シアトルと名古屋の生活費の比較その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
         

シアトルの生活費が高い高いと普段よく人に言っている。だけど具体的にどんなもんなのかわからないだろうと思う。特に、家賃など極端に差があるところだけネタとして語られたりする。なので、いろんな差があるのをまとめた上でおよび自分のためにまとめてみようと思った。家計簿を2014年からつけていて、2016年にシアトルにやってきた。なので、名古屋での生活費2年分、シアトルの生活費2年分が記録できた。項目にわけて比較していく。

食費

名古屋では1ヶ月74220円。シアトルでは1ヶ月126759円。24ヶ月平均。だいたい1.7倍である。理由は下記。

  • 日本の食料品を買うと高い。たとえば豆腐は名古屋では40円とかでも買えるが、シアトルではだいたい150円くらいはすると思う。
  • 外食が高い。たとえばラーメンでいうと、名古屋では700円とかで食べられるが、シアトルでは消費税およびチップ込みで2000円くらいする(ラーメン本体13ドル、チップ20%、消費税10%とか)
  • アメリカのほうが安い食材はあまりないが、強いて言えば果物の一部。たとえばスイカとかメロンとかは安い。

交通費(電車、クルマ、飛行機)

名古屋では1ヶ月29727円。シアトルでは1ヶ月172853円。24ヶ月平均。5.8倍であり、アメリカがめちゃくちゃ高い。

  • アメリカではクルマを2台所有しているが、名古屋ではクルマ持っていなかった。
  • 交通費にはクルマの購入費用、整備費用、保険などを含んでいる。
  • 名古屋では自転車で通勤しており、クルマおよび電車は週末か旅行、帰省などにしか使っていなかった。
  • クルマの維持費は日本より安いが、それでもガソリン代、保険代、メンテナンス代などが結構かかってくる。
  • ガソリンは総じて日本より安い。ワシントン州は全米の中ではかなりガソリン代が高いほうだが、それでも日本よりはかなり安い。
  • クルマは日本より高い。いまのクルマは1台が通算110000km、2つ目が180000kmくらい乗っているクルマで、日本では相当古いクルマに相当すると思うが、アメリカではそれなりに価値があるらしく安くない。
  • 日本でクルマの保険を払ったことないのでわからないが、いまのところ年間400000円くらい保険料を払っている。もっといい保険会社を使えば節約できる可能性がありそうだ。

交際費

名古屋では1ヶ月21301円。シアトルでは1ヶ月8951円。24ヶ月平均。シアトルのほうがだいぶ安い。

  • 名古屋では飲み会とか、友達の結婚式とかが結構あった。
  • シアトルに来てからは、日本である友達の結婚式は行かなくなった。
  • 飲み会もシアトルではほとんど行かない。

続きはその2で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*