トウガラシの辛さランキング@Seattle

Seattleにやってきてからアメリカンメキシカン料理や辛いものを食べることがたまにある。あるときはブリトーボウルに入っていた緑色の野菜を辛い唐辛子だと気づかずに思い切り食べてしまい、食道が焼ける感触を味わった。思い出しても辛い。フォーの店に行ってもフォーにかけるモヤシや葉っぱなどといっしょに辛い唐辛子が出てきて、これは辛いこれは辛い・・と心で唱える必要があり、注意が必要である。

よく買い物をするスーパー、Safewayにも唐辛子の種類が豊富に置いてある。日本だとこれほど置いてあるお店が少ない上、そもそも唐辛子といえば辛い、あとはハバネロはやばい、くらいの知識しかないのでなかなか買ってみようという気にならずに日々を過ごしていた。ただ、なぜかピーマンも唐辛子コーナーに置いてあるのでピーマンだけはよく買っていた。

ふと思い立ち、唐辛子についてざっと知っておくといいんじゃないかと思ったので今回Safewayに売っている唐辛子の辛さランキングを作ってみることにした。Wikipediaによると、唐辛子の辛さというのはスコヴィル値(Scoville scale)というもので明確に区分けでき、そのランキングは有名とのこと。全然知らない世界を垣間見られるのは面白い。下記にランキングを載せる。辛くない順である。

  • Red Bell Pepper 0 [SHU]
  • Green Bell Pepper 0 [SHU]
  • Yellow Bell Pepper 0 [SHU]
  • Orange Bell Pepper 0 [SHU]

いわゆるピーマンとパプリカである。日本ではピーマンとパプリカと違う名前で売られているが、ここらへんのスーパーでは単に色で区別されており、Green/Red/Yellow/Orangeである。ただしなぜか日本同様緑色のものは安い。今日撮った上記の写真では、緑色は他の色の半額である。日本でもピーマンだけ、緑色だけ結構安いのでそこらへんはSeattle界隈でも同じ感じがする。もちろん全然辛くはないのでスコヴィル値SHUはゼロである。

    • Peppers Chili Yellow 100-15,000 [SHU]


ここからは唐辛子ランキングに入る。Wikipediaもしくは他のサイトで見つけてきたスコヴィル値によってランキングをつけてみたが、どの資料を読んでも同じ唐辛子に大してかなりのスコヴィル値の開きがある。これは土壌や栽培方法によりだいぶ辛さが異なること、またそもそもの個体差があることが原因らしい。まあそんな気はする。とりあえず順番は辛さの下限で並べてみた。

この唐辛子はそれほど強そうな形をしていない。試してみてもいいかもしれないが、上限は10,000と結構強い。参考サイト

    • Peppers Anaheim 500-2,500 [SHU]

2番めに強い唐辛子。スコヴィル値参考:Wikipedia

    • Pasilla/Poblano Peppers 1,000-1,500 [SHU]

なぜか2つの名前がかぶって書いてある。WikipediaによるとPasillaという名前はアメリカでは間違って使われていると書いてあるので、これが正しいとするとこのスーパーに置いてあるのはPasillaではなくPoblanoなのであろう。スコヴィル値参考:Wikipedia(Poblano, Pasilla)

    • Peppers Jalapeno Green 1,000-20,000 [SHU]

有名どころハラペーニョ。こいつはいろんなところでよく料理に使われてるのを見るメジャーな唐辛子。ただしスコヴィル値はそれほど大きくはないようだ。体験上は十分辛い気がするけれど。スコヴィル値参考:Wikipedia

    • Peppers Fresno 2,500-10,000 [SHU]

見た目はそれほど辛くなさそうである。スコヴィル値参考:Wikipedia

    • Peppers Serrano 10,000-25,000 [SHU]

スコヴィル値は高いがなぜか安い。おいしくないのであろうか。スコヴィル値参考:Wikipedia

    • Thai Peppers 100,000-225,000 [SHU]

日本の唐辛子に似ている。スコヴィル値がかなり高い。日本のも同じ辛さなのだろうか?ちなみにWikipediaだとBird eye Chiliと書いてある。Asian eyeじゃなくてよかった。スコヴィル値参考:Wikipedia

