ついにSeattleでワシントン州の免許を得た話

去年の10月末にシアトルに引っ越してきてからすでに丸三ヶ月間アメリカで過ごした。はじめの1ヶ月はEnterpriseで借りたインパラという大きな車を借りて生活し、次の1ヶ月はKiaのRioという小さめサイズの車を借りて生活していた。運転免許を早くとらないとなあずっと思っていたのだが、取れていなかった。

免許を取らなかった理由のひとつは、日本とワシントン州の間で協定が結ばれ、日本の免許を提示することでワシントン州の免許を取る際の筆記試験および実技試験が免除されるという話が出てきたからだった。日本領事館から発表された内容によると、2017年1月から、この協定が発行され、日本領事館にいって日本の免許証を持っているという証明さえもらえれば、あとはDrivers License Officeにいって事務手続きをすればOKとのこと。このプロセスを使わない場合は、教習所に行ってお金を払って筆記試験と実技試験を受けなければならず、筆記試験も勉強が結構面倒なこと、実技試験は縦列駐車を歩道から30センチ以内でできなければならなかったりして、すこし面倒だった。

早速年が明けたので免許を取るぞ!と思って領事館にバスで行った。ダウンタウンの北東側の大きなビルの5階にあるので、そこに行って申請した。しかしその日にはその証明が受け取れないらしく、後日受け取りということになった。しかし、この日からいつ終わるかわからない出張の旅に入ってしまった。ので、結果的に次に来るのは1ヶ月後になってしまった。1ヶ月経ってからようやく友達の車で領事館に連れて行ってもらい、免許の証明の紙をゲットした。18ドル現金。

蛇足だけれどシアトル来てから現金使う機会は日本にも増してないので、すごい久々にドルを数えた。ほとんど使わないのでいまだにどんな硬貨があるのかどんな紙幣があるのかよくわからない。必要なのはコインランドリーと日本領事館くらいだ。何人かでレストランでご飯を食べても、割り勘にもできるし個人個人の分を個人個人のクレジットカードで払うこともできるので、現金のやり取りが少ない。小さなフードトラックとかタクシーとかでもSquare持ってるのでカード払いできる。

必要なものをゲットしたので、休みの日にも開いているDrivers License Officeにバスで行った。建物の中はSSN事務所とかよりよい雰囲気。建物に入って最初はどこで何をすればいいのかよくわからなかったが、とりあえず列があったので並んだ。そしたらそこが受付だったらしく、免許欲しくて日本の免許の証明持ってるんだけどと言ったら、愛想の良いお姉さんがパーフェクトだと言って受付番号が書かれた紙をくれた。

番号にはアルファベット1文字と3桁の番号が書いてあり、その番号が呼ばれたら12個あるカウンターの指定された場所に行くという方式。これはSSN事務所でもほぼ同じ仕組みだったと思う。Fなんちゃらが立て続けに5個進んだ次はRが続いたりして、どういう順番で流しているのか今ひとつわからない仕組みだった。自分の番号はF443とかだった気がする。

呼ばれて行ってみるとよくいるタイプの百貫デブタイプのおばちゃんが対応してくれた。愛想はよくない。下記の書類を渡した。何を持っていけばよいかはワシントン州の自動車免許のサイトに詳しく書いてある。今回はパスポート、免許証、VISAの合わせ技だ。

  • Pre-applicationのConfirmation numberを印刷した紙
  • 日本領事館からもらってきた日本の免許の証明
  • 日本の免許証
  • パスポート(VISAつき)

最初、日本の免許証ではなく国際免許を渡したら、いやそれじゃないと投げて返された。日本の免許なんて渡してこの人読めるのだろうか、と謎だったが何やら確認していた。そのあと、いくつか本人確認みたいなもの(何歳?とかそういうやつ)をしてから、視力検査をした。視力検査の機械がその受付ひとつひとつに備えられているので、そこでそのまま実施した。

その機械を覗き込んで中に表示されているアルファベットを読めと言われるのだがリスニング能力が低いためどの列を読めと言っているのかわからず何回か聞き直した。赤い表示が枠の内側に見えるか外側に見えるかみたいなことも聞かれたが、そもそもどこの枠のことを言っているのかがよくわからなかったりした。あと、最後にメガネを外して視界の端っこの方に赤い点滅が見えるかどうかのチェックみたいなのがあった。

ドナー登録をするかどうかを聞かれたのでYesと答えた。それらが終わって、電子サインみたいなのをして、表示内容に間違いがないことをざっと画面で確認して、クレジットカードで支払い。クレジットカードよりデビットカードのほうが安く、また現金のほうがもっと安いようだ。現金はもちろんもってなかったのでクレジットカードで支払った。89ドル+3%カード手数料。その後向こうで写真撮って終わりだと言われて、30秒くらい待ったら呼ばれたので写真をとった。

