Chromebook ASUS Flip C302CAをNeweggで購入した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回、SamsungのChromebook Proを購入したのだが返品したのでパソコンがほしいなと思っていた。Google Shoppingでいい値段のものがないかなあと探していたところ、Black Fridayの少し前になってASUS C302CAが安くなっているのを発見した。B&H PhotoBestBuyNeweggの3店舗が特にやすさを競っていたが、特にその日はNeweggが値下げをしていて$429.99になっていた。

もとは$499.99で売っているので$70引きである。さらに、非課税だった。Amazonとかで買うと課税され、だいたい消費税が10%かかってしまう。いくつかのお店は非課税となるので、税額および送料を合わせた値段で決めるのがよいと思う。送料無料の安いサイトで買うとFedEx Groundで運ばれることが多く時間がかかるのが曲者。 NeweggはCAにあるらしく、合計5日くらいかかって到着した。FedEx Groundの動きは謎で、CAで隣街を2日くらいうろうろしたあと一挙に北上し、またPortland近辺で2日くらい休み、その後にワシントン州に入った。

やってきたので箱を開けた。箱の開け方はすこし難しかった。単に上に上げるだけだと1分くらい格闘して気づいた。

開ける前の箱

開けたあとの箱。メガネ拭きのような布、説明書、保証書など。

Chromeを立ち上げたところ。なんか写真がいまいちである。

キーボードはすこし下から光っている。タッチパッドの下には切り欠きがあり、タッチパッドを使うときに親指をひっかけておくと気持ちがよい。

アダプタ。コードは取り外せないタイプである。これもかなりいまいちなのであとで写真を暇があれば直す。

タブレット型にしたところ。

左右側面のスイッチ類

いま合計2時間半くらい使ってみての感想は、Chromebook Proに比べてキーボードが圧倒的に打ちやすいということである。Chromebook Proにあったスタイラスペンがないのは少し不満に感じるところだけれど、キーボードが打ちやすいのは結構いいポイントだ。

Android Appは初めは入れられなかったが、OSの更新することで入れられるようになった。試しにこどもと将棋をしてみたら、途中で一回アプリが落ちてやり直しになった。やや不安定なのかもしれない。ただ、やり直したら普通にプレイできた。他のアプリはまだそこまで使っていないので使い心地はこれから試す。あと、CroutonでUbuntuが動くかどうかを試す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*