    • Habanero Peppers 100,000-350,000 [SHU]

おそろしのハバネロ。スコヴィル値がめちゃくちゃ高い。スコヴィル値参考:Wikipedia

全部調べてみたけれど、結局辛さ以外の味がよくわからない上、辛さに関してもいまいちピンとこない。すこしずつ実体験をこの記事に含められると、もう少し適切なことが書けそうだ。結構値段もそれぞれ違うし、合う料理とかが違うんだろうなとなんとなく思う。一方で自分で料理するときに使いたいけれど、こどもが辛いやつは食べられないので積極的に辛い料理を作る理由がないのが曲者だ。これだけで日々ちょっとずつ食べるというのもなあ。

Seattleで車を買った話

Seattleに来てすでに丸3カ月が経ったが、まだ車を買っていなかった。周りのほとんどの人は来て1カ月以内に車を購入する。車がないと通勤も難しいし、さらに言えば行動範囲がかなり限られるからだ。Seattleはアメリカのど田舎と比べるとバスがかなり発達していて(電車はかなり限定的だが)、頑張れば結構広い範囲に車なしでいくことができる。それでもかなり行動範囲が限られるのはたしかだ。

いままでの3カ月は、はじめの1カ月はEnterpriseというレンタカーでChevrolet Impalaというでかい車を借り、次の1カ月はAeroという安レンタカー屋でKia Rioを借り、その次の1カ月はずっと出張していてそもそもシアトルにいなかった。ようやく出張から帰ってきて、そろそろ車を買わないとなあとさすがに思ってきた。そもそも、こどもの幼稚園が遠かったら車で送らないといけないのだ。なかったらこどもが幼稚園にいけない。

このような事情から、どんな車がいいかを考えた。個人的にはみんな車を持っているのが普通な名古屋においても車を持っていなかったくらいアンチ車派だった。車という乗り物が嫌いというわけではないけれど、そもそもお金がかかるのが結構嫌だった。なので特にこの車がほしいとかいうのはなく、人にどんな車がいいのと聞かれたら水陸両用車と答えていた。水陸両用車があればどこにでも行ける気がして(これと同じ理由で水上飛行機も好きだ)いた。ただ調べると現代において、民間用の水陸両用車はほとんど売ってなさそうであった。

まわりの話を聞いているとレンタカー屋が古くなったレンタカーを安く売りだしているという。また、買うのは日本メーカーの車がいいだろうとのこと。トヨタとホンダはいいらしい。HertzとEnterpriseのレンタカーの中古車をいろいろネットで検索して眺めてみた。日産だけなぜか結構安い。トヨタとホンダは中古でもなかなか高く売っているが、日産はやや安かった。安いほうがいいので日産にすることにした。日産はKiaとかHyundaiとかと同じくらいの価格帯である。同じくらいの故障率なのかもしれない。

さて、日産の安い車といえばVersaである。日本ではなんというのかよく知らないのでいま調べたらティーダなんとかというらしい。そうやって見ていると、普通のVersaとVersa Noteがあることに気づいた。Noteは日本でいうところのノートで、ハッチバックだ。ハッチバックのほうがどちらかというと好きな感じがしたので、Noteにすることにした。

Autoraderというサイトで近所のディーラーでNoteを売っているところを探した。そうしてみると何件かヒットしたが、1番目に値段的に条件がよさそうなところは車の履歴が見れなかった。日本で車を買ったことないのでよくわからないけれど、アメリカで売っている車の事故履歴とかレンタル履歴、メンテナンス履歴を見られるサービスがCarfaxとかAutocheckとかがあって、それで事故車じゃないかを確認することになっている。車の履歴が見られないやつは怖いのでやめることにした。

2番目のディーラーは結構遠かったのであきらめた。3番目のディーラーはYelpという口コミサイトでの評判が最悪で、ここで絶対に車を買っちゃだめだよ!といろんな人が警告していた。4番目に行くかと思って4番目のサイトに行ってみると、Autoraderで調べた値段と1500ドルくらい価格が違う。値段について問い合わせてみたけど返事が来なかったので、評判の非常に悪かった3番目のディーラーに行くことにした。