その場で紙の免許証がもらえて、プラスチックは後日郵送になる。いきなり順番が来たのでなんとなくにやっとした感じでひどい写真になってしまった。うわあと思いながらもうあとには戻れないのでまたバスに乗って帰った。

免許をゲットする効用は車を運転できるだけではなくて、身分証明書の代わりに使えるというのが一番大きいと思う。そこらへんのスーパーでビールを買うときにも必ず身分証明書の提示を求められるので、いつも唯一の身分証明書であるパスポートを出していたのだが、これからはパスポートを提示する必要がなくなる。もちろん、車屋で車を買うこともできる。免許を持っていなくても売ってくれる車屋もあるようだが、そうでないところも多いよう。

*追記:プラスチックの免許は6日後にポストに入って到着した。紙の白黒免許よりは写真はましになっていた。プラスチックの材質は日本の免許の硬さに比べると剛性が弱く、曲がりやすい材質でできている感じだ。これでIDくれといわれたときに見せるものがようやくできた。パスポート以外に。

Seattleで過ごす年末年始10日目

この冬休みの間いっしょに暮らしていたたかふさんがついにSeattleを去ってEugeneに戻る日がやってきた。何回かSeattle方面に向かったときと同じようにBellevueから550バスに乗ってSeattle方面に向かう。たかふさんはEugeneまでAmtrakで帰るので、King Street Stationが出発口だ。この日はよく晴れているいい日だった。

駅に早めについたので暇であった。すでに電車に乗る人の列ができていたが、いまひとつ仕組みがよくわからなかった。とりあえず列に並んで出発の時間を待った。電車は結構適当な感じで改札というよりはチケット引き換えみたいなのをやって、たかふさんは去っていった。

IMG_0746

たかふさんが駅についたところ

IMG_0749

駅で並ぶ人の様子。この駅の内装はヨーロッパみたいな感じで豪華だった。オペレーションはなんとなくな流れで進んでいくけれど。

IMG_0753

たかふさんが行ってしまったあとにたかふさんが乗って行った電車を撮った。しばらく停まっていた。

Seattleで過ごす年末年始9日目

ついに正月である。初詣でも行くかという話をたかふさんとしたけれど、Seattle近辺で有名な神社は北に1時間ほど車を走らせないと行けないということだった。我々は車を持っていないし、そもそも初詣なんて日本にいたらできることなのでやめることにし、お雑煮を作ることにした。

お餅はアジア系スーパーであらかじめ買っておいたのであったのだけれど、他の具材がなかなかない。Googleで調べると三つ葉とゆずをいれましょうと書いてあった。近くのSafewayでそれらを探したのだけれど見つからず、三つ葉の代わりにCilantroとItalian Parsleyを買って、ゆずの代わりにLimeを買った。それで料理したら全く趣向の違うものができあがった。

IMG_6475

出来上がったお雑煮。CilantroとItalian Parsleyは大量にあまったので生でバリバリ食べた。たかふさんは最初ブツブツいいながらつらいなと言って食べていたが、そのうち慣れてきてどんどん食べるようになっていた。意外とはまるのかもしれない。

そんなことをしていたら時間が経ってしまった。午後、Living Computer Museumに行った。Seattleまでは恒例の550バスで、そこから若干SODO Neighborhoodまでバスで向かった。バスを降りて歩いているとスタバ本社があった。

IMG_0740

スタバ本社

Living Computer Museumは体験型の施設でなかなかおもしろかったが、いかんせん我々には時間がなかった。時間があればいろいろ電子工作とかを楽しめた感じだったが、閉館まで時間がなかったのでささっと見て出てきた。Tシャツを買おうかと迷ったがやめていた。
IMG_0741

それから歩いて北のほうに向かい、Safeco Fieldの横を通って宇和島屋へ。

IMG_0744

紀伊国屋で若干漫画および本を見てから宇和島屋で具材を買った。昨日は大晦日だったので、年越しそばの話をしており、沖縄では沖縄そばを食べるというのを話していた。ダックおよび豚から出ただし汁があったので、それを使ってラーメンを作ろうという話をしていてラーメンを探していたら沖縄そばもみつけたのでどちらも買った。なぜかどちらもハワイ産であった。アメリカの麺はハワイ産が多いのだろうか。
IMG_6477
帰ってきてからラーメンを作った。だし汁がよかったのか普通においしくできた。たかふさんの味噌ラーメンはちょっと味噌汁に近い味だった。

IMG_0745
沖縄そばもおいしくできた。めちゃくちゃ久しぶりに食べた気がした。

Seattleで過ごす年末年始8日目

大晦日である。日本では大晦日といえば家族とゆっくりと過ごし、夜には紅白歌合戦を見たり格闘を横目で見たりしつつそばを食べて、夜になったらゆく年くる年とか始まったり、除夜の鐘をつきにいったりしていたものだ。アメリカではどのように過ごすのかよく知らないが、Seattleでは花火をやるという話を聞いた。

