンの固有値なんじゃなかったっけ?どこから出てきたのやらと眠い頭で思って終わった。

5限は産業総論。今日はJFEの人が来た。合併した話を始めて詳しく聞けた。鉄を作るのはなんだか全部でかくて、狂気だと思う。なんか人間が大きすぎるものを目的があるからといって作ってしまうの狂気な気がするんだよね、俺は。最後にまとめて経営論みたいなことを言っていたけれど、やっぱりああいうのは抽象論だけじゃ駄目だと思う。ケースがないと。

6限は教育法。行ってみると再来週に俺がやる模擬授業の教科書が置いてあったので借りてきた。場所は「音」。物理分野がいいっていったら音になったのか、まあ光とかよりかはよかったなあと思ったけれど、範囲見たら振動数の違いと振幅の違いで音の高低と強弱が変わるっていう実験のところだった。ギター弾く実験のところなので音が出るものがないと意味のない授業になる気がするな。化学とかと違って覚えることあんまりないし。てっちゃんがこの授業やればいい気がするな。

模擬授業自体は今日の人のところは炭酸水素ナトリウムを試験管中で加熱して分解するっていうようなところ。俺はもう何に分解するか忘れていて演習みたいのに素で悩んだ。あと先生役の人に聞かれてどのくらいのレベルで答えたらいいのか迷う。「水素にマッチ近づけたらどうなりますか?」って言われて「音がでます」と答えた俺。

帰ってカレー食ってすぐに寝てしまった。水族館行きたい。

プレゼン

起きてみたら発表の時間が近かったので学校へ。2時過ぎに到着し、30分後に発表だということを知った。エアロバイクのワット数を調べてから学校のパソコンに行って多少変えてプレゼン作成。その後部屋に行って開始。最初はタカフだった。

タカフは提案メインのプレゼン。俺も提案を入れればよかったなと思った。話すことを考えつつ自分の番になった。話しているのは普通だったのだけれど息が続かなくてびっくりした。人前で話すと息が続かないなと分かった。多分呼吸が浅くなっているんだろうと思った。あと最後の流れが微妙だった。下に改良版スライドをおいとくので興味あったら見てみて。

http://www.slideshare.net/salamann/pilot-161939

その後みんなのプレゼンがあった。それぞれのプレゼンで感じたことはいろいろあった。24代のプレゼン、あとそれから1年生の可変ピッチについてのが面白かった。電装と工程管理、あと設計の理論的背景が重要だと思う。

その後飲み。最初のスタートダッシュに失敗した飲みプロはバラバラになりつつあった。いろいろ話して終了。その後カラオケに行ってひどい歌を歌った。返ってきたお金が飛んだ。そしてヤンとタカフとレース組を見送った。ヒルクライム見たかったなあと思った。ヤンに飲みプロ物資を託して、タカフと寒い寒いといいながら雨の降る中帰った。

ゼミとかね、いろいろあるよね

朝は眠いながらもゼミへ。

2限にゼミ。今日の始まりは俺のとなりのやつがやってきた衝撃波管のTVDとFLVによる解析結果から。俺は興味が沸いてこなくてまだやっていなかった。でもやらないとなあ。まずあの難解な本を読むのが大変だけれどまあ頑張ってやってみよう。CFDはメトリックスとかの話で、英語の本は標準速度の話とか、超音速風洞の話とかだった。先生と剣道話で盛り上がった。

3限は電気なんとかの力学。今日は速度ポテンシャルとか去年流体でやったのと同じ内容だなとか思った。演習はやっぱり全部終わらなかったけれど比較的進んだ気がする。電圧っていうと分かりにくいけど電位っていうとポテンシャルだ!って感じが出るなってのを再確認。まあそれは高校生のときからそんなこと言ってた気もするけれど。

演習を配りに来たTAの人の服があまりにも好みだったのとポニーテールだったので「服かわいいですね」とか声をかけようかと本気で思いかけたが、よく考えると単なるキモいやつなのでやめた。いきなり言われたらびっくりだろうなあ。前に歌舞伎町を歩いてたら、変なおっさんに「君、服のセンスいいねー!」と言われたときはびっくりしたのを思い出した。

4限はジェットエンジンの話。うちの先生唯一の授業なので一番前に座っているのだけれど、段々人が減ってきた気がする。俺のうしろは3つくらい席開いてたし。今日の内容は流体はどう変形するか?っていうところからどうして翼型は仕事をするか?という話。ジェットエンジンだから対象は固定翼ではなくてコンプレッサとタービンなのだけれど結局は同じ。前回までより難易度が上がった気がする。ようやくブレイトンサイクルの熱効率がすらすら導けるようになった。

5限は宇宙の話。今日の話は数式が少なくてこういうことやってますよ的な話が多かった。ので聞くのは楽だった、というか多分あれはマイクの音量が前より上がったんだと思う。マイクとか部屋とか実は教育方法的に重要だしね。というわけで面白かったのは、スペースステーションと補給船のランデブーの最後は宇宙飛行士が補給船を棒でひっかけてくっつけるというアナログなランデブーの話。うーん人力。

家でプレゼン作った。みんながどんなプレゼンを作ってくるのかよく分からなかったので浮かないかなーとか思う。