バスに1時間半ほど揺られてディーラーについた。あらかじめTest Driveの予約をしていたのでスムーズにことは進み、免許をコピーしてすこし乗ってみた。いろんなスイッチを探してみたがすべてのスイッチは正常に作動していそうで、ハンドルが軽いこととシートベルトが裏返っている感じなのは気になったが問題なさそうだったので買うことにした。そもそも車の知識がゼロに近いので重要そうな部分について査定する能力がない。

買うよと伝えて、保証にどのくらい入るかとか、保険をどうするのかとか、支払いをどうするのかとか、いろんな書類へのサインとかを済ませた。その間約1時間くらいだと思う。日本で車を買ったことないけれど、すごい素早いなと思った。下の画像のが買った車。Nissan 2015 Versa Note, 約35000マイルすでに乗られている。

IMG_1007 (2)

それらが終わって、仮のナンバープレートを貼ってもらって、自分で運転して家まで帰った。自分でそのまま乗って帰れるのが面白い。運転するのが久しぶりだったので腰が痛くなってかつすこし自分の運転する車に酔った。車庫入れもめちゃくちゃへたくそになっていた。そもそも車を運転するキャリアがだいぶ短いのだからしょうがないけれど。これから練習してうまくなれるようにしよう。どうかこの車がぶっ壊れませんように。

 

Seattleの家でインターネットが開通した話

Seattleに引っ越してきてから、家にはインターネットの回線を引いていなかった。特に深いこだわりがあるわけではなく、どのプロバイダにしようかなと思っていたら時間がたってしまったのだった。いろんな手続きとかインターネットが必要なものはどうしていたかというと、携帯があったので携帯のhotspotを使うか、アパートの共用スペースにあるWi-Fiを使っていた。アパートの共用スペースはコーヒー、お茶、ホットチョコレートが飲めてパソコンがあるので特に不自由していなかった。

そもそも家にずっといる時間というのが週末だけで平日は遅くに帰ってくるし、それほど不便というわけではなかったけれど、やっぱりあったほうが便利といえば便利だし家族もやってくるということで、契約することにした。それが1カ月前くらいの決断である。決断してからは、契約するだけだった。ただし1か月間出張になってしまって家にはいなかったので、開始時期が遅れてしまった。家に頻繁に「早く契約しよう!いまなら1カ月無料!」みたいなダイレクトメールが届いていたので、その1カ月無料券を使って契約しようと考えていた。

選択肢は次の2つ。

  • xfinity (Comcast)
  • Wave G

他の人に聞いてみるとだいたい契約しているのはComcastだという。Comcastはケーブルテレビなのでテレビとネットといっしょのプランというのが選択できるようだ。一方でテレビは持っていないし、もし持っていたとしてもアメリカのテレビはそれほど見なさそうだなと思った。あと、Comcastはネットの評判がいまいちだった。回線が切れるとか、カスタマーサポートがいまいちだとか、1カ月の使用量に上限があるとか、モデムを借りなきゃいけないとか、。例えば下記のようなことがいくつか書いてある。

One of these providers offers top quality, high speed services, with no data caps and great pricing. The other company is Comcast.Internet Options: Comcast vs Wave G?

If you’re not interested in cable or a land line phone I would 100% recommend Wave G over Comcast.Anyone have any experience with Wave G?

ということでWave Gにしようと思ってネットで申し込んだら1カ月無料になるというプロモーションコードを打ち込む場所がない。カスタマーサポートの人とチャットができたので、打ち込むところないんだけどと言ったらそもそも打ち込まなくても1カ月無料にしてあげるとのこと。プロモーションコードとはなんだったのかと思いながら申し込み、工事の日程を決めた。工事の前日に何回か自動音声の電話がかかってきて、明日工事だから家にいてね、無理な場合は先に延期してねと言っていた。