どうも調べてみるとSpace needleあたりで花火をやるということがわかった。夜、花火を見に550バスに乗りSeattleへ向かった。Westlake centerで降りて、Space needle方面へ5th aveを歩いて行った。まわりも花火目当ての人が多いようで、街は遅い時間にもかかわらず人が多く、騒いでいるタイプの人も多かった。あらかじめ調べていった時間になっても花火が始まらないのでなんでかなとか思っていた矢先に花火が始まった。
IMG_0734
正確には、花火は12時を待ってスタートしていた。花火を「打ち上げる」というよりはSpace needleのStructureのいろいろなところに仕掛けられた花火が四方八方に出ている感じで、日本ではなかなか見たことがないものだった。花火も美しいし、周りのアメリカ人たちはHappy new year!とか言って騒いでいるしなかなか日本のゆったりとした正月の迎え方とは違うなとか思った。

IMG_0731

花火が終わったらみんなものすごい勢いで帰っていった。我々も負けじと駅にいそいだのだが、終バスはすでに消滅していた。歩いて帰るとかそこらへんでうろうろして日が昇るのを待つこともできたが辛いので、Uberで帰った。Uberはかきいれどきであるため値段が3倍とかになっており非常に高かった。時価で決まるため、Bidのタイミングで価格がめちゃくちゃ変動するのだが、我々が頼んだタイミングはなぜか高級車のほうが安い設定になっていたので高級車で帰った。

Seattleで過ごす年末年始2日目

2日目はとりあえずSpace Needleに行ってみようということでゆっくり起きて朝ごはんを食べてからバスに乗ってでかけた。バスでとりあえずWestlake Centerまで行ってそこからモノレールに乗る作戦である。

しかしモノレールは休みであった。アメリカにおけるクリスマスは日本におけるお正月のようなもので、たいていのお店は閉まっている。まさかモノレールが休みとは思わなかったけれど。公共交通機関がお休みというのはなかなか衝撃的だ。バスとか電車は普通にやっていたので、モノレールは交通機関じゃなくて観光施設という枠組みなのかもしれない。

IMG_0689

しょうがないのでWestlake CenterからSeattle Centerまで歩いた。この日は結構寒く、たかふさんはオレゴンレベルの服装で出かけてしまったので寒い寒いと言っていた。

Space Needleは幸運にも営業していて、多くの観光客で賑わっていた。そこらへんにあるはずのポップコーン屋とかはしまっていた。チケットを22ドルで買って登り始めた。待っている間にSpace Needleを立てる際の歴史みたいなものが書いてあって、アメリカにおける宇宙時代みたいなのを感じることができた。

IMG_0690
IMG_0705
IMG_0699
IMG_0697

IMG_20161225_173104

 

Seattleで過ごす年末年始1日目

この年末年始に日本に帰らないことになった。ひとりでじっとしているのはさみしいかなと思っていたらたかふさんがオレゴンから遊びに来てくれることになったので、その様子を書こうと思う。たかふさんがやってきたのは24日のクリスマスイブで、帰っていったのは2日なので10日間の冬休みの間Seattleめぐりをしていた。

24日、King Street Stationにたかふさんが夜6時半にやってくるというので車(Kia Rio)で迎えに行った。サンタの帽子をあげたのでサンタになった。が、サンタ帽は作りが安く、繊維がぽろぽろとれて口の中に入ってきた。それによってたかふさんはSeattleに来てすぐにせきこむようになった。たかふさんは住んでいるオレゴンからバスとAmtrakを乗り継いてやってきていた。

IMG_0678
車に乗ったところ。

そのあと、家に何も食べ物がなかったのでスーパーに行くことにしたが、アメリカのクリスマスとは日本のお正月のようなものらしく、どのスーパーもたいてい5時くらいで閉まっていた。唯一やっていたのが宇和島屋だったので宇和島屋に行った。クリスマスにはターキーを食べるんじゃないかということでターキーを探したが売っていなかったので代わりにダックを買った。
IMG_0679
スーパーでダックを持つたかふ

そのあとは家で料理を作って食べた。トマトスパゲッティ、サーモンの刺し身、黒豚ハム、サバの煮たやつ、ダックの丸焼きなど。ダックの丸焼きは2時間くらいかかったがオーブンの使い方がいまひとつわからず四苦八苦してなんとか最終的に焼けた感じがした。説明書があるといいのだけれど見つからなかった。型番をじっくり探しせば見つかりそうな気もする。
IMG_0685
料理たち
IMG_20161224_221821

携帯を見るたかふ。

焼き上がったあとのダックの一部
IMG_0686