家で待っていたら工事の兄ちゃんがやってきて、配電盤はどこだと云った。配電盤の位置を教えたら、どこのアウトレットをLANつなげるようにしたいのかと聞いてきたのでリビングのにしてくれといい、30分弱待っていたら工事が終わったとのこと。工事の兄ちゃんが自分のパソコンで接続を確認し、アウトレットは2つ穴だけど上のやつしか使えないからな、いまはだいたい100Mbps出てるけどWi-Fiルーターつないでその先が遅くなってもそれはWi-Fiでリミットされてるだけでそこの速度は保証外だからな、と言って去っていった。

ためしにパソコンつないで速度を計測してみると上りも下りも90Mbpsくらい出た。ルーターがないので、とりあえずラップトップをルーターにしようと思ってUbuntuで頑張ってみたけどつなげない。調べているとどうもこのパソコンはUbuntuだとアクセスポイントにできないようだった。なのであきらめて久しぶりにWindowsを起動し、アクセスポイント化して携帯とかもつなげるようになった。ルーターを日本から持ってくるまではこれで何とかしよう。

追記:工事の兄ちゃんから工事が終わってしばらくしてから電話がまたかかってきて、青いキャップ忘れた気がするんだけどと言っていた。そんなものはなかったのでそんなものはないと言って切った。何を忘れたのだろうか。。

ついにSeattleでワシントン州の免許を得た話

去年の10月末にシアトルに引っ越してきてからすでに丸三ヶ月間アメリカで過ごした。はじめの1ヶ月はEnterpriseで借りたインパラという大きな車を借りて生活し、次の1ヶ月はKiaのRioという小さめサイズの車を借りて生活していた。運転免許を早くとらないとなあずっと思っていたのだが、取れていなかった。

免許を取らなかった理由のひとつは、日本とワシントン州の間で協定が結ばれ、日本の免許を提示することでワシントン州の免許を取る際の筆記試験および実技試験が免除されるという話が出てきたからだった。日本領事館から発表された内容によると、2017年1月から、この協定が発行され、日本領事館にいって日本の免許証を持っているという証明さえもらえれば、あとはDrivers License Officeにいって事務手続きをすればOKとのこと。このプロセスを使わない場合は、教習所に行ってお金を払って筆記試験と実技試験を受けなければならず、筆記試験も勉強が結構面倒なこと、実技試験は縦列駐車を歩道から30センチ以内でできなければならなかったりして、すこし面倒だった。

早速年が明けたので免許を取るぞ!と思って領事館にバスで行った。ダウンタウンの北東側の大きなビルの5階にあるので、そこに行って申請した。しかしその日にはその証明が受け取れないらしく、後日受け取りということになった。しかし、この日からいつ終わるかわからない出張の旅に入ってしまった。ので、結果的に次に来るのは1ヶ月後になってしまった。1ヶ月経ってからようやく友達の車で領事館に連れて行ってもらい、免許の証明の紙をゲットした。18ドル現金。

蛇足だけれどシアトル来てから現金使う機会は日本にも増してないので、すごい久々にドルを数えた。ほとんど使わないのでいまだにどんな硬貨があるのかどんな紙幣があるのかよくわからない。必要なのはコインランドリーと日本領事館くらいだ。何人かでレストランでご飯を食べても、割り勘にもできるし個人個人の分を個人個人のクレジットカードで払うこともできるので、現金のやり取りが少ない。小さなフードトラックとかタクシーとかでもSquare持ってるのでカード払いできる。

必要なものをゲットしたので、休みの日にも開いているDrivers License Officeにバスで行った。建物の中はSSN事務所とかよりよい雰囲気。建物に入って最初はどこで何をすればいいのかよくわからなかったが、とりあえず列があったので並んだ。そしたらそこが受付だったらしく、免許欲しくて日本の免許の証明持ってるんだけどと言ったら、愛想の良いお姉さんがパーフェクトだと言って受付番号が書かれた紙をくれた。

番号にはアルファベット1文字と3桁の番号が書いてあり、その番号が呼ばれたら12個あるカウンターの指定された場所に行くという方式。これはSSN事務所でもほぼ同じ仕組みだったと思う。Fなんちゃらが立て続けに5個進んだ次はRが続いたりして、どういう順番で流しているのか今ひとつわからない仕組みだった。自分の番号はF443とかだった気がする。

呼ばれて行ってみるとよくいるタイプの百貫デブタイプのおばちゃんが対応してくれた。愛想はよくない。下記の書類を渡した。何を持っていけばよいかはワシントン州の自動車免許のサイトに詳しく書いてある。今回はパスポート、免許証、VISAの合わせ技だ。

  • Pre-applicationのConfirmation numberを印刷した紙
  • 日本領事館からもらってきた日本の免許の証明
  • 日本の免許証
  • パスポート(VISAつき)

最初、日本の免許証ではなく国際免許を渡したら、いやそれじゃないと投げて返された。日本の免許なんて渡してこの人読めるのだろうか、と謎だったが何やら確認していた。そのあと、いくつか本人確認みたいなもの(何歳?とかそういうやつ)をしてから、視力検査をした。視力検査の機械がその受付ひとつひとつに備えられているので、そこでそのまま実施した。

その機械を覗き込んで中に表示されているアルファベットを読めと言われるのだがリスニング能力が低いためどの列を読めと言っているのかわからず何回か聞き直した。赤い表示が枠の内側に見えるか外側に見えるかみたいなことも聞かれたが、そもそもどこの枠のことを言っているのかがよくわからなかったりした。あと、最後にメガネを外して視界の端っこの方に赤い点滅が見えるかどうかのチェックみたいなのがあった。

ドナー登録をするかどうかを聞かれたのでYesと答えた。それらが終わって、電子サインみたいなのをして、表示内容に間違いがないことをざっと画面で確認して、クレジットカードで支払い。クレジットカードよりデビットカードのほうが安く、また現金のほうがもっと安いようだ。現金はもちろんもってなかったのでクレジットカードで支払った。89ドル+3%カード手数料。その後向こうで写真撮って終わりだと言われて、30秒くらい待ったら呼ばれたので写真をとった。

その場で紙の免許証がもらえて、プラスチックは後日郵送になる。いきなり順番が来たのでなんとなくにやっとした感じでひどい写真になってしまった。うわあと思いながらもうあとには戻れないのでまたバスに乗って帰った。

免許をゲットする効用は車を運転できるだけではなくて、身分証明書の代わりに使えるというのが一番大きいと思う。そこらへんのスーパーでビールを買うときにも必ず身分証明書の提示を求められるので、いつも唯一の身分証明書であるパスポートを出していたのだが、これからはパスポートを提示する必要がなくなる。もちろん、車屋で車を買うこともできる。免許を持っていなくても売ってくれる車屋もあるようだが、そうでないところも多いよう。

*追記:プラスチックの免許は6日後にポストに入って到着した。紙の白黒免許よりは写真はましになっていた。プラスチックの材質は日本の免許の硬さに比べると剛性が弱く、曲がりやすい材質でできている感じだ。これでIDくれといわれたときに見せるものがようやくできた。パスポート以外に。

Seattleで過ごす年末年始10日目

この冬休みの間いっしょに暮らしていたたかふさんがついにSeattleを去ってEugeneに戻る日がやってきた。何回かSeattle方面に向かったときと同じようにBellevueから550バスに乗ってSeattle方面に向かう。たかふさんはEugeneまでAmtrakで帰るので、King Street Stationが出発口だ。この日はよく晴れているいい日だった。

駅に早めについたので暇であった。すでに電車に乗る人の列ができていたが、いまひとつ仕組みがよくわからなかった。とりあえず列に並んで出発の時間を待った。電車は結構適当な感じで改札というよりはチケット引き換えみたいなのをやって、たかふさんは去っていった。

IMG_0746

たかふさんが駅についたところ

IMG_0749

駅で並ぶ人の様子。この駅の内装はヨーロッパみたいな感じで豪華だった。オペレーションはなんとなくな流れで進んでいくけれど。

IMG_0753

たかふさんが行ってしまったあとにたかふさんが乗って行った電車を撮った。しばらく停まっていた。

Seattleで過ごす年末年始9日目

ついに正月である。初詣でも行くかという話をたかふさんとしたけれど、Seattle近辺で有名な神社は北に1時間ほど車を走らせないと行けないということだった。我々は車を持っていないし、そもそも初詣なんて日本にいたらできることなのでやめることにし、お雑煮を作ることにした。

お餅はアジア系スーパーであらかじめ買っておいたのであったのだけれど、他の具材がなかなかない。Googleで調べると三つ葉とゆずをいれましょうと書いてあった。近くのSafewayでそれらを探したのだけれど見つからず、三つ葉の代わりにCilantroとItalian Parsleyを買って、ゆずの代わりにLimeを買った。それで料理したら全く趣向の違うものができあがった。

IMG_6475

出来上がったお雑煮。CilantroとItalian Parsleyは大量にあまったので生でバリバリ食べた。たかふさんは最初ブツブツいいながらつらいなと言って食べていたが、そのうち慣れてきてどんどん食べるようになっていた。意外とはまるのかもしれない。

そんなことをしていたら時間が経ってしまった。午後、Living Computer Museumに行った。Seattleまでは恒例の550バスで、そこから若干SODO Neighborhoodまでバスで向かった。バスを降りて歩いているとスタバ本社があった。

IMG_0740

スタバ本社

Living Computer Museumは体験型の施設でなかなかおもしろかったが、いかんせん我々には時間がなかった。時間があればいろいろ電子工作とかを楽しめた感じだったが、閉館まで時間がなかったのでささっと見て出てきた。Tシャツを買おうかと迷ったがやめていた。
IMG_0741

それから歩いて北のほうに向かい、Safeco Fieldの横を通って宇和島屋へ。

IMG_0744

紀伊国屋で若干漫画および本を見てから宇和島屋で具材を買った。昨日は大晦日だったので、年越しそばの話をしており、沖縄では沖縄そばを食べるというのを話していた。ダックおよび豚から出ただし汁があったので、それを使ってラーメンを作ろうという話をしていてラーメンを探していたら沖縄そばもみつけたのでどちらも買った。なぜかどちらもハワイ産であった。アメリカの麺はハワイ産が多いのだろうか。
IMG_6477
帰ってきてからラーメンを作った。だし汁がよかったのか普通においしくできた。たかふさんの味噌ラーメンはちょっと味噌汁に近い味だった。

IMG_0745
沖縄そばもおいしくできた。めちゃくちゃ久しぶりに食べた気がした。

Seattleで過ごす年末年始8日目

大晦日である。日本では大晦日といえば家族とゆっくりと過ごし、夜には紅白歌合戦を見たり格闘を横目で見たりしつつそばを食べて、夜になったらゆく年くる年とか始まったり、除夜の鐘をつきにいったりしていたものだ。アメリカではどのように過ごすのかよく知らないが、Seattleでは花火をやるという話を聞いた。

どうも調べてみるとSpace needleあたりで花火をやるということがわかった。夜、花火を見に550バスに乗りSeattleへ向かった。Westlake centerで降りて、Space needle方面へ5th aveを歩いて行った。まわりも花火目当ての人が多いようで、街は遅い時間にもかかわらず人が多く、騒いでいるタイプの人も多かった。あらかじめ調べていった時間になっても花火が始まらないのでなんでかなとか思っていた矢先に花火が始まった。
IMG_0734
正確には、花火は12時を待ってスタートしていた。花火を「打ち上げる」というよりはSpace needleのStructureのいろいろなところに仕掛けられた花火が四方八方に出ている感じで、日本ではなかなか見たことがないものだった。花火も美しいし、周りのアメリカ人たちはHappy new year!とか言って騒いでいるしなかなか日本のゆったりとした正月の迎え方とは違うなとか思った。

IMG_0731

花火が終わったらみんなものすごい勢いで帰っていった。我々も負けじと駅にいそいだのだが、終バスはすでに消滅していた。歩いて帰るとかそこらへんでうろうろして日が昇るのを待つこともできたが辛いので、Uberで帰った。Uberはかきいれどきであるため値段が3倍とかになっており非常に高かった。時価で決まるため、Bidのタイミングで価格がめちゃくちゃ変動するのだが、我々が頼んだタイミングはなぜか高級車のほうが安い設定になっていたので高級車で帰った。